逃げ恥 6話 2人のファーストキスに神回!あらすじ ネタバレ

 逃げるは恥だが役に立つ 6話

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」あらすじ、ネタバレについて紹介させていただきます!

 第6話「温泉一泊旅行にまつわるエトセトラ」

 あらすじ

「ハグの日」の制定により、

恋人っぽい空気をかもし出すことに慣れてきた

みくり(新垣結衣)と津崎(星野源)。

スキンシップのおかげもあり、

2人の日常には平和なムードが漂っていた。

ある日、社内でのセクハラ&パワハラ疑惑が噂され、

怒り心頭の百合(石田ゆり子)が津崎家に襲来。

愚痴大会になるかと思いきや、

みくりと津崎の関係を心配するあまり、

2人のためにペアの宿泊旅行券を手に入れたという。

“旅行”という言葉に当初戸惑っていた2人だったが、

姪っ子想いの百合の優しさを無駄に出来ず、

“新婚旅行”と言う名の“社員旅行”へ出かけることに。

家から出て開放的な気分で旅館に訪れた2人だったが、

訪れた温泉旅館で用意されていたのは、

なんと夫婦やカップルで寝るのに最良なダブルベッド…。

ひとつ屋根の下に暮らしているとはいえ、

別々の部屋で寝てきたみくりと津崎は大慌て!

そんな突然のアクシデントにも温厚に対応する真面目な津崎の姿に、

みくりは昔交際していた元カレ・カヲル(小柳 友)を思い出していた。

津崎とは正反対のタイプで、

価値観が合わずに振られた思い出が脳裏をよぎる。

すると、みくりの目線の先に見覚えのある男の姿が…。

みくりと長い時間一緒に過ごし、

恋人疑似体験を味わうことが心地よくなってきた津崎。

一方で、結婚の提案も恋人になる提案も、

いつも自分からばかり発信しているみくりは、

2人の関係に対し疲れと諦めを感じ始めていた…。

 ネタバレ

「ハグの日」の制定のおかげで、

恋人っぽい空気をかもし出すことに慣れてきた

みくり(新垣結衣)と津崎(星野源)です。

スキンシップのおかげもあり、1日の仕事の終りにも、

ソファーに一緒に座って紅茶を飲むような、

2人の日常には平和なムードが漂っていました。

ある日、百合(石田ゆり子)が会社を愚痴の言いに、

みくりたちの家にやってきました。

本題は、宿泊旅行券をポイントでゲットして、

二人に新婚旅行としてプレゼントしに来たんです。

百合の優しさと口うるささに負けて、行くことを承知しました。

津崎は、社員旅行としていくようでした。

旅行当日、家から出て

開放的な気分で旅館に訪れた2人でしたが、

訪れた温泉旅館で用意されていたのは、

なんと夫婦やカップルで寝るのに最良なダブルベッドでした。

旅館にツインと交換を頼みましたが、

あいにく開いていないということでした。

旅館の人に対する津崎の対応を見て、

みくりは昔交際していた元カレ・カヲル(小柳 友)を思い出しました。

津崎とは正反対のタイプで、

価値観が合わずに振られた思い出が脳裏をよぎります。

仕方なく、部屋に行鋼とすると、

元彼のカヲルが彼女と泊まりに来ているのを発見して、

柱の陰に隠れるみくりでした。

部屋について、日野からのプレゼントを開けてみると、

なんとマムシエキスの3本セットでした。

焦って隠す津崎でしたが、

津崎がお風呂に入っている時に、

偶然、みくりが見つけてしまいます。

実は、みくりも新しい下着を買ってきていたんです。

その夜、二人とも、

ベッドの端と端に寝ることにしましたが、

お互いを意識して寝ることができませんでした。

津崎は、おもむろに置きだして、

アイマスクと耳栓をして畳の上で寝ることにします。

なんとなくがっかりするみくりでした。

翌朝、朝食に行く前に、

みくりは鏡をみながら俳句を書いてためいきをしました。

「あたらしき 下着むなしい 秋の朝」

みくりは、今までの事を思い出しました。

契約結婚、恋人作戦、ハグの日制定、ハグの前借…

ぜんぶ、みくりからの要求でしてきたことを思い出して、

一言つぶやきます。

「つかれた」

そのまま、二人は朝食に行きます。

津崎は、よく眠れたようで、おいしそうに朝食を食べていました。

そこに、みくりの元カレがやってきます。

朝からハイテンションで、高校時代のみくりが小賢しかったり、

面倒くさかったとかを大声で話し始めます。

津崎は、すっと席を立って、

「お先に戻ります。ごゆっくりどうぞ」と行ってしまいました。

何も言わない津崎にがっかりしたみくりでした。

帰りの電車の中は、

二人とも一言もなく並んで座って帰ってきました。

みくりは、何もなかったことや、

みくりから行動を起こさないと津崎は何もしてくれないことや、

元カレに何か言ってくれなかったとか考えていました。

(今までどおりでいい。もう疲れた。何もしない。何も求めない。この旅が終われば、平穏な日常に戻る)

一方、津崎は、

(疲れたけど、楽しかったな。元彼に腹も立たなかった。僕の方がみくりさんの事を知ってるから。今、手を重ねたら、みくりさんはどんな顔をするだろう。この旅が終われば、雇用主と従業員。今までどおり。)

と心の中で、笑ってるみくりの顔を思い出しながら、

考えていました。

あと一駅で着くと言う時に、二人、同時に思いました。

(永遠につかなければいいのに)

電車が終点につきました。

降りようとするみくりに、津崎が手を握ってキスを…。

 感想

2人の到達点はあるものの結局どうしたいの?

といいたくなるような内容でしたね。

しかし、その疑似恋愛のおかげで

最後にはキスまで発展しているので結果としては

よかったのかなと思いました。

始めはみくりが誘導しているのかとも思いましたが、

そういうわけでもなさそうでしたね。

7話では疑似恋愛からさらにどう発展するのかが

見ものですね。

以上が「逃げるは恥だが役に立つ」あらすじ、ネタバレについての紹介でした!

逃げるは恥だが役に立つ 7話 あのキスのその後は?あらすじ ネタバレこちら

逃げるは恥だが役に立つ 5話 ぎこちないハグが初々しい あらすじ ネタバレこちら

動画は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー