JIN-仁-(第一期) 2話 命を救うと未来が変わるかもしれない あらすじ ネタバレ

 JIN-仁-(第一期) 2話

ドラマ「JIN-仁-(第一期)」第2話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

 あらすじ

仁(大沢たかおさん)が

参照 jin-2.blog.ss-blog.jp

出会った男は、坂本竜馬(内野聖陽さん)だった。

参照 jin-2.blog.ss-blog.jp

そして、現代の病院で出会った男もそうだった。

去ろうとする仁に、名前を聞く竜馬。

二人はまた出会うことになるのか…。

江戸の町では、再びコレラ…

当時は『コロリ』と呼ばれていた…が流行っていました。

緒方洪庵(武田鉄矢さん)は、

伊藤玄朴(小林勝也さん)からそう聞きます。

仁は坂本竜馬に関することを色々と考えますが、結論は出ず。

そのころ、その坂本竜馬は…。

倒幕のことの作戦の席に参加していた。

話がまとまらない中…勝麟太郎(勝海舟)の暗殺に行くと言い出します。

参照 jin-2.blog.ss-blog.jp

その夜。

吉原 鈴屋に、坂本龍馬は助けた人に連れられてやってきました。

そこにいたのは、仁の恋人、未来(中谷美紀さん)に似た女性が…。

参照 jin-2.blog.ss-blog.jp

朝、歯磨きをしていた仁に、咲(綾瀬はるかさん)

