きのう何食べた? 1話 キャストは?鮭と舞茸の炊き込みご飯 あらすじ ねたばれ

きのう何食べた? 1話

 キャスト

西島秀俊(筧史朗)

主人公を演じるのは西島秀俊さんです。

このドラマでは街の小さな法律事務所で働く、雇われ弁護士の筧史朗さんを演じます。

 

西島さんは1971年3月29日生まれの東京都出身です。

大学は中退ですが横浜国立大学というインテリな面もあります。

元々は子供の頃から映画が大好きで将来は映画関係の仕事をしたいと考えていました。

そして、19歳の時に先輩の後押しによって受けたオーディションに見事合格することになります。

そこからは俳優としての道に進むことになります。

 

そして、1992年の大学在学中にテレビドラマ「はぐれ刑事純情派5」で俳優デビューすることになります。

新人刑事役として活躍し半年のレギュラーを務めました。

その後は、渡辺プロダクションという事務所に所属することになりました。

 

その事務所経由で数々のテレビドラマに引っ張りだこになって人気者になっていく西島さんでしたが、事務所的にはアイドル路線で行こうと言われていました。

なので、自分は俳優として役者としてという方向性の違いから事務所を辞めることになります。

 

事務所を辞めた後も人気は変わらずいろいろなドラマや映画に出演してたくさんの賞を受賞するなどの活躍を見せます。

2014年にはブレイク俳優ランキングで2位を受賞するなどをします。

 内野聖陽(矢吹賢二)

主人公の筧と一緒に同居することになる美容師を演じるのが内野聖陽さんです。

内野さんは1968年9月16日生まれの神奈川県出身です。

神奈川県の横浜出身で大学は早稲田大学という頭のいい方です。

 

俳優の道を志したきっかけはその大学みたいで、大学で初めて演劇を経験したみたいです。

演技の中でも英語劇をしていて、プレイボーイな役を演じていました。

ですが、しばらくしていくとなんだか演技をすることが嫌になり裏方の仕事に回るようになりました。

 

ですが、日が経つにつれて再び気持ちを取り戻したのか、文学座研究所に入所することになり、

翌年に研修科1年生隣ドラマの端役で修行を積んでいきます。

卒業後はさらなる表現をするために初めてのミュージカルを経験したり、

映画に出演したりと幅広い活躍をしていきます。

 あらすじ

 

筧史朗(西島秀俊)は小さな法律事務所で働く弁護士でした。

何もなくただ平然とした日々を過ごします。

史朗の日課は、事務所を定時で切り上げ近所の安売りスーパーで買い物をすることでした。

安くてお買い得な商品を素早く選別しながら頭の中で瞬時に夕食の献立を組み立てていく。

そして、最終的に月の食費を2万5千円以内に抑えることが史郎の課題でありました。

 

いつも通り買い物を終え夕食作りかかる史朗。

この日の夕飯メニューは

鮭と舞茸の炊き込みご飯、厚揚げと小松菜の煮浸し、大根と帆立のなます、タケノコと卵の中華炒めそして豚肉とカブの味噌汁でした。

ちょうど料理が完成した後1人の男が帰宅してきます。

彼は美容師の矢吹賢二(内野聖陽)という名前でした。

2人はシロさん、ケンジさんと呼び合う恋人同志の関係でした。

2人が食卓を囲んで食事をすることは2人の何よりの楽しみでありました。

 

そんなある日、2人は一緒に歩いていました。

そこに賢二の美容室の常連客である千石に出会います。

千石は史朗を見て「この人が例の彼氏さん?」と聞きました。

それを聞いた史朗は急に顔色が変わりました。

というのも、

史朗は周りから偏見を持たれることが嫌いな性格で、

自分のことは周りに一切喋っていなかったのに、賢二は自分のことを周りに喋っていたことにショックを受けたのです。

シロさんとケンジさんのちょっとほろ苦くて甘い生活が始まります。

 

 ネタバレ

 

史朗は別れた夫と子供に会いたいという願いを持った女性の弁護を担当していました。

その日勤務を終えた史朗はいつも通り夕飯を作るためにスーパーをはしごします。

帰宅後はすぐに調理に取りかかり、料理が完成した瞬間に賢二も帰宅してきます。

 

一緒に食事を終えた史朗は母親に電話をします。

母は、同性愛者である史朗に対して不憫に思いますが、

史朗には胸を張って生きて欲しいという気持ちから、職場にカミングアウトするように勧めました。

しかし、同性愛者のことに後ろめたさを感じている史朗はそれを断ります。

 

一方賢二は、翌日に美容室の気難しい客の千石の接客をしていました。

仕上がった後に何かと難癖をつける千石でしたが、

賢二はそのことに対して嫌な顔ひとつもせずににこやかに対応します。

そんな賢二のことを気に入った千石はプライベートで会わないかと誘われます。

しかし、賢二はキッパリと自分がゲイであることをカミングアウトし断ります。

 

そして史朗は別れた夫と面談をしていました。

結果的に息子と面会する際には

自分も立ち会うという条件で会うことを承諾します。

このせいで休日が潰れてしまうことに史朗は悔やんでしまいます。

帰宅途中にたまたま賢二とあった史朗は一緒に帰ります。

そこに千石が現れ2人に「お似合い、素敵」と囃し立てました。

 

帰宅後史朗は勝手に内情を客にバラしたことに怒りをぶつけます。

賢二は謝りつつも

「店長は自分の子供の話をしている。なのになんで自分は、一緒に住んでいる人の話はしちゃダメなの?」

と涙を流します。

それに対して史朗は

何も答えることができなくなってしまい「夕飯を支度をしよう」と答えます。

そして夕食を2人で囲みいつも通り仲良くなるのでした。

きのう何食べた? 2話 あらすじ ネタバレ 俺はもうバイじゃないよがかっこいいこちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー