逃げ恥 9話 これからは毎日ハグ。。。あらすじ ネタバレ

 逃げるは恥だが役に立つ 9話

8話では、二人の気持ちが再び通い合って、お互いを好きなことに気が付きました。
ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」あらすじ、ネタバレについて紹介させていただきます!

 第9話 タイトル「あの人に好きだよと言われる3日前」

 あらすじ

別居状態から脱出し、

津崎(星野源)と二人で過ごす日々の幸せをかみ締めるみくり(新垣結衣)。

その反面、積極的になりはじめた津崎の態度に微かな疑問を抱いていた。

ある日、津崎の会社では、不況の影響により社員のリストラが噂され、

沼田(古田新太)が何やら怪しい動きをとりはじめる。

そんな中、津崎と風見(大谷亮平)の前に、

超ポジティブな取引先のOL・五十嵐杏奈(内田理央)が現れる。

ドライな性格の風見に対しても積極的な杏奈は、

みくりに、津崎への思いもよらぬ疑惑を抱かせるのであった。

一方、恋愛を忘れ仕事に一生懸命に生きていた百合(石田ゆり子)だが、

ここに来てまさかのモテ期到来!?

かねてより“イケメン”というだけで毛嫌いをしてきた風見にも

少しずつ心を開き始めているようだが…。

 ネタバレ

津崎はみくりの実家から帰ってきましたが、

会社でトラブルが続けてずっと会社に寝泊まりで、家には帰ってこれませんでした。

やっと、仕事のけりがついて夜遅く帰ってくると、

みくりはすでにソファで寝ていました。

頭を撫でて寝る津崎でした。

翌朝、みくりが起きると、すでに津崎は出勤していました。

その夜、定時に帰ってきました。

玄関で、自然に抱き合った二人でした。

しかし、夕食の時に、津崎は

「システムの再構築が必要です」と言いだしました。

恋人が雇用主の場合はどうなるのか、契約書に書くということでした。

翌日、みくりは、津崎にとって私は何なのか、やっさんに相談をしました。

津崎はみくりの事を好きでもなく、初めての彼女っぽい人がいて、

ハグができるだけの関係ではないかと言われてしまいました。

みくりは主婦の対価は何で支払われるのかを考え始めました。

一方、津崎の会社では顧客離れによるリストラが始まりました。

日野がその候補に上っていました。

その日の夜、風見と百合がいつものバーで飲んでいました。

百合が先日、バツイチの昔の友達にデートに誘われたと言うと、

風見の顔が少し曇りました。

津崎は、家で契約書の見直しをしていました。

今までのみくりの言動を思い出して、いろいろ悩んで結論が出ないまま、

「みくりは好きでもない人とああいうことができる人…?」

と言う独り言を聴かれてしまいました。

聞いたみくりは、何も言わずに部屋に戻ります。

そして、「つつましい女だったらよかったの?」と言う俳句を書きますが、

津崎に見られてしまいました。

百合の会社の支社で、コンセプトに合わない広告が出ているのを、

デートに誘われたバツイチの昔の友人からメールで教わりました。

上司に掛け合ってなんとかなりましたが、

「融通がきかない女だな。だから結婚できないんだ」

と上司たちに陰口をたたかれてしまいました。

帰り道、風見と出会って、

胸の内を話しているうちに、泣いてしまいます。

風見はやさしく見えないようにかばいました。

みくりは、買い物の途中ペッパーくんと出会います。

ペッパーくんと話をしていると、逆に慰められてしまいます。

すると、津崎と同じビルの最上階に勤めている

OL・五十嵐安奈(内田理央)が津崎と一緒に歩いている所を見かけます。

安奈は風見を狙っているのですが、風見がいなくなってしまって、

二人でそばを食べに行っただけですが、みくりは勘違いをしてしまいます。

家に帰ったみくりは、クッションで口を覆いながら、大声で叫びました。

「平匡のばかやろー!ばかばか」

すると、いつのまにか平匡が帰ってきていて、後ろできいていました。

逃げ出すみくりを捕まえると、

「すみません。かってに触ってたりして」

「触っていいんです。平匡さんだからいいっておもてるのに、どうしてわかってくれないんですか」

「また言っちゃった。いやなんです。こういうの。だから嫌なんです。平匡さんも私の事好きならいいのに」

「好き…ですよ」

「私じゃない、他の女の子に先に合ってたじゃないですか」

みくりは、さっき女性と会っていたことを津崎に問い詰めますが、

取引先のOLで、みくりのお蕎麦を買っていただけでした。

津崎は、みくりが嫉妬をしているとわかると、

顔がにやけてきてしまいました。

今までに、そんな経験がなかったのでと、

みくりが津崎の事を好きだと判ったので、

にやけてきてしまったんです。

二人はハグをしました。

「これからは、火曜日じゃなくても、みくりさんを抱きしめても良いですか?」

「何曜日でも、何時でも。朝までだって」

「一緒にいますか、朝まで」

津崎は、心の中で思いました。

(必要だったのは、システムの再構築じゃない。本当の気持ちを伝えあうことだった…)

一方、会社ではリストラが決定しました。

津崎の名前が…そんなことはつゆとも知らず、

みくりは津崎の部屋にパジャマ姿で入っていきました。

 感想

8話での別居を踏まえて2人の距離は確実に縮まったといえる内容でしたね。

また津崎はシステム的に物事を解決しようと職業柄してしまいますが

大事なのはそういうことじゃないと気付いたようでしたね。

見ててやきもきする内容ではありましたが、さらに進展してほしいと思いました!

以上が「逃げるは恥だが役に立つ」あらすじ、ネタバレについての紹介でした!

逃げるは恥だが役に立つ 10話 想いが揺らぐ時・・・あらすじ ネタバレこちら

逃げるは恥だが役に立つ 8話 お互いの想いが通じ合った瞬間 あらすじ ネタバレこちら

動画は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー