中学聖日記 第10話 それぞれが選んだ道 そして親の思い あらすじ ネタバレ

 

ドラマ「中学聖日記」第10話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

キャンプ場で一晩二人きりの時間を過ごし、ついに想いが通じ合った聖(有村架純)と晶(岡田健史)。

島を出る日、晶は愛子(夏川結衣)に連絡を取るが、メッセージを受け取った愛子の表情は何かを感じたのか曇ったままだった。

東京の港へ戻ると、聖を迎えたのは聖の母・里美(中嶋朋子)だった。里美が聖の言葉に耳を傾けることなく、聖と晶は再び引き離されてしまう。

翌日、改めて二人は愛子を訪ね、里美は娘のしたことについて謝ろうとするが、意を決した聖は晶に対する想いを愛子に正直に告げるも、

愛子から思わぬ言葉を投げかけられる…。一方、晶は将来的に自立し聖との関係を認めてもらうため、進学することを決める。そんな中、
晶の元にある人物が訪ねてきて…。一度は想いが通じ合った晶と聖、それぞれの立場で新たな決断を下すことになる…。

[ネタバレ]

末永聖(有村架純)は「黒岩君が好き」と言い、黒岩晶(岡田健史)にキスすると、黒岩晶(岡田健史)は「今のままじゃ、分かってもらえない。先生だけが責められて、何もかも背負わせるのは嫌だから」告げた。

2人は小屋で1晩を明かし、朝になると、助けが来て、無事に町へ戻れた。

その後、黒岩晶(岡田健史)は父親に別れを告げると、末永聖(有村架純)と一緒にフェリーに乗った。黒岩晶(岡田健史)はフェリーの上で、
「今度こそ掛けてくれますか?また先生と会いたいです」と言い、紙に自分の電話番号を書いて末永聖(有村架純)に渡した。

末永聖(有村架純)が「黒岩君のお母さんに話さないと」と告げると、黒岩晶(岡田健史)は
「僕も進路を決めます。認めて貰えるように努力して、先生とこれからのことを考えたい」と話した。

さて、フェリーが港に着くと、上布茂(マキタスポーツ)と末永聖(有村架純)の母親が待っていた。

母親は「アンタ何やってるの」と怒り、末永聖(有村架純)を連れて帰った。

黒岩晶(岡田健史)は「違うんです」と釈明しようとしたが、母親は聞く耳を持たなかった。

さて、帰宅した末永聖(有村架純)は、黒岩晶(岡田健史)と一緒に居た経緯を話すと、母親は「なんだ。びっくりした。黒岩君のお母さんが本当に心配されて」と安心して泣き、「明日、黒岩さん(夏川結衣)の所へ行って、
今の話をしましょう。説明すれば、きっと分かってくださる。大丈夫」と言った。

翌日、母親は末永聖(有村架純)を連れて黒岩家へ行き、黒岩愛子(夏川結衣)に黒岩晶(岡田健史)と一緒に居た経緯を話すと、黒岩愛子(夏川結衣)は
「今回のことは息子が巻き込んだ。そう言いたいわけですね」と尋ねた。

すると、末永聖(有村架純)の母親は「決してそういうわけでは。全ては3年前に始まっています。お母様が心配するのも当然です。聖は息子さんの付き添いと言いますか、
元担任として放っておけず、お父様の元に送り届けただけで、それ以上は何も」と釈明した。

しかし、末永聖(有村架純)は黒岩愛子(夏川結衣)に「申し訳ありません。黒岩君が好きです。教師としてではなく、黒岩君が好きです」と告げた。

母親は慌てて「何を言ってるのか分かってるの?何度、同じ間違いを繰り返せば気が済むの!黒岩さんに謝って。もう2度と息子さんには会わないと約束しなさい」と怒ったが、末永聖(有村架純)は「それは出来ません。もうこれ以上、
嘘を付き続けることは・・・」と謝罪を拒んだ。

そして、末永聖(有村架純)は「約束します。黒岩君の生活を妨げるようなことはしません。黒岩さんに、お許しをいただける日まで」と告げると、黒岩愛子(夏川結衣)は

「晶をよろしく。そう言えれば、どんなにいいか。でも、とてもそうは言えない。今の晶は先生と居れば、とても不安定になります。3年前も自分たちの気持ちを確かめ合うのに必死で、周りが見えなくなり、色々な物を失って。
このままでは2人ともダメになる」と告げた。

末永聖(有村架純)が「今はそれぞれに出来ることをして、お互いに努力して、時が来るのを待つ・・・」と話すと、黒岩愛子(夏川結衣)は「待つと言ってくださいますけど、
どうして信じられるんですか?晶はまだ18ですよ。もし。途中で晶が心変わりをして別の人を好きになったとき、何もかも無くしてしまうのは先生の方なんですよ」と告げた。

