鍵のかかった部屋 10話 ガラスのハンマー あらすじ ネタバレ

 鍵のかかった部屋 10話

ドラマ「鍵のかかった部屋」第10話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

 第10話「硝子のハンマー」

 あらすじ

企業法務を手がける弁護士・芹沢豪(佐藤浩市)は、

株式上場を控えている介護サービス会社「ベイリーフ」と話を詰めていた。

その日の朝、ベイリーフの社長室(ビルの12階)に銃弾が撃ち込まれていた。

実弾ではなく、空気銃だったが、

ガラスを貫通し、ドアに銃弾がのめり込んでいた。

社長の穎原昭造(佐々木勝彦)は

「こんな事が明るみに出れば、上場に差し支える。今は上場が最優先だ」と言い、

警察へは通報しないことを決定した。

芹沢豪(佐藤浩市)は

「私の知り合いに防犯の専門家が居ます。よろしかったら」と言い、

警備会社「東京総合セキュリティ」の

榎本径(嵐の大野智)を紹介した。

榎本径(嵐の大野智)は、

芹沢豪(佐藤浩市)の紹介でベイリーフからの依頼を受けた。

セキュリティの状況を調査した榎本径(嵐の大野智)は、

ベイリーフの暗証番号までも言い当て、セキュリティの不備を指摘する。

芹沢豪(佐藤浩市)が「流石だな」と感心すると、

榎本径(嵐の大野智)は「こんなの余裕です」と言ってのけた。

ある日の昼、ベイリーフの窓を拭いていた清掃員から

「誰か倒れている」との連絡があり、

副社長の穎原雅樹(鈴木一真)が社長室に入ると、

社長の穎原昭造(佐々木勝彦)が床に倒れて死んでいた。

知らせを受けた芹沢豪(佐藤浩市)がベイリーフに駆け付けると、

既に警察が来ており、

副社長の穎原雅樹(鈴木一真)や

専務の久永篤二(中丸新将)らが会議室に集まっていた。

副社長の穎原雅樹(鈴木一真)にると、

社長・穎原昭造(佐々木勝彦)の死因は

頭部を打撃されたことによる脳内出血だった。

死ぬほど強い打撃ではなかったが、

社長・穎原昭造(佐々木勝彦)は動脈瘤の手術で頭部を切開していたため、

衝撃に弱くなっていたと言うことだった。

そして、今ここに集まった全員がその事実を知っていた。

警視庁捜査1課の刑事・萬田(丸山智己)は、

昼食後に社長の穎原昭造(佐々木勝彦)が寝てから

死体で発見されるまでの1時間に、

出入りした人間はここに居る人間以外しかおらず、

12階は密室だったと指摘した。

萬田(丸山智己)は

「廊下の監視カメラを確認したが、問題の1時間に社長室へ出入りする者は映っていなかった」と話すと、

芹沢豪(佐藤浩市)が

「誰も社長室には入らなかったんですね」と確認した。

萬田(丸山智己)が

「いいえ、廊下を通らずに社長室へ入る方法が1つだけあります」と答えると、

全員の目線が専務の久永篤二(中丸新将)に集まった。

社長室と副社長室と専務室はドアで繋がっていた。

副社長の穎原雅樹(鈴木一真)は外出中で、

専務の久永篤二(中丸新将)は専務室で眠っていた。

専務の久永篤二(中丸新将)は

「私は眠っていただけだ」と反論するが、

萬田(丸山智己)は

「貴方には犯行が可能だった」と言い、警察へ連行した。

その後、青砥純子(戸田恵梨香)が

専務・久永篤二(中丸新将)に接見し、

社長・穎原昭造(佐々木勝彦)の遺体から睡眠薬を検出したことを明かし、

「コーヒーに異変を感じませんでしたか」と尋ねた。

専務・久永篤二(中丸新将)は

「何に気にならなかった。葬儀は無事に終わったんでしょうか。どうしてもお礼が言いたい。社長に拾って貰えたから、私は恵まれた暮らしが出来たんです」と悔やんだ。

一方、芹沢豪(佐藤浩市)は榎本径(嵐の大野智)と共に、

密室の解明を始めていた。

榎本径は社長室を調べ、

芹沢豪は秘書の伊藤寛美(西山繭子)から話を聞く。

秘書の伊藤寛美(西山繭子)によると、

専務の久永篤二(中丸新将)は

社長・穎原昭造(佐々木勝彦)の運転をしていたが、

社長に社員にしてもらい専務になった。

久永篤二は専務という肩書きだが、実際のは社長の小間使いだった。

一方、介護用ロボットを開発した岩切新一(菅原大吉)は、

社長の穎原昭造(佐々木勝彦)が実用化に踏み切らないため、

しびれを切らしていた。

他方、介護猿を研究している安養寺修(小須田康人)は、

研究費用を打ち切られそうになっており、

社長の穎原昭造(佐々木勝彦)を恨んでいた。

そして、秘書の伊藤寛美(西山繭子)は

事件前にコーヒーを持っていたとき、

副社長の穎原雅樹(鈴木一真)が

社長の穎原昭造(佐々木勝彦)と口論しているのを目撃していた。

社長に意見を出来るのは甥である副社長だけだったという。

芹沢豪(佐藤浩市)はコーヒーについて尋ねる。

秘書の伊藤寛美(西山繭子)によると、

社長だけは専用の粉を使い、

社長と専務はコーヒーに砂糖とミルクを入れたが、

副社長はブラックだった。

その後、芹沢豪(佐藤浩市)は青砥純子(戸田恵梨香)に、

「介護猿を使って殺したんじゃないか。猿が犯人なら、頭部への打撃た弱かった理由も説明できる。ちょっと榎本(大野智)に聞いてきてくれ」と命じた。

青砥純子(戸田恵梨香)は榎本径(嵐の大野智)の元を訪れ、

介護猿の犯人説について尋ねると、榎本径は

「僕も考えましたが、唯一の通り道となるダクトの中はチリが積もっており、ネズミが通った形跡もありませんでした」と答えた。

青砥純子(戸田恵梨香)が芹沢豪(佐藤浩市)に報告すると、

芹沢豪は「分かった。介護用ロボットを遠隔操作したんだ。ちょっと榎本(大野智)に聞いてきてくれ」と青砥純子に命じた。

青砥純子(戸田恵梨香)は再び榎本径(嵐の大野智)の元を訪れ、

介護用ロボット犯人説について尋ねると、

榎本径は「無理です。介護用ロボットは速い動きが出来ないし、セーフティープログラムが作動します」と答えた。

青砥純子(戸田恵梨香)が芹沢豪(佐藤浩市)に報告する。

芹沢豪は「榎本(大野智)はどうなんだ」と尋ねると、

青砥純子は「模型を作っています」と教えた。

その後、副社長の穎原雅樹(鈴木一真)は芹沢豪(佐藤浩市)を呼び、

レム睡眠行動障害という病気があることを教えた。

レム睡眠行動障害とは、夢で見た内容がそのまま行動に表れる病気で、

しばしば暴力的な行為を伴うという病気で、夢遊病とは全く別の病気なのだという。

副社長の穎原雅樹(鈴木一真)は

「いずれにしても密室では、無罪は主張できないでしょう」と話すと、

芹沢豪(佐藤浩市)は

「心神喪失に弁護方針を切り替えるということでしょうか?」と尋ねた。

その後、介護サービス会社

「ベイリーフ」を出た青砥純子(戸田恵梨香)は、

「納得できません」と憤慨した。

芹沢豪(佐藤浩市)は

「俺たちのクライアントはベイリーフだ。久永専務(中丸新将)じゃない。ベイリーフは上場を控えているんだ。心神喪失なら、会社のダメージを最小限に抑えられる。密室の謎解きを待っている時間は無いんだ」と答えた。

しかし、青砥純子(戸田恵梨香)は

「穎原副社長(鈴木一真)が久永専務(中丸新将)を犯人にして、事件を早く終わらせようとしているんじゃ無いですか。密室は必ず、榎本さん(大野智)が破ってくれます。私は信じています」と答えた。

