朝ドラ エール 32話 音にも祐一にもライバル現る プリンスはだれ?あらすじ ねたばれ

ドラマ「エール」第32話のあらすじ・ネタバレついて紹介します!

[あらすじ]

コロンブスレコードと契約をしてから半年が経ちましたが…裕一(窪田正孝)の曲は、作っても作っても採用されず、
レコード化されません。「契約金は印税の前払い金で、曲が売れないと全額返さなければならない」という話を同期
の木枯(野田洋次郎)から聞いた裕一は浮かない顔です。一方、音楽学校で学生生活をスタートさせた音(二階堂ふみ)
は、夢に向かってはりきっていました。
ある日、オペラ実習の授業中、教室の後方から上級生のプリンス(山崎育三郎)が声をかけてきます。

[ネタバレ]

裕一(窪田正孝)と木枯(野田洋次郎)は、全く曲が採用されず…。

しかも、レコードが売れなければ、全額返済しなくてはいけないと聞き、裕一は落ち込みました…そして、焦りました。

そんなこととは露知らず、音楽学校に意気揚々と入学した音(二階堂ふみ)

。同じ席に着いた新入生と早速自己紹介をし…。「古山音です!」と、嬉しそうに変わったばかりの名を名乗りました。

その時、明らかに1人、空気の違う新入生がいました。

名前は、夏目千鶴子(小南満佑子)といい、帝国コンクールの出場し、最年少で金賞を取った実力者でした。

音は、学校での出来事を嬉しそうに裕一に話しますが、裕一は気もそぞろです。

そんな裕一に気づかぬ音ではありません。

何かあったのではと尋ねます。

裕一は、契約金は借金であるといわれた話を、正直に話しました。

音は、すぐに契約書を確認します。
確かに契約書には、『前払い金』とは書いてありましたが、返済についての文言は書いてありませんでした。

「返済の約束はしてないってこと!大丈夫!」音の豪胆さに、裕一はほっとしました。

そして、翌日、木枯にもその話をします。

「いい嫁さんだな。確か学生だったよな?」

「歌手になんのが夢なんだ~。」

「何か、出来過ぎてんな。話、作ってる?」「作ってないよ!」
「じゃ~、妄想か?」

「実在してるよ!」「へ~。」「今度会いに来て!」「大丈夫。」「え?何で」木枯とも仲良くやっているようです。さて、授業の始まった音は、真剣に聞き入っていました。

今日は、オペラ『ドン・ジョヴァンニ』の話です。突然の事でした。

教室の後ろに、教師の話を奪う一人の青年が。黄色い声が上がり、皆は口々に言います。

「プリンスだわ!」「プリンス?」

「音さん知らないの??」「うちの学校のスターよ!今、3年生!」

「頭脳明晰、眉目秀麗、神が与えし美しい声!」うっとりする同級生の背後に、プリンス(山崎育三郎)と呼ばれた男は、スマートに登場します。

「それは、褒め過ぎじゃないかな?でも、ありがとう。嬉しいよ。」

音は、その顔をまじまじと見つめます。うっとりというよりは…じと~っと…少々胡散臭そうに。

急遽、特別授業をやることになったプリンスは、一緒に歌う生徒を募りますが、みな恐れ多いと言わんばかりに、手は上がりません。埒が明かないので、指名をすることにしたプリンスは、千鶴子を指名しました。

