朝ドラ エール 35話 裕一の産みの苦しみ 久志の粋な計らいとは?あらすじ ねたばれ

 

ドラマ「エール」第35話のあらすじ・ネタバレついて紹介します!

[あらすじ]

裕一は、自身の契約が小山田(志村けん)からの推薦で決まったことを知る。

裕一は、
ある日サロンで偶然見かけた小山田に意を決して話しかけるが、あらためて自分が
まだ曲を出せていない現実に直面する。

裕一は、早く結果を出さないと小山田の顔に
泥をぬることになると、取り憑かれたように仕事に没頭。

一方、音は音楽学校の
記念公演「椿姫」の主役選考会にチャレンジして……。

 

[ネタバレ]

「その行動力、自分のためにも使ってみたら?」久志(山崎育三郎)からの助言に、音(二階堂ふみ)は、『椿姫』の選考会に挑戦してみることにしました。

一方で、裕一(窪田正孝)は、自分をコロンブスレコードに推薦してくれたという大御所作曲家の小山田耕三(志村けん)と初めての対面を果たしました。

緊張しながらも、何とか挨拶をする裕一。

いつか、小山田と同じ青レーベルで作曲がしたい。

そんな気持ちを伝えた裕一に、小山田は言いました。

「古山くん。赤レーベルでは、どんな曲を書いたのかな?君は、赤レーベル専属の作曲家だよね?」

「いや…あの…まだ採用には至らずで…。」

裕一は、自分がまだ1曲も採用されていないことを痛感し、一心不乱に五線譜と向き合うのでした。

小山田の顔に泥は塗れない。

その思いだけで、寝る間も惜しんで曲を書き続けました。

しかし、そんな焦りとは裏腹に、全くうまく書くことができないのでした。

さて、『椿姫』のヴィオレッタ役選考会に、応募した音は、千鶴子(小南満佑子)に声をかけます。

「千鶴子さん、椿姫、私も挑戦することにしました。今の私は、千鶴子さんの足元にも及ばないかもしれない。でも、やらずに後悔するより、やって後悔した方がいいから。よろしくお願いします。」

久志の相手役狙いでもなく、自分に対等に接してくる音に、千鶴子はほんの少し笑みをこぼすのでした。さて、喫茶店・バンブーで必死に作曲をする裕一。

保(野間口徹)が、気を利かせてお冷を注ぎに行くと、コーヒーのおかわりが注文されます。「ねぇ、今、何杯目?」恵(仲里依紗)は、心配そうに尋ねます。

「7杯目。」「え~…体に悪いよ…。」

「大丈夫。5杯目から、これにしてるから。」

「え?麦茶!?」

その味の違いに気づかぬほど、裕一は没頭していました。

そして、音の選考会当日。
緊張する音の耳に大きな物音が。

駆けつけると、裕一がお腹を抱えてうずくまっていました。

すぐにお医者さんも来てくれて、電話のない古山家に代わり医者を呼んでくれた保と恵も来てくれました。

何か悪いものや、刺激物をとっていないかと尋ねられると、保と恵は、バンブーでコーヒーを大量に飲んだことを思い出します。

「心労が重なると、胃が痛くなることがあります。心当たりは?」

もちろんあります。

「まぁ、今日は静養してください。」医者を見送ると保と恵は謝ります。「ごめんな。3杯目から麦茶にすればよかったよ。」首を振る裕一は、音を気遣います。

「僕はいいから、早く学校行って。」

「でも…。」「今日、選考会でしょ?」

裕一の促しに、音は必死に学校へと向かいました。

音が試験会場に飛び込むと、1歩遅く試験が始まるところでした。

「定刻に遅れたので、受験資格は失効となります。試験が始まるので、退室してください。」

挑戦することすらできない…そんな絶望が音を駆け巡った瞬間の事でした。

「先生。私の時計は、8:59を指していますが。」

「僕の時計もです。」助け船を出してくれたのは、千鶴子と久志でした。

そんなはずはという教師を、スマートにとりなす久志に導かれ、何とか試験を受けることができました。
こうして、1次審査を突破することのできた音に、喜びの声をかける久志は、せっかく受かったのに元気のない音が気にかかりました。音は、現在の裕一の状況を話しました。

全く曲が書けないこと。

小山田に会ったことで、強い重圧に負けそうになっていること。

それらが原因で、胃を痛めてしまったこと。

話を聞いた久志は言いました。「わかった。僕に任せて。」

それから、数日後…。学校帰りの音の背後から、行進する足音が聞こえてきました。

思わずのけぞる音。それは、行進する学ラン姿の男たちでした。

しかも、向かった先は…自宅です!
「古山裕一先生は、おりんしゃあとでしょうか!」何も考えず返事をした裕一をめがけて、その男たちは突進していきます。これは大変だと慌てる音。

裕一も、まさかの大人数と屈強そうな男たちの集団に恐れおののき、部屋中を後ずさりしてしまいます。

広い仕事部屋といっても、たかがしれています。

あっという間に追い詰められた裕一…。

これは、絶体絶命の大ピンチ?その学ラン集団の先頭にいた男は言いました。

「私は、早稲田大学応援部五代目団長・田中隆ち言います!」

この田中隆(三浦貴大)とその仲間たち…一体、何をしにきたのでしょうか…。

以上、ドラマ「エール」第35話のあらすじ・ネタバレついての紹介でした!

朝ドラ エール 34話 裕一コロンブスとの契約危機?小山田先生と初対面 あらすじ ねたばれ
こちら

朝ドラ エール 作品集こちら

朝ドラ エール 音が学ぶ音楽学校の同級生 夏目千鶴子役は誰?そのモデルは?プロフィール・出演作品は?こちら

朝ドラ エール 喫茶店のマスター 梶取保(かとり たもつ)と梶取恵(かとり めぐみ)は誰?モデルは?プロフィール・出演作品は?こちら

朝ドラ エール 早稲田大学の応援団長 田中隆(たなかたかし)役は誰?大物歌手の息子?プロフィール・出演作品は?こちら

朝ドラ エール 廿日市誉(はつかいちほまれ)役と秘書の杉山あかね役が誰?モデルは?プロフィール、出演作品こちら

朝ドラマ エール 木枯正人(こがらしまさと)役はだれ?モデルは?プロフィール、出演作品は?こちら

朝ドラ エール 福島三羽ガラス 佐藤久志と村野鉄男役は誰?代表作は?コロンビア三羽烏こちら

カテゴリー