末永聖(有村架純)が「もし、そうなったとしても、後悔はしません」と告げると、黒岩愛子(夏川結衣)は「2人が島に居るとき、誘拐じゃないかと思いました。晶は未成年です。私も言いたいことを言わずに居ます。
これ以上はしかるべき措置を執ります」と警告した。

すると、末永聖(有村架純)の母親は驚き、「言って聞かせます。本当は良い子なんです」と言い、土下座して謝罪し、許しを請うた。

黒岩愛子(夏川結衣)は末永聖(有村架純)に、「先生、どうか私たちの気持ちを汲んでください。これ以上、ご両親を悲しませないでください。辛い役回りをさせないでください」と頼んだ。

その後、末永聖(有村架純)は黒岩家を出ると、母親に土下座させたことを謝罪し、「でも、お母さんには、いつか分かって欲しい」と告げた。

すると、母親は「本当に、そこまで覚悟があるの?あの子を取ると言うことは、
教師は続けられない。今まで頑張ったことが水の泡になる。それでいいの?もし、また会ったりしたら、今度こそ訴えられる。どうするの?そんなことになったら。無理なのよ。その恋は。諦めて」と言い立ち去った。

さて、黒岩晶(岡田健史)は帰宅すると、黒岩愛子(夏川結衣)に「会ったよ。父さんに」と告げた。黒岩愛子(夏川結衣)が「聞いた。さっき電話で。今まで父さんのことを上手く話せなくて、ごめんね」と謝罪すると、
黒岩晶(岡田健史)は「先生が居てくれたから、色々と話せて、それで俺」と告げた。

黒岩愛子(夏川結衣)が「今日、ウチに来た。事情は聞いた。あんたたちの気持ちも。でも、到底、許すことはできない。それは言っておいた」

と告げると、黒岩晶(岡田健史)は「これから進路を決めて、将来のことを考える。そう思わしてくれたのは先生だった。だから、今すぐにじゃなくても、いつか母さんに認めて欲しい」と告げた。

黒岩愛子(夏川結衣)が
「帰ってらっしゃい。ウチに。話はそれから」と告げると、黒岩晶(岡田健史)は「分かった」と答えた。

その後、川合勝太郎(町田啓太)は黒岩愛子(夏川結衣)に電話して、末永聖(有村架純)のことを教えて貰った。

すると、川合勝太郎(町田啓太)は原口律(吉田羊)に、末永聖(有村架純)が黒岩晶(岡田健史)との交際を宣言したことを教え、「とうとう、おかしくなった」と呆れると、原口律(吉田羊)は「とうとう言えたんだ。
好きだって言えるまで、時間がかかったな。幸せになれるといいな」と言い感心した。

川合勝太郎(町田啓太)は、原口律(吉田羊)の言葉に驚くと共に、原口律(吉田羊)が女性バーテンダーと復縁していたことに驚いたのだった。

さて、末永聖(有村架純)は全てを保護者に話して教師を辞める覚悟を決めると、母親は「今の部屋は引き払って、ウチに戻ってきなさい」と言った。

翌日、末永聖(有村架純)は学校を辞め、親友の丹羽千鶴(友近)に
教師を辞めることを打ち明けると、丹羽千鶴(友近)は「もう2度と教師はやらないで。

やる資格は無い」と告げた。

その後、末永聖(有村架純)が黒岩晶(岡田健史)に電話をかけて、近況を報告し合っていたが、黒岩晶(岡田健史)
は末永聖(有村架純)に電話しているところを、母・黒岩愛子(夏川結衣)に目撃されてしまい、電話を切った。

さて、末永聖(有村架純)が部屋に戻ると、川合勝太郎(町田啓太)が待っていた。

末永聖(有村架純)が教師を止めたことを打ち明けると、川合勝太郎(町田啓太)は「なら、一緒に来いよ。シンガポール赴任が決まりそうだ。

原口さんとは別れた。どうしても放っておけない」と言い、シンガポール行きを説得した。

しかし、末永聖(有村架純)は「分かって貰えるなんて思っていない」と言い、断った。

それでも、諦めきれない川合勝太郎(町田啓太)は、黒岩晶(岡田健史)の元を訪れるのだった。

さて、実家に戻った末永聖(有村架純)は、
ハローワークへ通い、新しい仕事を探し始める一方で、これ以上、両親に迷惑を掛けられないと思い、実家を出て新しい部屋を探し始めた。

しかし、部屋の契約には保証人が必要だったため、末永聖(有村架純)は原口律(吉田羊)に
相談すると、原口律(吉田羊)は「変わったね。強くなった。聖ちゃんは戦っている」と言い、快く引き受けてくれた。

