初めて恋をした日に読む話 4話 2人だけの夜に・・・あらすじ ネタバレ

 

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」4話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

今までの自分を振り払うように、順子(深田恭子)を抱きしめ告白する雅志(永山絢斗)。

しかし超鈍感な順子はそれが告白だと気がつかない。

だが、その現場を目撃してしまった匡平(横浜流星)は、雅志も順子のことが好きなのだと知り複雑な心境に・・・。

匡平はそのことを振り払うように一層勉強に励む。

時は流れ、2018年4月。匡平は高校3年生の春を迎えた。山下(中村倫也)から匡平の学校での成績が驚くほど良くなったことと匡平の家庭環境のことを聞き、
順子は今まで以上に匡平を気にかけるように。

一方で匡平は、順子からいつまでも子ども扱いをされることにイライラを隠しきれずにいた。

GWに入り、三泊四日で塾の強化合宿が行われることに。

合宿初日、偶然にも近所にある会社の保養所に研修で来た、と雅志が合宿所に顔を出す。

二人の親し気な様子に嫉妬する匡平は、順子に冷たい態度をとってしまう。

その夜、食事の時間になっても現れない匡平がロッジでたばこを吸っていたと目撃情報が…!

慌ててロッジへ駆け出す順子だったが、雨上がりのぬかるんだ山道で転んでしまい…。

[ネタバレ]

順子は山下と会うと、匡平の母親が亡くなった話を聞いて以来、色々な事が気になってしまうことを語ります。

さすがの山下も、少し引いています。

山下は、さりげなく順子の頭を撫でながら言います。

「春見は、俺にとって、初恋の人だから、ちゃんと幸せになったところ、見せてくれよな。」順子は、思っていました。

『山下くん、既婚者だとわかって、友達付き合いするには、気楽でいいなぁ。』

山下との時間に、心地よさを覚え始める順子です。

その時、山下の携帯には着信が…その表情は、どうにも幸せそうには見えないのでした。

さて、GWに入り、山王ゼミナールでは、三泊四日で塾の強化合宿が行われます。

出発したバスの中、匡平に想いを寄せる美香(吉川愛)は、ばっちり匡平のとなりを陣とっています。

しかし、匡平は音の出ていないヘッドフォンを耳に、完全防備の構え。

すると、後ろから「振られたりして…」とクスクスと笑う声が、自分の事を言われたのかと思った美香は、怒りの形相で振り向きますが、後ろの男たちは、自分が送ったメッセージについて話しているだけでした。

「何だ。」勘違いとわかり、前を向く美香ですが、後ろから聞こえてきた「おもしれ~からタイムライン載せていい?」という言葉と、斜め前に座る女の子の涙に気が付き不審に思います。

合宿所に到着すると、先ほどの男子たちが、泣いていた女の子からのメッセージに大爆笑しています。

それは、その男子たちが泣いていた女の子に嘘の告白をし、笑い物にしようとしていたのです。

それに気が付いた美香は、スマートフォンを奪うと、その男子たちを徹底的に罵倒します。

美香の言葉に、逆上した男子は、スマートフォンを取り返そうと、力でねじ伏せようとしますが、すんでの所で庇った匡平。

すぐに塾長の梅岡(生瀬勝久)と順子も気が付き、止めに入ります。

しかし、その男子たちは、匡平のことを、疎まし気に睨みつけているのでした。

その後、すぐに実力テストが開催されました。

その結果、先ほどの無粋な男子たちは上位に、匡平は47位。

匡平を見て、嫌味にクスクスと笑う女々しい男子たちを横目に、匡平は自分の実力が、まだまだ追いつかないことを実感していました。

そこへ、知らない番号から、ビデオ電話が。

相手は、美和(安達祐実)でした。

美和は、3泊4日、一つ屋根の下にいる順子よと匡平を面白がり、先日の匡平が美和に尋ねた言葉の返事をしました。『32歳の人が、高校生から「好き」って言われたら、迷惑ですか?』

