鍵のかかった部屋 4話 黒い牙 豪華女優陣 あらすじ ネタバレ

 鍵のかかった部屋 4話

ドラマ「鍵のかかった部屋」第4話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

 第4話「黒い牙(狐火の家)」

 あらすじ

ある日、芹沢豪(佐藤浩市)が

密室事件を解決していると噂になっており、

雑誌の記者・矢口(浅見れいな)が弁護士事務所を訪れ、

芹沢豪の取材する。

芹沢豪(佐藤浩市)が取材を受けていると、

青砥純子(戸田恵梨香)から助けを求める電話が入る。

芹沢豪が急いで青砥純子のアパートに訪れるが、

部屋にゴキブリが出ただけだった。

芹沢豪(佐藤浩市)は

「雑誌のインタビューだったから良いようなものを、クライアントとの交渉だったらどうするんだ」と怒りながらも、

ゴキブリを退治する。

芹沢豪(佐藤浩市)らがアパートを出ると、

マンション管理人が生物雑誌の記者・古溝俊樹(松尾諭)と揉めていた。

管理人は青砥純子(戸田恵梨香)に気づくと、

「貴女は弁護士だったわよね」と言い、

男のことを任せて逃げてしまう。

古溝俊樹(松尾諭)は芹沢豪(佐藤浩市)に

「貴方は弁護士なんですか?助けてください。10日前に友達が死んだが、友達の妻がペットに餌をあげてないんです。部屋へ入れるようにしてください」と泣きついた。

芹沢豪(佐藤浩市)は

「私は企業法務専門だから」と断るが、

芹沢豪を取材している記者・矢口(浅見れいな)が

写真を撮っていることに気づき、

古溝俊樹(松尾諭)の依頼を引き受けた。

芹沢豪(佐藤浩市)は和菓子屋「亀屋栄泉」を訪れ、

10日前に死亡した桑島雄司(久ヶ沢徹)の

妻・桑島美香(白石美帆)と交渉する。

しかし、桑島美香(白石美帆)は

「大事な形見だ」と言い、拒否した。

それに、古溝俊樹(松尾諭)は

一方的に友人を名乗っているだけで、

仲は良くないと説明した。

交渉の結果、桑島美香(白石美帆)は、

古溝俊樹(松尾諭)が死んだ桑島雄司(久ヶ沢徹)に

預けたペット2匹を返却することを了承した。

青砥純子(戸田恵梨香)は、

榎本径(嵐の大野智)の元を訪れ、一連の騒動を話す。

榎本径が「どうして、旦那さんの形見のペットを世話をしないのでしょうか?」と尋ねると、

青砥純子はペットがタランチュラという毒蜘蛛だった事を明かす。

タランチュラには人を殺すほどの毒は無いが、

クロドクシボグモ(通称バナナスパイダー)には80人を殺す毒があった。

クロドクシボグモを入れた水槽にはピンセットが残っており、

警察は、桑島雄司(久ヶ沢徹)はクロドクシボグモに餌をやるさい、

指を噛まれて死んだと判断していた。

室内は蜘蛛が逃げないように目張りがされており、

完全な密室なっていたため、警察は事故として処理していた。

しかし、水槽内に残っていた物を聞いた榎本径(嵐の大野智)は、

蜘蛛はコオロギの体内だけを吸い出すため、

餌をやっていたときに噛まれたのであれば、

水槽にコオロギの殻が残るはずだ、と指摘した。

翌日、記者の矢口(浅見れいな)が弁護士事務所を訪れ、

桑島美香(白石美帆)が殺した可能性を指摘するが、

桑島美香は死亡推定時刻は和菓子屋「亀屋栄泉」に居たことため、

アリバイが成立していた。

矢口(浅見れいな)は周辺で聞き込みをしてきたと言い、

桑島美香(白石美帆)は嫁姑問題を抱えており、

離婚の話も持ち上がっていたという噂があったことを話す。

そこで、弁護士事務所に古溝俊樹(松尾諭)からの電話が入る。

古溝俊樹は芹沢豪(佐藤浩市)に、

「桑島美香(白石美帆)が引き渡しに応じてくれた。後で『盗んだ』とか言いがかりを付けられたくないので、立ち会って欲しい」と頼んだ。

青砥純子(戸田恵梨香)は和菓子屋「亀屋栄泉」へ行くが、

桑島美香(白石美帆)は不在だった。

青砥純子は帰ろうとしたが、桑島悦子(かとうかず子)が

「貴女も弁護士でしょ」と呼び止めた。

桑島悦子(かとうかず子)は今朝、送られてきたというFAXを見せ、

「掲載はしないと言っていたが、和菓子屋の社長が毒蜘蛛を飼っていたと知られたら、ウチはおしまいです」と嘆いた。

FAXは雑誌の記事だった。

FAXの送り主は、生物系雑誌の記者をしている古溝俊樹(松尾諭)で、

記事は桑島雄司(久ヶ沢徹)が雑誌の取材に応じた時のものだった。

古溝俊樹(松尾諭)は雑誌の記事の掲載と引き替えに、

桑島美香(白石美帆)に蜘蛛の引き渡しを了承させたようだ。