自分が指名されるかもと思った音は、少々がっかりするのでした。

しかし、歌い始めたプリンスと千鶴子の歌声を聞いた音は、その実力の違いに圧倒されていました。「記念公演のプリマドンナは決まりね…。」

「記念公演?」それは、毎年創立記念日に行われている公演で、レコード会社のスカウトも大勢くるというその公演は、デビューの一番の近道と言われていました。

次回の演目は『椿姫』。
主役は、この2人で決まりだろうとささやかれていました。

家に帰っても、音は今日のプリンスと千鶴子の歌声を思い出していました。

その時、帰ってきた裕一。音が出迎えると、そこには木枯もいました。

結局、ついてきたんですね。

夕食をごちそうになる木枯ですが…福岡育ちの木枯にも、八丁味噌は少々口に合わないようでした。音は、木枯を見るやすぐに思い出しました。

廿日市(古田新太)に裕一の売り込みに行った際に、一度出会っていました。

「本当にいるんだな…できた嫁さん。会えてよかったよ。」

そして、レコードを手に取ります。「これ、西洋音楽?俺、西洋音楽なんて聴いたこともなかったよ。」木枯は、決して裕福ではない暮らしの中、聞いていたのは母親が鼻歌で歌う民謡くらいだったといいます。

「家族を捨ててここに来たから…もう田舎とは言えないのかもしれないけど…。」

「僕も同じ。家族捨てて、ここに来た。」

「そうか…。」「頑張らないとね。」「おう。」

同期の2人は、また、結束を固めるのでした。

さて、裕一にもライバルであり友人ができたことを、音は裏隣の喫茶店・バンブーの店主夫妻に話していました。

あのお家を紹介してくれたご夫婦ですね。

オーナーは保(野間口徹)、一緒に切り盛りする奥さんは恵(仲里依紗)と言いました。

すっかり、仲良しのようです。ライバルと聞いた恵は、急に目つきが鋭くなります。「ライバルと言えば…どうしているかしら…幼馴染のあの子…。同じ男を好きになっては、取ったり取られたり…。最初の旦那もあの子に取られたから…別れたのよね…。」

「最初?」「でも、彼女に負けたくないって気持ちが、今の私を作ってる。ライバルがいる人生って…悪くないわよね。」急なカミングアウトに驚愕する保を横目に…音は呟きました。
「ライバルのいる人生か…。」そんなある日のお昼休み、いつものメンバーでお昼を食べに向かうと、1人楽譜を追う千鶴子の姿を見つけました。思い切って、お昼に誘う音を、バッサリと切り捨てる千鶴子です。
「結構よ。友達ごっこは性に合わないの。」「友達ごっこ?」「ここにいる人たちは、みんなライバルでしょ?」「意外…千鶴子さんみたいに抜きんでてる人でもそう思うんだ!」
千鶴子の隣に座った音は、構わず喋り続けます。「この間のオペラ実習の千鶴子さん素敵だった…。私にも千鶴子さんくらい才能があればな…。」「才能って言葉…私、大嫌い。努力もしないで、誰かを羨むだけの人って、私には理解ができない。じゃあ。」

音には、その言葉が、刺さったようでした。一方、裕一はというと、書き上げた曲を廿日市の秘書・杉山(加弥乃)に提出にいきました。不在の廿日市の居所を尋ねると、杉山は言います。

「木枯さんのレコーディングに立ち会っています。」その言葉は、裕一にとって、驚愕のものでした。「え?」「木枯さんの曲がレコードになるんです。」

裕一は、先を越されたことに、複雑な気持ちになるのでした。

 

以上、ドラマ「エール」第32話のあらすじ・ネタバレついての紹介でした!

朝ドラ エール 第31話 新婚生活はじまる。裕一の作曲づくりが前途多難 あらすじ ネタバレ
こちら

朝ドラ エール 作品集こちら

朝ドラ エール 音が学ぶ音楽学校の同級生 夏目千鶴子役は誰?そのモデルは?プロフィール・出演作品は?こちら

朝ドラ エール 福島三羽ガラス 佐藤久志(プリンス)と村野鉄男役は誰?代表作は?コロンビア三羽烏こちら

朝ドラ エール 喫茶店のマスター 梶取保(かとり たもつ)と梶取恵(かとり めぐみ)は誰?モデルは?プロフィール・出演作品は?こちら

朝ドラ エール 廿日市誉(はつかいちほまれ)役と秘書の杉山あかね役が誰?モデルは?プロフィール、出演作品こちら

朝ドラマ エール 木枯正人(こがらしまさと)役はだれ?モデルは?プロフィール、出演作品は?こちら

カテゴリー