美食探偵 明智五郎 第4話 あらすじ ネタバレ 冷蔵庫の中身が恐怖すぎる・・・

 

ドラマ「美食探偵」第4話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ・ネタバレ]

個人投資家の夫・和宏(落合モトキ)と暮らす、妻のみどり(仲里依紗)

みどりは料理が得意なものの、和宏の母が送ってくる手料理で、冷蔵庫の中はパンパンになっていた。

みどりも食えと言われるが、濃い味付けが苦手だった。

ところが和宏は「お前の油っこいパスタやグラタンより、母の手料理の方がよっぽどマシだ」と言われ、耐えれなくなったみどりは料理を吹き飛ばした。

すると和宏は激怒し、床に落ちた母の手料理を拾って食えと怒鳴る。

みどりは、泣きながら食べた。その後、みどりはネットのQ&Aサイトに悩みを投稿。

すると、maria というペンネームから「あなたの気持ちがよく分かるので、一緒に話しませんか?」と提案された。

そして、画面越しに現れたのはマリア(小池栄子)だった。

「冷蔵庫を全て空っぽにして、次のわたしの指示を待ちなさい!」と言われ、みどりは冷蔵庫の中身を全て無心で捨てはじめた。

うんざりした夫の和宏はみどりに、離婚してくれと告げる。

みどりはこれまで溜まっていたものが吹っ切れたのか、和宏を包丁で刺し殺害した。

ところが殺された和宏、実は明智(中村倫也)の同級生だった。

その後、シェフの伊藤(武田真治)がみどりの自宅へやってきて、和宏の死体処理を始めた。

そんな中、和宏と連絡が取れない明智は自宅を訪れたが応答がない。

しかし、水道メーターや電気メーターが動いていることに疑問を感じる。

インターホンのモニターに写った五郎を見て、慌てる伊藤。

すぐにマリアに報告すると、やっっぱり運命だわ!と喜ぶマリア。その後、和宏の母が送ってきた荷物を代わりに受け取った五郎は、一旦、事務所へ持ち帰った。

すると苺は、自分の旦那の母親にこんなに手料理を送って来られたら、冷蔵庫に入らない!これは「キッチンハラスメント」です!と訴えた。

おふくろの味を知らなかった五郎は学生時代、和宏の母が作った弁当のおかずをもらい、初めてお袋の味を知ったと言う。

そんな中「おふくろから送ってきた煮物は捨てといてくれ。」と和宏から返信が入った。

しかし五郎はそのメールを見て、どこか怪しさを感じた…。

案の定、伊藤が和宏になりすまし、五郎にメールを返信していた。

一方みどりは死体を解体している途中、和宏の指輪を見て昔の楽しかった頃を思い出し、急に手が止まってしまった。

その後、外に空気を吸ってきますと、みどりは自宅マンションを出た。

するとそのタイミングで、五郎と苺がやってきた。

五郎は「和宏が家にいるのなら会わせてほしい」と頼んだが、もう休んでますからと拒否されてしまう。

五郎は、おどおどして様子がおかしいみどりに、和宏が母親の手料理を捨ててなんて言うはずがない!と問い詰めると、ずっとずっと辛かった。

話も聞いてくれない、目さえ会わせてくれない。

向き合おうとしたけど、向き合えなかった。どうすればよかったんですか!?と、叫びだした。

ところが、みどりの発言がどうすればよかったんですか!?と「過去形」なことに、違和感を感じた五郎。

改めて和宏と会いたいと伝えたが、みどりはコンビニに行くためその場を去った。

みどりを尾行していた苺は声を掛けるとそこへ伊藤が現れ、苺はみどりの部屋に拉致されてしまった。

自分がやっていることが怖くなってきたみどりだったが、マリアに「あなたは家畜同然の仕打ちを受けてきたのよ!」と説得され、吹っ切れたように和宏の解体を進めた。

目を覚ました苺は、クルックーを使って五郎に電話を掛けたが出ない。

すると、パソコン越しにマリアが声を掛けてきた。

そんな中、五郎が電話に出た。

苺はみどりのマンションに拉致られたことを必死に伝え、桃子や上遠野・高橋たちの力を借り、部屋に入ることができた。
一方、伊藤はマリアから逃げなさいと言われ、ベランダから逃走。

すると、マリアからカワイイ助手さん、私決めたわ。

いつかあなたを明智五郎の目の前で殺す。それが嫌なら、早くあたしの前から消えて。

と、嫉妬とも取れる脅迫をされる…。

その後、明智たちによって救い出された苺は、泣きながら冷蔵庫を指差した。

刑事の上遠野が冷蔵庫を開けると、そこにはバラバラにした和宏の遺体を、部位ごとに丁寧にラッピングしたものが入っていた。

そんな中、高橋が目を離した隙にみどりが部屋から逃げ出した。

気付いた五郎はすぐに追いかけたが、みどりは靴を脱ぎ、生ゴミを粉砕する「ごみ処理システム」の中に身を投げた。

事務所に戻った五郎は苺に、
「彼女(マリア)に何か言われたのか?」と尋ねたが「明日の弁当のおかずは、ちくわの磯辺揚げにしますね」と、切ない表情で誤魔化し、苺は本当のことを言わなかった。

(苺は、本当のことを伝えれば、もう明智とは会えなくなると思ったからなのかもしれない。)
「俺は探偵失格だ」と五郎が漏らすと、マリアの呪縛が現れ「今日のメインディッシュはどうだった?」と囁いてきた。

五郎は「黙れぇぇぇぇぇぇ!」と叫んだ。

以上、ドラマ「美食探偵」第4話のあらすじ・ネタバレを紹介でした!

美食探偵 明智五郎 5話 かとうの警部のむすめの小春(こはる)役は誰?役柄は?他の出演作は? こちら

美食探偵 第3話 あらすじ ネタバレ 有名フレンチのシェフはあの筋肉体操の武田真治? こちら

動画はこちら→

カテゴリー