青砥純子(戸田恵梨香)が備品庫へ行き、

榎本径(嵐の大野智)に事件の話をしていると、

榎本径は「密室とは言いましたが、他殺じゃないとは言っていません。毒蜘蛛に噛ませる殺し方なら、犯人がその場に居る必要はありません」と話した。

その後、榎本径(嵐の大野智)はペットショップへ行き、

店員に質問する。

店員によると、タランチュラは餌が無くても、

1ヶ月程度は問題無いが、

餌のコオロギは餌を与えないと1週間程度しか生きないということだった。

榎本径(嵐の大野智)がクロドクシボグモが観たいと頼むと、

店員は写真ならあると言い、

雑誌を開いてクロドクシボグモの記事を見せた。

写真には2匹のクロドクシボグモが写っていた。

店員は普通は雄・雌のつがいでクロドクシボグモを飼い、

共食いをするので、繁殖期だけ一緒にすると説明した。

記事には古溝俊樹(松尾諭)の署名がある。

クロドクシボグモの写真は

どうやら桑島雄司(久ヶ沢徹)の部屋で撮影したもののようだ。

翌日、青砥純子(戸田恵梨香)に頼まれ、

榎本径(嵐の大野智)も蜘蛛の引き渡しに立ち会う。

古溝俊樹(松尾諭)が毒蜘蛛の搬送準備をしていると、

芹沢豪(佐藤浩市)が毒蜘蛛に噛まれて騒ぎ出す。

桑島美香(白石美帆)は慌てて救急車を呼ぼうとするが、

古溝俊樹(松尾諭)は

「チャコ・ジャイアント・ゴールデンストライプニーに噛まれても死ぬことはない。僕が消毒しますよ」と桑島美香を止めた。

一連の騒動を見ていた榎本径(嵐の大野智)は、

指をチョメチョメして、

「そうか、分かりました」とつぶやいた。

すると、青砥純子(戸田恵梨香)が

「みなさん、密室の謎が解けました」と告げた。

榎本径(嵐の大野智)は古溝俊樹(松尾諭)に、

「クロドクシボグモは2匹居ましたね。雑誌には2匹が写っていました」と追求すると、

古溝俊樹は「猛毒のクロドクシボグモが逃げ出したとなれば、批判されるので」と認めた。

すると、榎本径(嵐の大野智)は話し始めた。

あの日の昼間、桑島美香(白石美帆)はこの部屋を訪れ、

二酸化炭素のボンベを使い、

チャコ・ジャイアント・ゴールデンストライプニーを殺した。

そして、チャコ・ジャイアント・ゴールデンストライプニーの中をくり抜いて、

クロドクシボグモに被せた。

こうすれば、クロドクシボグモが

チャコ・ジャイアント・ゴールデンストライプニーに見える。

その後、桑島雄司(久ヶ沢徹)が可愛がっていた

チャコ・ジャイアント・ゴールデンストライプニーを手に取ったさい、

手を噛まれた。

猛毒ではない事を知っていた桑島雄司は、自分で処置した。

しかし、その蜘蛛は、

チャコ・ジャイアント・ゴールデンストライプニーの皮を被った

猛毒のクロドクシボグモなので、

猛毒が廻って桑島雄司(久ヶ沢徹)は死亡してしまった。

翌朝、桑島美香(白石美帆)は部屋を訪れ、

遺体を発見した。

マンションの管理人に通報を頼み、

警察が車での間にピンセットを水槽内に入れて事故を偽装した。

桑島美香(白石美帆)は、

逃げ出した猛毒のクロドクシボグモを見つける事ができないため、

古溝俊樹(松尾諭)への引き渡しを拒否していた。

桑島美香(白石美帆)は

「その殻を被ったクロドクシボグモはどこにいるのよ」と反論すると、

榎本径(嵐の大野智)は

「だいたい分かっています。コオロギは餌をやらないと1週間で死んでしまう。しかし、この部屋のコオロギはピンピンしている」と話した。

古溝俊樹(松尾諭)がコオロギの入った水槽を調べると、

木の下からチャコ・ジャイアント・ゴールデンストライプニーの皮を被った

クロドクシボグモが見つかった。

榎本径(嵐の大野智)は

「餌を求めて水槽に入ったのでしょうが、多勢に無勢でコオロギにやられたのでしょう。コオロギは雑食ですから」と告げた。

すると、桑島美香(白石美帆)は、

「蜘蛛マニアの気持ち悪い男と好きこのんで結婚するわけじゃないでしょ」と言い、

お金目的で結婚したことを明かしたのだった。

桑島雄司(久ヶ沢徹)は離婚を望んでいたが、

桑島美香(白石美帆)は慰謝料では満足できず、

財産を相続するために桑島雄司を殺害したのだった。

以上、ドラマ「鍵のかかった部屋」第4話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

鍵のかかった部屋 3話 美人棋士VS榎本 あらすじ ネタバレ
こちら

鍵のかかった部屋 5話 鍵のかかっていない部屋のトリック あらすじ ネタバレ
こちら

カテゴリー