そのようななか、末永聖(有村架純)は黒岩晶(岡田健史)から電話を受ける。
黒岩晶(岡田健史)は「直ぐに切る。学校に戻って、進路のこととか色々考えた。先生のことも。最初は嬉しかったけど、なんか引いた。冷めた。だから、取り返しの付かなくなる前に言わないと。先生のことを、今は考えられない。
もう、こういうの止めよう。じゃー」と、一方的に別れを告げ、電話を切った。

翌日、黒岩愛子(夏川結衣)は、黒岩晶(岡田健史)から難関の東京都立大学を受験することを教えられ、喜んだ。

一方、末永聖(有村架純)は原口律(吉田羊)に、「夕べ、黒岩君に言われたんです。もう冷めた、こういうの止めようって。確かに向こうからしたら引きますよね。いい大人が本気で来られても。そんなのも分からないで」

と打ち明けると、原口律(吉田羊)は「いいよ、泣いて。これからは泣くのも笑うのも自由」と言い、末永聖(有村架純)を抱きしめた。

翌日、原口律(吉田羊)は会社で川合勝太郎(町田啓太)に、「昨日、聖ちゃん(有村架純)を抱いた。

他に頼る人が居ないのか、私の胸で泣いた」と教えると、川合勝太郎(町田啓太)は「想定内です。結果は見えていた。遅かれ早かれ駄目になる」と答えた。

それを聞いた原口律(吉田羊)は不思議がり、「今、なんて言った?」と言い、
川合勝太郎(町田啓太)を追求した。

その後、原口律(吉田羊)は末永聖(有村架純)の実家へ行き、末永聖(有村架純)を連れ出すと、東京都立大学へと連れて行き、「このまま終わって良いの?最後に顔を見て話すべきじゃ無いの?
二度と会えなくても良いの?戦え聖」と言い、背中を押した。

東京都立大学では大学の説明会が開かれており、黒岩晶(岡田健史)が説明会に参加していた。

末永聖(有村架純)は大学内を走り回り、黒岩晶(岡田健史)を見つけるが、
黒岩晶(岡田健史)は末永聖(有村架純)を見ると、背を向けて立ち去った。

末永聖(有村架純)は黒岩晶(岡田健史)を追いかけて、「最後に教えて。行きたい学部、何に興味を持ったのか、どんな将来を見つけたか。それだけ、最後に教えた」
と頼むと、黒岩晶(岡田健史)は「先生は教師を諦めるんですか?また学校を俺のせいで辞めるんですか?この先、ずっと先生をやらないつもりですか?」と尋ねた。

末永聖(有村架純)が「なんで、それを」と驚くと、黒岩晶(岡田健史)は
川合勝太郎(町田啓太)から末永聖(有村架純)が教師の夢を捨てたことを教えられたことを明かした。黒岩晶(岡田健史)は、そのことを知って、態度を一変し、末永聖(有村架純)に別れを告げて身をひいていたのだ。

黒岩晶(岡田健史)が「なんで、辞めたことを黙ってたんですか?」と尋ねると、末永聖(有村架純)は「心配を掛けないように・・・」と答えた。

黒岩晶(岡田健史)が「先生のそういう所、凄く、くだらないと思う。でも、あの人の言うとおり、
僕には何も出来ない。離れることくらいしか。先生、辞めて欲しくないんです。あれだけ好きだった仕事を諦めていいんですか?後悔して欲しくないんです」と頼んだ。

そのとき、母・黒岩愛子(夏川結衣)も入学説明会で、東京都立大学へ来ており、
黒岩晶(岡田健史)は母・黒岩愛子(夏川結衣)を見かけたので、「今見られたらマズイ」と言い、末永聖(有村架純)の手を掴んで逃げた。

その後、2人は河川敷で夕日を見ながら話していた。

末永聖(有村架純)が「私も考えたの。どんな自分になりたいのか。そのままの自分で居たい。嘘の無い自分で居たい。黒岩君の隣に居たい」と告げると、黒岩晶(岡田健史)は「僕もです。先生の隣に居たいです」と答えて末永聖(有村架純)を見つめた。

そのとき、警官が来て2人に身分証明書提示を求めた。警官は2人の身分証明書を確認すると、末永聖(有村架純)に「未成年者を連れ去られたという110番通報がありました。話を聞かせて貰えますか」と告げたのだった。

 

以上、ドラマ「中学聖日記」第10話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

中学聖日記 最終回 聖(ひじり)の幸せを願った晶(あきら)のノートに涙 あらすじ ネタバレ
こちら

中学聖日記 第9話 想いを確かめ合う一夜 あらすじ ネタバレ
こちら

中学聖日記 聖(ひじり)のワンピース、コート、イヤリング 晶(あきら)のリュックはどこのブランド?
こちら

カテゴリー