野ブタ。をプロデュース なぜ山Pはエンディングで特別出演なのか?検証。真相は?

 

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」ではなぜ山Pはエンディングで特別出演になっているのか?の真相について考察します!

[真相その1]

ドラマのエンディングで流れるエンドロールで山下智久さんのみ特別出演と表記がなっているようです。

また、DVDボックスについてもトップクレジットが亀梨和也、
特別出演山下智久という記載がなっていたようです。

ここで考えられるのが、当時を振り返ってみると亀梨さんはまだジャニーズJr、一方山Pはすでにデビューをして
おり、立場的には格上なのでそこを配慮して「特別出演」となったと考えられます。

特別出演というのは「大物が端役で出演するときに『(役不足なんですが)
特別に出てもらいました』」という意味なため、当然出演料も亀梨さんと山Pでは違ったと思われます。「特別出演」と言う格を付けることでその差を無くした
かったのかもしれませんね。

[真相その2]

薄い説ですが、本来であれば亀梨さんと共演するのが赤西仁さんであったが、なんらかの事情で共演NGとなりその代わりに急遽山Pが「特別出演」として出演した
と考えられます。

2012年には親交が深い赤西さん、山P、錦戸亮さんらの3人(通称赤西軍団)が「スマホ窃盗事件」なる騒ぎを起こしてます。

概要としてはことの発端は2014年の6月です。

赤西軍団はお馴染みのメンツで六本木で遊んでいたようですが、そこで一般人の男女グループと口論になったとされています。

元々は一般人から声を掛けられたとのことで、そこで何かカチンとくることがあったのでしょう

赤西軍団の中でも特に酒癖が悪いと言われる錦戸亮が食って
掛かってしまったのです。

六本木ではこうした小競り合いは珍しいことではないものの、しかし相手はジャニーズですので揉めている様子を相手グループにいた女性がスマホで撮影していました。

一般人と揉めている様子を撮影されるのは当然良くない状況ですから、そこで山Pがその女性からスマホを奪取し、そしてスマホを持ったまま逃げるという行為に及んだのです。

そのスマホについては後々に返却をしているものの、しかし窃盗をした事実がありますから、事件化して逮捕の可能性こそ低いものの、書類送検はされてしまうのではないかと噂されていたというのがこの出来事のあらましです。

その後の流れですが、当初は赤西仁の
弁護士が事件を担当していたようです。

しかしながら解決は難航していました。

そのため書類送検も現実味を帯び始め、ジャニーズにとっての大きな問題になり
つつあったのです。

赤西仁に関してはジャニーズを辞めていましたから、彼一人だけでの問題ならジャニーズ事務所が出てくるはずはありません。

しかし現ジャニーズの錦戸亮及び山下智久が関わっているといるとなるとジャニーズ事務所としても看過することはできません。

そこで登場したのがジャニーズのお抱えの弁護士です。

そして多額の示談金を用意して一気に事件を収束させる運びとなったのです。

和解ですから被害届も取り下げとなり、被害届がない以上、事件そのものも白紙となりました。

もし書類送検でもされていたら、いくら力のあるジャニーズ事務所でもマスコミを抑えることはできませんので、示談金で電光石火の片を付けるという道を選んだのでしょう。

結果的に大きな問題になることもなく、ご存知のように現在でも彼らは芸能活動を続けています。

これが事件の顛末となるわけですが、世間の印象としては赤西仁が悪という風に捉えられていることでしょう。

問題児として見られていましたから、そのように印象
を持ってしまうのも無理はありません。

もし、この以前にもこういったことがあり、事件をもみ消していたとするならば素行が災いし出演できなくなったとも考えられなくもありません。

赤西さんがKAT-TUNを脱退したのが2010年で、野ブタ。放送が2005年なので脱退を考えていたとしたら時間が空きすぎているので
事務所絡みとは考えにくいです。考えるとするなら素行の悪さかもしれませんね。

[真相その3]

この説が1番可能性としては高いと思われますが、「亀梨和也さんのプッシュ」だと考えられます。

当時まだジャニーズJrだった亀梨さんは今ほどはいきおいは
なく、テレビドラマでも「3年B組金八先生 第5シリーズ」「史上最悪のデート」「ごくせん 第2シリーズ」「金田一少年の事件簿」くらいしか経験はありませんでした。

反対に山Pこと山下智久さんはすでに「News」でデビューしておりテレビドラマでも亀梨さんの倍以上の18作品にすでに出演していました。

「池袋ウエストゲートパーク」や
「ランチの女王」「Stand Up!!」「ぶどうの木~里親と子供たちの愛の物語~」

「それは、突然、嵐のように…」「ドラゴン桜」などの看板ドラマとも呼べるドラマに

すでに出演しており、勢いもありました。そ

こで当時まだジャニーズにいた亀梨さんに「勢い」をつけるため山下智久さんと共演させることで知名度を上げようとしたのが
「特別出演」にした理由だと思われます。

であれば山下智久さんを特別出演にしたことも納得ができますね。

 

以上、ドラマ「野ブタ。をプロデュース」ではなぜ山Pはエンディングで特別出演になっているのか?の真相についての考察でした

動画はこちら→

カテゴリー