翌日、青砥純子(戸田恵梨香)が

榎本径(嵐の大野智)の元を訪れて相談すると、

榎本径は「久永専務(中丸新将)は犯人ではありません」と話した。

榎本径(大野智)は

社長の死体を発見する現場に居合わせており、

穎原雅樹(鈴木一真)が専務室の椅子で寝ていた

専務・久永篤二(中丸新将)を起こす現場も目撃していた。

秘書が椅子で寝ていた

専務・久永篤二(中丸新将)に毛布をかけており、

原雅樹(鈴木一真)が起こしたときも、久永篤二の両手は毛布の下になっていた。

それは自分で出来る状態では無く、

久永篤二は椅子から立ち上がっていないことは明らかだった。

榎本径(大野智)は

「模型を作っていたら、気になることがあった」と言い、

ベイリーフ社へ向かう。

榎本径(大野智)は社長室で実験をすると、

指をチョメチョメして考え込む。

そして、ガチャリを音を立てると、榎本径は青砥純子(戸田恵梨香)に

「穎原副社長(鈴木一真)に連絡を取って頂けますか」と頼んだ。

翌日、芹沢豪(佐藤浩市)らがベイリーフの社長室を訪れる。

副社長の穎原雅樹(鈴木一真)は、臨時取締役会で社長に就任していた。

榎本径(大野智)は「狙撃はフェイクだった」と言い、

密室の謎について話し始めた。

向かいのビルは10階なので、12階の社長室を狙撃すれば、

下から上に向けて銃弾が侵入することになる。

角度を計算すると、どのように狙撃しても、

銃弾は天井付近に当たり、ドアに当たることは無い。

ましてや、空気銃にドアにめり込むほどの威力は無い。

銃弾は室内から発砲したもので、窓の弾痕は、

屋上から振り子の要領で固い物をぶつけたのだという。

穎原雅樹(鈴木一真)が「誰がそんなことを」と問うと、

榎本径(大野智)は「社長自身です」と答えた。

穎原雅樹は困惑したが、何かを思い出した。

穎原雅樹(鈴木一真)は

「社長は5年前に12階の警備を強化しのに、今年になってまたシステムの見直しが必要だと言い出した。取締役会で協議したんですが、防犯に多額の費用が無いということで、承認されなかったんです」と話した。

芹沢豪(佐藤浩市)が

「防犯を強化するための自作自演だったということか。でも、何のために」

と疑問を投げかけると、榎本径(大野智)は

「それは」と答えようとした。

そこへ、刑事の鴻野光男(宇梶剛士)がやってきた。

鴻野光男(宇梶剛士)は

「榎本さん(大野智)、貴方は殺された社長と面識があったそうですね」と言い、話し始めた。

榎本径(大野智)は5年前、社長の自宅のセキュリティーシステムの設置を請け負った。

しかし、その直後に窃盗が入ったため、

社長は榎本径が犯人だと疑い、会社に怒鳴り込んできた。

会社は損害賠償を請求され、榎本径(大野智)は何度も警察に事情を訊かれた。

榎本径は解雇されることは無かったが、

同僚から白い目で見られるようになっていた。

後日、窃盗事件の犯人は社長の愛人だと判明したが、

社長は謝罪すらしなかった。

その後、榎本径(大野智)は同僚との交流を絶ち、

地下室の備品倉庫にこもるようになっていたのだった。

榎本径(大野智)は「よく調べましたね」と答えると、

鴻野光男(宇梶剛士)は

「一般市民からの情報提供があったんで、裏を取ったんですよ」と答えた。

青砥純子(戸田恵梨香)は

「榎本さん(大野智)が到着したのは、社長の遺体を発見した後ですよ。殺したくても殺すことはできません」と弁護する。

しかし、鴻野光男(宇梶剛士)は

「できますよ。榎本さん(大野智)なら。貴方はここのセキュリティーを調べ尽くしていたでしょ。言ったでしょ『こんなの余裕だ』って。貴方なら、たれにも知られずに社長室へ侵入することが出来たはずだ」と答えた。

そして、鴻野光男(宇梶剛士)は「話はゆっくり署で伺います」と言い、

榎本径(大野智)を連行する。

ちょうど、そのとき、ビルの側面を清掃用のゴンドラが挙っていく。

ゴンドラには清掃員の佐藤学(玉木宏)が乗っていくのであった。

以上、ドラマ「鍵のかかった部屋」第10話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

鍵のかかった部屋 最終話 ガラスのハンマー あらすじ ネタバレ
こちら

鍵のかかった部屋 9話 図られた男 あらすじ ネタバレ
こちら

動画はこちら→

カテゴリー