行列の女神~らーめん才遊記~ 第2話 あらすじ ゆとりの母の正体は有名料理家?ゲストのとんこつ屋の亭主は誰?

 

ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第2話のあらすじ・ネタバレ・浅利陽介(ゲスト)の簡単なプロフィールを紹介します!

[あらすじ]

汐見ゆとり(黒島結菜)が入社して1週間。

雑用ばかりで退屈そうなゆとりに、芹沢達美(鈴木京香)は、
夏川彩(高橋メアリージュン)のクライアント先に同行し、実地見学をするように指示。

ゆとりを快く思わない
夏川は嫌悪感を露わにするが、芹沢は社長命令と一蹴する。

だがそこにはあるもくろみがあって…。
夏川のクライアントは、おしゃれな雰囲気漂う街にある『とんこつラーメンさかぐち』。

坂口琢磨(浅利陽介)
と妻・恵(金澤美穂)が3カ月前にオープン。

味はハイレベルだがまったく客が入らず、「清流企画」に立て直しを依頼したのだ。

原因は土地柄と店が合っていないことにあると睨んだ夏川は、思い切って店舗をカフェ風に改装。

店名も『noodle Cafe TMY』と改めた。
すでに新メニュー開発も終え、あとは最終確認を残すのみだった。

ところが夏川考案のイタリアン風ラーメンを口にしたゆとりは、
なぜか表情を曇らせる。

その頃、芹沢は、有栖涼(石塚英彦)が担当したグルメ雑誌の記事について、オフィスで本人にダメ出しを
していた。雑誌のとあるページで、カメラマンをしているゆとりの父・汐見亮二(利重剛)の名を見つける。と同時にあることに
気づいた芹沢は、やがてゆとりの家族のある秘密にたどりつく。

[ネタバレ]

翌日、ゆとりが出社すると社内は重い空気に包まれていた。そして、芹沢と河上はゆとりに母親について尋ねる。
ゆとりの母親は著名な料理評論家の橋爪ようこ(高畑淳子)で、自然派食品原理主義者、ラーメンを非難する本も出版している業界の天敵である人物だ。

さらに芹沢とも因縁があるという。ゆとりは「バレたら会社に入れないと思った」と告白、「でもラーメンは大好きです。」と熱い思いを語る。

芹沢は「自分の考えが形に出来る人材ならばいい、トラブルが起きたらそのときはその時」とゆとりを置いておくことにする。

リニューアルオープン当日、コンサルが功を奏して店は大繁盛する。店を手伝っている息子の雄太の様子を見て、夏川も厨房に入る。

ゆとりは店の取材に来ていた有栖と遭遇する。すでに三杯目を食べていた有栖は「味には満足だげど、何か足り無い気がする」とゆとりと同じことを感じていた。
三日後、悪い予感は的中して早くも店はガラガラになってしまう。この結果に店主の琢磨は激怒、夏川は「すぐに対策を考えます」としつつもさすがにへこんでしまう。
本社に戻ったゆとりに白坂(小関裕太)は夏川が抱えていた事情と思いを話す。(全部で4つ)

夏川は実家のラーメン屋を立て直すという夢があり、修行の為に「清流企画」に入ったこと
しかし、芹沢はコンサル業務を中心にするように命じたこと
夏川は自分の力のみでコンサルが5件連続で成功すれば職人専属にすると芹沢と約束したこと
今回がその5件目で気合が入っていること

夏川はゆとりを厨房に呼び出す。「あなたにはムカついているけども」と前置きをしつつも「何を感じていたのか教えて欲しいの」と頼む。
しかし、ゆとりもハッキリしたことは分かっていなかった。そこにラーメンの食べ歩きをしていた芹沢と須田(前野朋哉)が帰ってくる。須田は限界寸前だったが芹沢はまだまだ余裕で夏川とゆとりを食べ歩きに連れて行く。
遠くの店にわざわざ歩いて行き、2人はヘトヘトだった。芹沢「美味しいラーメンを食べるためよ。女性は大変よね」その言葉を聞いた2人はあることに気づく。
ゆとり「女性って欲張りで食いしん坊なんです。」店で出したラーメンは客層に合って上品で美味しかったが、量が足りず食事としての満足が足りていなかった。有栖もこれが不満で客足は伸びなかったのだった。
原因にたどり着いた2人はそのままの勢いで新メニューの開発に臨んで行く。
その後、琢磨達に新作のラーメンを食べてもらう。濃厚な豚骨スープとイタリアンを合わせた付けつけ麺でボリュームも満点だ。しかし、それに加えて女性がラーメンを食べたくなる“言い訳”が必要で夏川はまだ満足していなかった。
そんな夏川に恵は「始めは別のところを見ているようで信用し切れなかったです。でも今は真剣にうちの店のことを考えてくれている」と告げる。夏川も改めて成功させることを誓うのだった。
夏川は芹沢に「アドバイスを下さい」と頭を下げる。これでは芹沢との約束は果たせないが夏川はクライアントを最優先にして1から勉強し直す覚悟を決めていた。
それを受けて芹沢はヒントとしてゆとりの父・亮二が撮ったある料理の写真を見せる。数日後、新しい開発したバーニャカウダー風つけ麺は大好評、店も繁盛する。
上品な見た目+ガッツり豚骨スープ+野菜たっぷりでヘルシーという“言い訳”と完璧な一杯だった。コンサルは成功、夏川はしばらく店を手伝うことにして芹沢とゆとりは一足先に戻ることにする。その帰り道、
芹沢「自分が思っていた最もいい展開になった」「夏川は力不足を知ってやる気になる、2人は私に泣きついてきていい気分になれた」とゆとりに得意げに語るのであった。

[浅利陽介(あさりようすけ)プロフ]

生年月日 1987年8月14日(32歳)
出身地 東京都
身長 162 cm
血液型 O型
事務所 ビーコン・ラボエンターテイメント

1991年に4歳でCMでデビューし、2000年には『永遠の仔』ではメインの登場人物であるジラフの少年時代を演じるなど、子供の頃からドラマなどで活躍している。
2005年にテレビドラマ『タイガー&ドラゴン』に出演したことをきっかけに落語に興味を持ち始め、30歳を前に春風亭正太郎について習うようになる。
『コード・ブルー』シリーズで共演した山下智久、比嘉愛未、戸田恵梨香、新垣結衣(通称「コード・ブルー会」)とは交流を続けており、特に山下とは2人で旅行にも行く仲とのこと。
主な出演作では『相棒』シリーズや『正義のセ』、『孤独のグルメ Season8 』など、その他多数出演している。

以上、ドラマ「行列の女神 ラーメン」第2話のあらすじ・ネタバレ・浅利陽介(ゲスト)の簡単なプロフィール紹介でした!

行列の女神~らーめん才遊記 第3話 美味しいだけでは繁盛しない?あらすじ ねたばれ
こちら

行列の女神~らーめん才遊記~ 第1話 鈴木京香&黒島結菜のコンビがあってる あらすじ ネタバレ
こちら

行列の女神~らーめん才遊記~ 鈴木京香のジャケット バッグはどこのブランド?
こちら

カテゴリー