「迷惑じゃないから。ただし、18の誕生日までは待て!法を犯したら、あいつ(順子)は、ショックで死ぬ!」

そこへ、美香の声が聞こえてきたため、慌てて電話を切る匡平です。

美香は、匡平に所かまわず猛アピールを繰り返します。

それを、あの女々しい男子たちは、憎々しげに見下しています。

それを見聞きした順子は、その男子たちを窘めます。

「試験会場には、金髪の子も、青い髪の子もいるかもしれないわよ?集中できる居心地のいい空間でしか実力を発揮できないようじゃ困るわよ?」

しかし、男子たちは、順子の事も見下しているため、全く響きませんでした。

その時、不意に順子を呼ぶ声が聞こえました。

合宿初日、偶然にも近所にある会社の保養所に研修で来た、と雅志が合宿所に顔を出したのです。二人の親し気な様子に嫉妬する匡平は、順子に冷たい態度をとってしまいます。

その夜、食事の時間になっても現れない匡平がロッジでたばこを吸っていたと目撃情報が…!

慌ててロッジへ駆け出す順子ですが、雨上がりのぬかるんだ山道で転んでしまいます。

順子は、正直、匡平がたばこを吸っていたとしてもどうでもいいことでした。

ただ、匡平の心が閉じるのに気が付いて、何もできなかったことを悔いていました。

今、辛い気持ちがあるなら、寄り添ってあげたいと思っていたのです。転んでしまった拍子に、腰を痛めてしまった順子は、その場に座り込みます。

その時、茂みがガサガサっと音を立てます。サルかイノシシか…はたまたクマかと怯える順子でしたが、そこに現れたのは、匡平でした。

匡平は合宿所で順子が戻ってこないことを聞いて、慌てて探しに来たのです。

腰を痛めたことに、すぐに気が付いた匡平は順子を支えて歩き始めますが、合宿所とは逆方向に向かいます。順子は、ロッジに行って、確認したいことがあったのです。

すっかり暗くなってしまいましたが、ロッジの中に入ると、ご丁寧に用意されたタバコが一式、置いてありました。

順子には、あの男子たちが用意したものだと、すぐにわかりました。

匡平は、黙って合宿所を抜け出し事は謝ります。

そして、その理由は、雅志の所に行っていたというのです。

雅志は、匡平をきちんと合宿所まで送迎し、梅岡にも事情を説明したらしく、たばこの誤解は解けているはずだと言います。

そして、そこで、順子が匡平を探しに、ロッジに向かったことを聞かされ、追いかけてきたのでした。匡平は、雅志に勉強を教えてほしいとお願いに行ったのだと言います。

でも、実のところは、雅志の気持ちを確認しにいっていたのでした。

雅志は、やはり気が付かないのは、順子だけだと、自虐的に笑います。

しかし匡平は、真っすぐ雅志の目をみて言いました。

「そんなん、幸せじゃないですか。同い年で、20年近くそばにいられて、何の問題もなく告れて…。死ぬほど羨ましいです。」

匡平は、昼間に順子に冷たい態度をとったことを謝りました。

順子も、匡平に謝りました。自分が焦り、匡平に『ダメ、ダメ』と言い過ぎたことを。

しかし、それは、匡平が47位になったからではありません。

半年前には、中学の勉強もわからなかった匡平が、受験生と同じラインに立ったことに焦っていたのです。そして、言いました。

「脳はね、構造的に、否定形を理解できないんだって。」

例えば、「東大に落ちたあなたを想像しないでください。」といっても、その場合、東大に落ちた想像をしてしまいます。

想像してから、打ち消すのは無駄に嫌なイメージを与えます。

「『遅刻しちゃダメ』じゃなくて、前向きに『5分前に来てね。』って言えばよかった。

あなたは、絶対、東大に合格する。合格して、幸せになる。誰よりも信じてる。雅志の受け売りだけど、と笑う順子に、匡平は、自分の上着を貸そうとします。

順子が来ている上着は、転んだときに濡れてしまい、寒いはずだとわかっていたからです。

しかし、順子は、受験生に風邪をひかせるわけにはいかない!と、固辞します。

そんな順子に、匡平は言いました。

「先生、俺にもご褒美ください。」

順子は焦りますが、雅志から上着を借りた時のやり取りを思い出し、合格アメを探します。

残念ながら、手持ちはなかった順子は、「宿に帰ったら」と約束しようとします。

その時、匡平は順子の肩にもたれました。そして、宣言します。

