ノーサイドゲーム 最終話 結局最後は・・・あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「ノーサイドゲーム」第10話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

第10話

[あらすじ]

カザマ商事買収の一件を収束させて常務に昇進した脇坂(石川禅)は、これまでの態度を一変させラグビー部廃止を公言。
次の取締役会でアストロズの予算削減を提案するという。これが可決されればアストロズ は廃部に追い込まれてしまう。
君嶋(大泉洋)は日本蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)にプラチナリーグの改革案を持ち込むが…。
一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。ブレイブス戦で膝を負傷した浜畑(廣瀬俊朗)も
懸命なリハビリを続けていた。そんな時、君嶋は練習グラウンドに怪しい男性がいる との知らせを受ける。
その男・赤木(櫻井翔)はいったい何者なのか。そして、ついに決戦の日を迎える。

[ネタバレ]

サイクロンズ戦に向けて、練習を重ねるアストロズ。浜畑はブレイブス戦で痛めた膝のリハビリのため、1人別メニューの練習をしていた。そこに練習の様子をメモしている怪しい男性を見かけ、声をかける。
その男は、今年からブルズのGMを務める赤木一輝(櫻井翔)だった。他のGMたちに相談すると、アストロズのチーム改革を見習うべきだと言われ見学に来たのだと言われる。
未来のためにできることをしたいと言う赤木と、一緒に改革を進めようと固い握手を交わすのだった。
木戸の元を訪れた君嶋は、木戸に意見する富永に遭遇する。ワールドカップの成功が全てだと言い、国内のリーグについては改革は必要ないと言い放つ富永。富永が帰った後、改革案について木戸に意見する君嶋。
何人ものGMが、君嶋の改革案に賛同していることを伝えると、心が動く木戸だった。滝川の元を訪れた君嶋は、脇坂について何か分かったのかと聞かれ、調べたことを報告する。脇坂と風間は、高校時代の同級生だったのだ。
トキワ自動車の取締役会が開かれ、脇坂はアストロズの予算を半分に削減する提案をする。予算を削減すれば、プラチナリーグに出場できなくなるという意見もある中、蹴球協会の運営方針が変わらない以上、
回収できない予算をそのままにすることはできないと言う脇坂。それに対し君嶋は、昨年からチケットの売り上げも上がったとともに、優勝争いを繰り広げるまでに成長したことを報告する。それでも協会が変わらないことを挙げ、
予算削減案にたいする決議を求める脇坂。そこに木戸からメールが入る。取締役会と並行し、蹴球協会でも理事会が開催されていて、富永が解任されたのだった。木戸は君嶋の意見に心を動かされ、日本のラグビーを守るために改革案に乗り出したのだ。
君嶋のその報告により、アストロズの予算削減案は非承認となる。面白くない脇坂は、アストロズの件は終わったのだから出て行くようにと促すが、島本がそれを制止する。最終議案は君嶋から提案されたものだと説明する島本の言葉に、驚く脇坂だった。
カザマ商事買収事案についての、コンプライアンス上の問題が生じたと説明する君嶋。カザマ商事の隠蔽工作に、ある人物が関わっていたと説明を続ける。
座礁事故の際に、自社のバンカーオイルに問題があることに気づいた風間は、ある人物に相談したと言う。その人物はオイルの隠蔽についての助言を行うとともに、その件を隠したまま買収案を滝川に持ちかけるよう指示したのだった。
そして買収直前にその件を指摘することによって、滝川を失脚させたと説明し、「そうですよね、脇坂常務。」と言う君嶋。根拠がないと反論する脇坂に、証人を呼んであると言い、その人物を招き入れる。
そこに現れたのは、風間だった。何でも話すと言い、脇坂を指差しながら「この男の指示で全てやったんだ。」と言う風間。脇坂は自分の出世のために、風間を利用して滝川を失脚させたのだった。
君嶋は脇坂に対し、正々堂々と戦うことができない卑怯者だと言い、「あなたこそこのトキワ自動車から、さっさと出ていけ!」と一喝するのだった。
プラチナリーグの優勝戦であるサイクロンズ戦が始まり、選手たちにラグビーや人生の素晴らしさを教えてくれたことを感謝する君嶋。そして出会えてよかったと言い、優勝を誓う選手たち。観客席も満員の中、試合が始まる。
開始早々に佐々のタックルや七尾のトライで得点をあげる。好調な滑り出しを見せる一方で、七尾がラックに入れないメンタル面を心配する柴門。サイクロンズは里村がポジションを離れ、攻撃のラインとして加わることで、攻撃人数を優勢に戦う作戦を使ってくる。
次々とパスを繋ぐサイクロンズ。タックルを決めてボールを奪いながらも、倒されるアストロズ。そんな中七尾は、意を決してラックに飛び込んでいき、ボールを奪い返すことができた。精神面での恐怖感を克服し、浜畑と顔を見合わせる七尾だった。
だがその後は、七尾の動きをことごとく読まれ、封じ込まれて反撃できずにいた。しかもアストロズが作り出したノールックプレイまで、里村が使ってくるのだった。屈辱感を味わいながら前半戦を終えるアストロズに、観客席全員がアストロズの応援歌を歌う。
後半は浜畑が出場することになる。グランドに向かう浜畑のケガを気遣う君嶋に、「俺の選手生命は今日で終わりです」と告げる浜畑。あなたに会えてよかったと言う浜畑を、抱きしめる君嶋だった。
後半戦が始まり、浜畑と七尾のダブルスタンドオフにより、攻撃の幅を広げるアストロズ。七尾のドロップゴールも決まり、2トライ差まで詰め寄る。その後相手の裏をかき、岬のトライが決まる。だがサイクロンズも負けてはいなかった。
一進一退の攻防が続き、残り2分1トライで逆転するところまで追いつめるアストロズ。里村をアストロズ全員で止め、みんなでパスを繋ぎ、ボールを持った浜畑が走る。タックルを受けながらも、
ボールを死守し、七尾にパスを繋ぐ浜畑。そして七尾が逆転のトライを決め、見事アストロズが優勝するのだった。君嶋は本社に復帰し、経営戦略室長としてアストロズを支えることとなる。君嶋に代わってGMとなったのは、今季で引退した浜畑だった。

以上、ドラマ「ノーサイドゲーム」第10話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

ノーサイドゲーム 最終話 結局最後は・・・あらすじ・ネタバレ
こちら

 

カテゴリー