参照 jin-2.blog.ss-blog.jp

はいろいろと医療のことを聞いてきています。

咲は、仁の医師としての仕事の手伝いがしたい様子。

しかし…仁は複雑な表情でした。

そこに、咲の母親・栄が登場します。

参照 jin-2.blog.ss-blog.jp

「咲にはごく普通の娘として生きてほしいのです…、また、医師であるなら、坊主か髷を結ってはいかがかと…」

そういわれた仁は慌てて逃げ出し、過去のことを思い出していました。

未来との話です。

運命のこと。

バタフライ・エフェクトのこと。

そして…脳に腫瘍ができたと明かされたときのこと。

仁は思います。

自分が江戸時代で医療行為をすることは、

歴史を変えてしまうことなのかもしれない。

周り回って…誰かの運命を変えてしまうかもしれない。

俺は、この場で今すぐ消えてしまうかもしれない…。

できるだけ、息をひそめて、いつか、戻れるその日まで。

そうだよな、未来…。

しかし、仁が思うその一方で、

江戸の町は確実にコロリ(コレラ)が猛威を振るっていました。

仁は、咲の兄・恭太郎(小出恵介さん)と一緒に、

参照 jin-2.blog.ss-blog.jp

緒方洪庵との面会に立ち会っていまいた。

大阪で全国に天然痘の対処していたこと、

江戸の幕府のお抱え医師だということ。

言い合いになりそう弟子たちの雰囲気を制して、

緒方洪庵は「コロリの対処方を教えてほしい」と仁に言います。

はしかの流行と、コロリの流行。

度重なる病気の猛威に…

仁の評判を聞きつけてやってきたのです。

恭太郎も父をコロリで亡くしてしまったことを言い、頭を下げます。

しかし、仁は迷っていました。

そして、「治療はできない、忘れてしまった」と嘘をつきます。

歴史を変えてしまうかもしれないこと…

それが仁にとっては恐怖でした。

咲はそんな仁が心配でした。

そしてそんな咲に釘をさす栄。

坂本竜馬はある道場・・

千葉道場で寝っ転がっていました。

国のため、人を切る覚悟をする竜馬。

草っぱらにいる仁に、

母を助けてもらった子供・喜一と、咲がやってきます。

往診に来てくれと頼まれた仁は、三人で街中にやってきます。

江戸の町の風習に慣れない仁は、

街中でコロリで死んだ人々の棺桶を見ます。

「治療法を知らない」という仁を、

咲はまだ疑惑の目を向けていました。

そんな仁と咲は、往診に来ていましたが、

とうとう子供・喜一がコロリの症状を発症してしまいます。

治し方をしらない…

そういう仁は、咲のある行動をきっかけに、

コロリの対処方を知っていることがバレてしまいます。

「医者が命を助けてはいけない道理はなんですか?罪もない子供の命を助けてはいけない道理とはなんですか?」

その姿勢に心を動かされた仁は…

コロリの症状、知識を話します。

そして、周りの人々に対処方を話します。

生水がダメだということ、患者を隔離すること。

みんなで力を合わせること。

咲の言葉に、仁は行動し、

対処方をすぐに実践し、喜一を助ける方法を始めます。

塩と砂糖…下痢と嘔吐で失われた病状に対処できる。

そういいながら、仁は先に出ていくように伝えます。

母・栄が咲のことを心配していることを伝えると、

咲はようやく出ていきました。

屋敷に帰った咲は、仏壇の前で、

父をコロリで亡くした時のことを思い出していました。

やってきた兄・恭太郎に、コロリの治療をしていること、

仁は実はコロリの対処方をしっていることを話します。

「祈っても…届かなかったではないですか。父上は骨と皮になり、死んでしまったではないですか」

仏前に手を合わせようとする恭太郎と、

やってきた栄に、咲は自分の心のうちを話します。

コロリで亡くなった父は、病気を恐れるよりも、

今、目の前で苦しんでいる子がいたら、その身を犠牲にしてでも、

助けにいく、そんな人だった。

そして、咲は父の意志を受け継ぎ、

「コロリと戦いに行くのです!」と言って、屋敷から出ていきました…

勘当するといった、母・栄の言葉を置いて。

ショックを受けている栄に、恭太郎は言います。

「家の中にこもって、コロリにかからないようにしているだけが、家を守ることではないのでは?」

そして、恭太郎も咲の後に続きます。

仁は一人で、コロリにかかっている患者たちに対処していました。

そんな仁に協力をしている町民たち。

咲は、緒方洪庵の屋敷にきていました。

仁はコロリの対処方を知っている、

でも事情があって話せなかったという咲に、緒方洪庵は行く決心をしました。

その頃、坂本竜馬は仲間たちと一緒に、

暗殺を謀ろうとしていました。

恭太郎が偶然その場に居合わせます。

相手は、謀(はかりごと)で決まった…

勝麟太郎その人。

刀で切りかかろうとしたその一瞬に、

屁を出してしまって失敗し…。

そして、坂本龍馬の仲間が、コロリにかかって倒れてしまいます。

恭太郎が仁の場所を教えると、坂本龍馬は仲間を担いでいきました…。

仁はコロリの患者たちの対処に追われていました。

過去の記憶が蘇ってこようとしてきますが、喜一の治療をしながら食い止める仁。

喜一の言葉…

母を救ってくれたこと、そのお礼に枝豆を仁に届けること、

毎日どのくらい届けたら母の治療代になるかということ、

喜一が20歳になるまで届け続けないといけないこと。

今この場で死ぬわけにはいかないということ。

喜一の言葉に、仁はなぜか励まされていました。

今は、この子の運命を何とか変えてやりたいと思っている。

喜一の笑顔。

いつ以来だろう、心の底から、人を助けたいと思ったのは…。

仁は「神様は乗り越えられる試練しか与えない」と力強く言います。

そこに…咲たち、緒方洪庵がやってきました。

応援にやってきてくれたのです。

「ありがとう…」そう仁は言いました。

手伝う前に、緒方洪庵たちにコロリの対処方…

砂糖と塩で作った水「ORS」をつくることが必要だと説きます。

さらに、緒方洪庵は、仁が嘘をついたことを指摘しますが、

仁のことを信じたいとも言います。

そして、その知識をどこで学んだのか?と問い詰めます。

戸惑っている仁に…。

とうとう仁の治療を受けていた町民が死んでしまいました…。

その様子を見て、緒方洪庵・その仲間たちは立ち去ろうとしますが、

咲が必死の思いで食い止めます。

そこで…さらに緒方洪庵の弟子もコロリにかかってしまいます。

すると…坂本竜馬が登場し、

その場にいる人たちに発破をかけました。

「吐いたものに近づくなという、南方先生の言うこと、おまんらは、ちーとは信用しとるんじゃないか?」

そういって坂本龍馬は、自分の仲間を仁に預け、

「頼んます、南方先生」と声をかけるのでした…。

以上、ドラマ「JIN-仁-(第一期)」第2話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

JIN-仁-(第一期) 1話 時空を超えた愛はどうなるのか?あらすじ ネタバレ
こちら

カテゴリー