「来年の2月3日、覚えといて。18になるから。」その意味が、いまいち理解できない順子は、心の中で逡巡します。

『ここは、ヨシヨシか?ヨシヨシだ。』そう思い、思い切って頭を撫でてみる順子。

匡平の手が腰に回ったことに気が付いた順子は、そっと離すと「宿に戻ろう!」と、雰囲気を切り替えるのでした。

翌朝、全然眠れなかった順子。

昨日の匡平の様子の意味を考えていました。

順子は、『母親気分』でありましたが、匡平の目は、『彼女にすがるオスの目』だったと。

『彼女』自分でその言葉を想像しておいて、盛大に首を振って、否定する順子です。

「母親的存在が欲しかったんだよね!」自分に言い聞かせる順子でしたが、その時!?「春見に、母性とか求めてね~から。」洗面所には、匡平が立っていました。

順子のワックスを借りて、髪を整える匡平は言います。

「誰に、何聞いたか知んね~けど。俺、今、別にかわいそうじゃね~から。勉強、辛いときとかあるけど、不幸じゃない。苦痛と不幸は違うだろ?ベンサムってやつ間違ってんじゃね?」

そこへ、美香がやってきて、話は強制中断。

順子は、匡平と美香に、朝のウォーキングに『遅刻しちゃダメ』ではなく、『5分前に来てね』と告げると、そそくさとその場を逃げ出しました。

美香は、昨日の夜に何かあったことだけは、感じ取り、匡平に尋ねます。

匡平は、しれっとこともなげに言いました。

「別に…。予約、押さえといただけ。」

その頃、雅志の元には、後輩の西大井(浜中文一)が、からかいにやってきていました。

雅志は、西大井と話す中、この20年近く、どこか自分には余裕があったのだと言います。

順子は、高校時代は恋愛禁止、大学以降は鉄のシャッターを閉めていました。

そのため、自分の事にも気づきはしないが、他の男の事も見ていませんでした。

「でも、あのピンクは違う。」

匡平に出会ってからの順子は、ほんの少し幸せそうだという雅志なのでした。

その頃、朝のウォーキングに、杖を突きながら参加する順子に寄り添う匡平の姿がありました。

いつものヒール靴とは違い、背が低い順子に、「可愛いですね」とからかい調子の匡平です。

その時、後ろから車が走ってきたのに気づいた匡平は、さっと、順子を歩道側に寄せます。

薄着をしている順子に、上着を貸す匡平、ほっぺたのご飯粒を取ってあげる匡平。

それは、さながら…『乙女ゲームのヒーロー』のようでした。

匡平の豹変ぶりに、順子は理解が追いつきません。

そこへ、匡平への猛アピールが止まらない美香が、水着姿でやってきますが、匡平は冷たい視線を送ります。それは、さながら…『チベットスナギツネ』でした。

嘘告白の件で、すっかり仲良くなった生徒に、「女の子は、お腹を冷やしちゃいけません!」と窘められ、連れていかれる美香を見て、匡平は呟きます。

「俺、おかしいのかな?」「男子としては、健康的ではないね。」

「健康ですよ?春見先生だったら、迷わず行ってます。」

順子は、またもや動揺すると、大きく頭を振り、モードを勉強に切り替えます。

そう、今日は2回目の実力テストだからです!

実力テストを終え、夜はキャンプファイヤーです。

実力テストの結果発表は、キャンプファイヤーの後のようです。

匡平は、きょろきょろと順子を探しますが、見当たりません。それもそのはず、順子は余興の準備をしていたのです!

順子は、梅岡とカリスマ講師の勅使河原(高橋洋)を従え、ノリノリで、ブルゾンちえみWith Bを模して、ネタを披露します!

ちなみに、勅使河原先生の名字の画数は…『35画』!

余興を終え、キャンプファイヤーとバーベキューを楽しむ中、梅岡は1つだけ順子に言いました。

たばこの件は、無罪だったとしても、素行が悪ければ受験どころではない事、その監督責任があることを肝に銘じる様にと。順子は、神妙な面持ちで頷きました。

その夜、匡平は美和と電話で話していました。

そこに通りがかった順子は、匡平の様子がおかしかったのは、美和のせいだと思い込んでしまいました。そして、匡平に言います。

「冗談でよかった。」匡平は、その順子の言葉に、傷つけてしまったと、深く傷つくのでした。

匡平に、『冗談でよかった』とは言ったものの、順子は何か気持ちがモヤモヤしています。

「風邪かな?」そう思って、眠りにつきます。

それから少しして、順子を呼ぶ声が。そこにいたのは、匡平!?

