M 愛すべき人がいて 4話予告 田中みな実のウェディングドレスの意味とは?眼帯、執拗な愛について考察してみました。

M愛すべき人がいるのドラマでマサが好きすぎてあゆに嫌がらせをする

秘書・姫野礼香(田中みな実)のウェディングドレス姿がホラーと話題です。

その写真がこれです。

ウェディング姿に身をつつんだ礼香がマサを待ち構えているのですが

『会って欲しい人がいるの・・・』とこんな格好でいわれたらホラーですよね。

 

しばらく放送が延期になるのですが

眼帯の意味や、なぜ執拗にマサを追いかけるのかなど考察していきたいと思います。

なぜ執拗にマサを追いかけるのか?

第3話に登場したマサの秘書である姫野礼香(田中みな実)が「執拗にマサをおいかけるのか」を考えると、恐らく現段階のアユと同様にマサに好意を持っているからと考えられます。

アユに対し
「私の大切なもの、奪わないでね。そんなことしたら私、許さなぁぁぁぁぁい」とアユを脅していることからかなりの嫉妬心を持ってることが窺えます。

アユは始めこそマサに対し気持ちは
なかったものの自分を支えてくれるマサの存在がどんどん気になっていきます。

極めつけは祖母が亡くなったことでマサの存在が確信へと変わります。

その様子をいつも近くで見ていた礼香は
そのアユの気持ちに気付いたのかもしれません。

なのでアユの気持ちをマサから遠ざけるためにウェデイング姿になったりして、威嚇しているのでしょう。

礼香がマサの秘書になった経緯は
明かされてませんが、礼香自身もアユ同様に以前は歌手を目指し、マサにプロデュースされてたのかもしれません。

しかし、夢破れ、支えてくれたマサに寄り添いたいという気持ちから秘書に
なったのかもしれません。

なぜ眼帯?

また、作中では眼帯をしてますが、その目の傷もレッスン中に負った傷で責任を感じたマサは「俺が君の眼の代わりになる」といったのかもしれません。

しかし、当の礼香はその言葉を勘違いし、寧ろ相思相愛くらい思ってたのかもしれません。

 

そこにアユが現れ、奇しくも自分が無しえなかったデビューと、マサを取られるのではないかという嫉妬心が礼香を行動させた理由かもしれません。

会って欲しい人がいるの

アユをマサから離れさせる一方で礼香は「会って欲しい人がいるの」とマサに告げます。

では誰に会って欲しいといってるのか…と考える前になぜそのようなことを
言ったのかを考えると理由は『アユをマサから遠ざける』のが動機と考えられます。

視覚的(ウェデイング姿)に訴えてもダメ、アユ本人を脅してもダメときっとそう感じたに違いありません。

なので次に考えた方法が「会って欲しい人がいるの」という提案です。

その人物とマサが会うことでマサのアユに対する気持ちのベクトルを変え結果、気持ちを離れさせるというのが目的でしょう。

さらにアユですが、回りの練習生たちからもイジメを受けており嫌われてます。

ひょっとするとその練習生たちと礼香が結託し実行しようとしている可能性があります。

しかし、デビュー目前の
練習生たちが何もなしに協力するとは考えられません。

でも協力する理由があったのです。

それは「グループとしてのデビューがアユのせいでできなくなった」です。

礼香があなたたちがデビュー
出来なくなったのはアユのせいよ、とでも言って焚きつけたのかもしれません。

礼香はアユをマサから遠ざけることができ、練習生はグループとしてのデビューを潰されたアユへ報復ができる…

この2つの利害の一致からこの計画は実行されるものとなったと考えられます。

アユはレッスン中もイジメを受けてますが、そのイジメを受けている理由としてはアユの強気な負けん気がそのような
状況にしてしまってるとも考えられますが、よくよく考えてみると、デビューがかかっている練習生でそんな気持ちがないわけがありません。

みんなもってます。ここである種の疑惑がでてきます。

それは「礼香による練習生へのアユイジメ指示」です。

秘書の権限を利用し「アユを蹴落とせばあなたたちをデビューさせる」とでもいったのかもしれません。

心理的に藁にもすがりたい気持ちで
練習を毎日しているわけですから、言われればするかもしれません。

なので礼香の奇行なふるまいは計画的に前からされていたと考えるのが一般的だと思われます。

しかし、そんな練習生の中でも
礼香の指示に従わずアユをライバル視している人がいます。

それこそ礼香が「会って欲しい人がいるの」といった張本人でもあるアユの同級生の玉木理沙です。

「私たち、絶対あんたに負けないから!」と、
頭からオレンジジュースを浴びせる露骨なイジメをする理沙ですが、流川(白濱亜嵐)のプロデュースでデビューを控えアユに対してライバル心をむき出しにしてます。

その気持ちに気付いていた礼香が
それを利用し、アユのデビューを阻害しようとしているのかもしれません。

プロデュースするのをマサに変更できないか…。

以前、流川はプロデュースでガールズグループを担当しましたが、その野心を
社長の大浜に利用されるということがありました。

なので礼香はそこらへんをついてマサにお願いをするのかもしれません。

そして、一番気になる点として礼香はマサの離婚をなにより心待ちにして
いたという点です。

ここまで執拗にアユなどを巻き込んで奇行を振る舞う礼香ですが、離婚を待つというのはなぜそこだけ正論なのでしょう。

マサに嫌われたくないから?そこまでするなら略奪しても
よさそうですが…。

もしくはマサが離婚するまで待ってくれとは言わないと思います。ではなぜ待つのか?

実は全て裏を画策している人物がいて礼香を操っているのかもしれません…。

以上、ドラマ「M 愛すべき人がいて」の田中みな実のウェディング姿についての考察でした!

M 愛すべき人がいて マックスマサ 松浦勝人とあゆの2ショットに衝撃と憶測こちら

M 愛すべき人がいて あゆ 松浦氏の壁ドン 画像あり 2人の匂わせショットこちら

カテゴリー