ノーサイドゲーム 第6話 本社復帰のチャンスか あらすじ ネタバレ

 

ドラマ「ノーサイドゲーム」第6話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

第6話

[あらすじ]

サイクロンズ戦には敗れたもののプラチナリーグを2位という好成績で終えたアストロズ。選手たちが喜ぶ中、
GMの君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。優勝という目標を達成できなかったうえに収支もほぼ改善していない。
来年度予算を承認してもらうため君嶋は役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む滝川常務(上川隆也)
から全否定されてしまう。島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取り巻く
環境は厳しいままだった。数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦略室に戻ってくるよう勧誘される。
脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。GMとして自信を失っている
君嶋はこの誘いに揺れる。自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。やはりラグビー
界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。君嶋は昨年同様GM会議の席上で改革案を提案する。すると、
その席に日本蹴球協会会長・富永(橋幸夫)が現れる…。

[ネタバレ]

逆転勝利かと思われたサイクロンズ戦では、ビデオ判定でトライが認められず惜しくも勝つことはできませんでした。プラチナリーグを昨年は最下位だったアストロズが今季は2位という好成績で終えたのですが、
選手も今後のアストロズがどうなるのかを心配し、いつもの『多むら』での打ち上げもイマイチ盛り上がりません。GMの君嶋隼人(大泉洋)は廃部にはさせないと宣言し、女将(凰稀かなめ)にも発破をかけられようやく
盛り上がり、来シーズンに向けての出直しを誓います。その後、柴門琢磨(大谷亮平)は七尾圭太(眞栄田郷敦)と会い今後のことで何かを告げられます。君島はこれまでより多くの成果を持って取締役会に出向き、
来季のアストロズの予算の承認を受けに行くのですが、優勝もできず、収支もあまり改善されていないため、予想通り滝川桂一郎(上川隆也)常務の厳しい指摘を受けます。予算は社長の島本博(西郷輝彦)の進退と
引き換えになんとか承認されますが、君嶋とアストロズは崖っぷちに追い込まれます。数日後、君嶋は脇坂賢治(石川禅)に呼び出され、滝川の勢いに歯止めをかけたいと、経営戦略室に戻ってこないかと誘われます。
自信を失っている君嶋は、この話に心が動き、真希(松たか子)にも報告します。そしてGMとしての最後の仕事として、ラグビー界全体が変わらなければ、各チームの収支は改善しないと考え、GM会議でなんとか改革を進めていこうと目論みます。
柴門に蹴球協会の一番上の存在である富永重信(橋幸夫)会長のことは聞いていた君嶋でしたが、GM会議で本人を見かけることになりました。そのGM会議で改革案を提出すると、アストロズと同じような悩みを抱えているチームのGMが反応するのですが、
富永の意向でもあると木戸祥助(尾藤イサオ)専務理事が話すと皆押し黙ってしまいました。チームに戻って、柴門とアナリストの佐倉多英(笹本玲奈)に蹴球協会の不満をぶちまけて、収支が改善されないと予算が減らされ、
メンバーも減らさなければならないと話しているところを、アストロズのメンバーの本波寛人(天野義久)が聞いていました。また、君嶋は滝川に呼びだされ、府中工場でAI化に反対する声が多いので、説得するように依頼されます。
さらに、アストロズの問題は根本的に何も解決していないことを指摘され、それがわかっていて何もできないというのならGMである意味はないのではないか、君にとってGMとは何なんだと厳しい叱咤も受けます。
ジュニアアストロズのBチームにも入れなくて、応援にまわっていた君嶋の長男・博人(市川右近)をどう励まそうかと考えていた君嶋でしたが、博人はみんなが休憩中に、試合に出たい、負けたくないと佐々一(林家たま平)に練習相手を頼んでいる姿を見て君嶋の方が励まされました。
先日の話を聞いていた本波は、アストロズに迷惑をかけたくない、怪我をした自分のために少しでも無駄なお金を使って欲しくない、それをチームやファンのためになることに使って欲しいと、引退をチームメイトに伝えます。
君嶋が本波に、どうしてここまでラグビーを続けられたのかと聞くと、あのメンバーで勝ちたかった、優勝したかった。諦めが悪かっただけだと答えました。
この言葉が胸に刺さった君嶋は、脇坂に負けたままでは本社に戻れないと、あと1年GMとしてやりたいと申し出ます。一度は本社に戻ると話していた真希(松たか子)に、戻る話を断ったと謝罪をすると、「やるからには勝ちなさいよ!」と激励されます。
残ることを決断した君嶋は、応援してくれたファンにお礼をするためにファン感謝祭をすることを提案します。ファン感謝祭があることを知った、トキワ自動車の海外事業部のラグビー大好き女子の藤島レナ(阿部純子)は、同僚の中本理彩(山崎紘菜)と
吉田夏帆(南端まいな)を誘い、新入社員の七尾にも声をかけるのですが、七尾には日曜日は予定があると断られてしまいます。
アストロズのメンバーも全員で感謝祭の準備をしていましたが、君島はファンに感謝しない人たちをなんとかすることが自分の仕事だと、蹴球協会の木戸を訪ねると、先日提出した提案は全て見送りにするとの回答でした。
ラグビーは金儲けではありませんからと言う木戸に、またその妙な能書きですかと言い、自分はラグビーの素人だし、好きでもないけど、あなたたちはラグビーを愛していて、ラグビーの発展こそが使命で、大切にしなければならないのはラグビーを
愛するファンであり、これからラグビーを好きになるファンを育てることなのではないか、伝統という化石ばかり大事にしていて何の発展があるのかと言い放ちます。あなたたちが変わるまで、私は何度でもぶつかりますと決意表明をする君嶋でした。
そんなある日、岸和田徹(高橋光臣)のところに、同期でトキワ自動車研究所の星野信輝(入江甚儀)から連絡があり、君嶋と会うことになりました。星野によると、2年前に起こった、白水商船のタンカーの座礁事故の原因が、今トキワ自動車が買収しようと
しているカザマ商事のバンカーオイルかもしれないとのことでした。この話を受けて、君島は詳しく調べてみることを約束します。アストロズファン感謝祭当日、たくさんのイベントに興じるファンと選手たちがいました。
メインイベントの紅白戦では、去年のスタメン組と控え組との真剣勝負が行われ、これにはサイクロンズのアナリストも見学していて、津田三郎(渡辺裕之)監督や鍵原誠(松尾諭)GMに映像が届けられていました。
試合が開始され、キャプテンの岸和田に痛烈なタックルをする選手がいました。このプレーには、サイクロンズの津田も反応するのですが、そのタックルをしたのは3ヶ月前に柴門に自ら申し出てアストロズに入部していた七尾でした。
その直後に、控え組のSO(スタンドオフ)の七尾は、玉木俊太(榎本鉄平)へのキックパスからチャンスを広げ、見事にトライを奪うのでした。この七尾に気づいた同僚のレナや同僚は驚くばかりです。
その後も、七尾は長距離のドロップゴールをたて続けに3本決めて、ラストプレーでトライを狙った浜畑譲(廣瀬俊朗)のランニングも七尾が止めて控え組が勝利します。
七尾の加入で士気が上がるアストロズですが、サイクロンズはアストロズの絶対エースの浜畑に移籍の話を持ちかけているようでした…。

以上、ドラマ「ノーサイドゲーム」第6話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

ノーサイドゲーム 第5話 4点差からのトライ あらすじ ネタバレ
こちら

ノーサイドゲーム 第7話 里村のうらぎり あらすじ・ネタバレ
こちら

カテゴリー