思わず、声をあげそうになった順子に匡平は言います。

「ごめん、冗談なんかじゃない。でも、傷つけた。ごめん。」

しかし、先ほどの順子は、傷ついたわけではなく、ほっとしていたのです。

「美和とのテレビ電話聞いて、心底ほっとした。万が一、生徒と間違いがあったら、私、担任をおりなきゃいけなくなる。今の私に一番辛いのは、それ以外にない。由利君が合格するとき、絶対、隣にいたいの。」

匡平は、自室に戻ろうと順子の部屋を出るところに、あの女々しい男子たちの一人と出くわしてしまいます。「勉強を教わっていただけ。」

とても、そんな言い訳で通用しそうにもない状況でしたが、匡平は反論します。

「人を蹴落としたって、お前が受かるわけじゃない。」

相手も負けてはいません。

自分は幼稚園の頃から頑張ってきたのに、不良がちょっと勉強して成績が少し上がったくらいで、持ち上げられていることに不満を抱いていました。順子は、言います。

「どっちも偉いよ?違う場所で、違う苦労して頑張ってきたの。そんなことで競っても仕方がない。」順子は苦しそうに壁にもたれかかります。

「色んな子が、平等に同じ試験を受けて、その日の学力で、合否が決まるのが受験なの。一切の言い訳もない。…ないの。」しかし、男子は気が付きました。

順子と匡平の顔色が悪いことに。

急遽、呼び出された雅志は、うるんだ瞳でもたれかかる順子にドギマギしてしまいます。

嬉しそうに、手を回そうとすると、そこに匡平もどさっともたれかかってきました。

梅岡から話を聞くと、何と順子と匡平がインフルエンザにかかっていたのです!

他の生徒や講師にうつすわけにもいかず、急遽近くにいて車が運転できる雅志に、白羽の矢が立ったのです。

ホテルの大きい荷物を運ぶバギーに乗せられ運ばれる順子と匡平。

しかし、あいにく時期が悪いため、部屋が空いておらず、順子と匡平は、同室に泊まることになってしまいました。

雅志は、自分も一緒に泊まると言い出し、梅岡を困らせるのでした。

さて、順子と匡平の部屋は、入室禁止と書かれ、完全に隔離状態です。インフルエンザでへろへろの2人は、こんな時も勉強の話をしています。

匡平の実力テストの結果は、8番上がって、39位になりました。

喜ぶ匡平に、順子は「まだまだ!」と言います。

「私は、ユリユリを、ちょっと勉強頑張った不良少年で終わらせないよ!合格させる!あと、1年。私の全部を、それに賭ける!ちくしょ~それで結婚できなかったら…できなくても、合格してくれ!私の屍を乗り越えて、お前は、幸せを!」

演技がかった調子で、手を伸ばしてそういうと、そのまま順子は眠ってしまいました。

布団から出たままの手をしまおうと、匡平は手を取ります。

「割と今、幸せなんだけど。」そういって、匡平は手のひらにキスをしました。

その頃、山下は、自宅のソファーで神妙な面持ちを浮かべながら、たばこに火をつけました。

ダイニングテーブルに目をやると、そこには、署名捺印済みの離婚届が置いてあるのでした。

完全防備の雅志が、部屋に入ると、匡平も順子も眠っていました。

しかし、その時、雅志の目には見たくないものが飛び込んできます。

匡平は、順子の手を離さなかったのです。
そのまま、手を握りしめ、眠っていました。雅志は、匡平を睨みつけるのでした。

 

以上、ドラマ「初めて恋をした日に読む話」4話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

初めて恋をした日に読む話 キャスト、放送日、ロケ地 は?こちら

初めて恋をした日に読む話 5話 山下くんと過ごした一夜 あらすじ ネタバレこちら

初めて恋をした日に読む話 3話 好きになったら迷惑 あらすじ ネタバレこちら

カテゴリー