逃げ恥 10話 想いが揺らぐ時・・・あらすじ ネタバレ

 逃げるは恥だが役に立つ 10話

第9話では本当の夫婦、恋人になった津崎とみくりでしたが、しかし、次に立ち向かわないといけないことは、リストラの波の様です。
ではドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」あらすじ、ネタバレについて紹介させていただきます!

 第10話 タイトル「恋愛レボリューション2016」

 あらすじ

ようやくお互いへの本当の気持ちをぶつけ合うことができた

みくり(新垣結衣)と津崎(星野源)。

恋人同士の甘い生活がはじまり、楽しそうなみくりに対して、

長年“プロの独身”を貫いてきた津崎は初めてのことばかりで、

どこか緊張気味…。

一方、何事にも動じない強いはずの百合(石田ゆり子)の涙を目にしてから、

百合のことが気にかかる風見(大谷亮平)。

百合もまた、風見の意外な優しさに触れ、

お互いを徐々に意識し始めた頃、風見は、驚きの言葉を百合に投げかける。

そんな中、津崎の会社で、ついにリストラ候補者が発表された。

なんと候補者の選出に、津崎の同僚の沼田(古田新太)が絡んでいるようで…。

 ネタバレ

ハグをしてキスをした後、二人で薬味のねぎを買いに行って、

恋人つなぎをして歩いて帰ってきました。

そばを食べているあいだ、朝まで何をして過ごそうかと思い悩む津崎でした。

食後、この後の手順をググろうと思った瞬間、

みくりがパジャマを着て入ってきました。

それからのことは、断片的にしか覚えていませんでした。

どうも、げんきにならなかったようです。

一度飛び出した津崎でしたが、

逃げてはダメだと思い直して再び家に帰ってきました。

寝れずに起きていたみくりと再びハグをしてキスをしました。

翌朝、「おめでとうございます」とみくりに起こされました。

百合は、風見の目の間で泣いたことを思い出しながら歩いていました。

風見も会社で上の空で、沼田も津崎にリストラのことも言えず、

津崎は何を言われても笑顔で、会社の中がてんでばらばらになっていまいした。

その夜、津崎とみくりは、新婚そのままの雰囲気で、

幸せをかみしめていました。

さらに、嫉妬してしまうから、風見の所もやめてもらいたいと提案します。

みくりは、風見の所に行って辞めることを告げました。

風見が、ラスコー洞窟の展示会でデートをしていると、

百合が学生時代に知り合いだった人とデートをしているところに

ばったり会ってしまいました。

お互いに意識し合う風見と百合でした。

みくりは、安恵の野菜屋にいると、

ちょっとしたアイデアを出します。

あることをひらめいた安恵は、

地域の商店主が集まる会議に連れて行って、会議に参加させました。

みくりが神社のイベントを提案すると、みんな乗ってきました。

さらに、細かい提案をいろいろしていると、

商店街の活性を手伝ってくれといわれました。

ボランティアは嫌だと言うと、日給3000円で頼まれました。

一方、休みの日でしたが、沼田から話があると津崎が呼び出されて、

リストラをつげられました。

籍をいれていないのがばれたようで、

まずは独身者からということで、沼田が考えたんです。

沼田が帰った後、津崎は仕事を探し出しますが、そこにみくりが帰ってきました。

百合が駅まで帰ってくると、風見から電話がかかってきて部屋に誘われました。

先日のことが気になって、風見の部屋に行った百合でした。

どういうつもりであんなことを言ったのか聞いた後

風見の事を甥っ子扱いすると、

「僕は百合さんを抱きたいと思ってるのに」と言われてしまいます。

びっくりした百合は、その言葉を軽くあしらって、帰ってきました。

津崎の会社で、リストラの人員が発表されました。

日野達に同情されますが、

昼休みを返上して職探しをする津崎でしたが、なかなか決まりませんでした。

家でも、職探しをしていて、

あまりみくりと会話をできないでいましたが、ある会社から採用の連絡が入りました。

翌朝、津崎が出かける時に、

今日の夕食は外で食べようとみくりを誘いました。

百合は、先日、変なことを言われていから風見を避けているようで、

風見もそれに気が付いて百合に話しかけますが、逃げられてしまいました。

その夜、夕食を誘われたみくりが指定の場所に行くと、津崎が待っていました。

津崎が連れて行った場所は、かなり高そうなレストランでした。

席につくと、ウェイターと手際よく話をして、

料理やワインもカッコよく選んでエスコートしました。

食事中は、津崎はにこにこと笑っているだけでした。

実は、津崎は、

仕事中や家でこの日のためにレストランとか料理などを確認しておいたんです。

食べ終わると、津崎は、

「結婚しましょう」とプロポーズしました。

みくりがうれしくてぽーっとしてると、

津崎がファイルを取り出して説明を始めます。

3年、5年先の貯蓄高とかをグラフにしてみくりの前に突きつけました。

みくりが不審に思って、なぜ結婚したいのかを聞くと、

きっかけはリストラされたからだと津崎は言いました。

「リストラ?リストラされたからプロポーズ?結婚すれば私をタダで使えるから合理的、そういうことですか。」

「みくりさんは僕と結婚したくないということでしょうか。僕のことが好きではないということですか。」

「それは、好きの搾取です。私、森山みくりは、愛情の搾取に断固として反対します」

と入籍を拒否しました。

何も言い返すことのできない津崎でした。

 感想

やっと甘い生活が始まったと思ったら、

次はリストラと2人の間にはまだ障害が立ちふさがるようですね。

それがきっかけで2人の間にも亀裂が入り始めました。

恋は障害があるほうが燃えるともいいますが、

ここまできたらそんな障害に負けず一緒に幸せになってほしいですよね。

以上が「逃げるは恥だが役に立つ」あらすじ、ネタバレについての紹介でした!

逃げるは恥だが役に立つ 最終話 夫婦のかたちはいろいろある あらすじ ネタバレこちら

逃げるは恥だが役に立つ 9話 これからは毎日ハグ。。。あらすじ ネタバレこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー