朝ドラ エール 第39話 早稲田の応援歌にこめた思い あらすじ ネタバレ

 

ドラマ「エール」第39話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

裕一(窪田正孝)の曲がなかなか採用されず自信をなくす中、音(二階堂ふみ)は書き置きを残して豊橋に帰る。
裕一が東京で動揺している一方、音は豊橋で、光子(薬師丸ひろ子)や吟(松井玲奈)、梅(森七菜)、
そしてはじめて会う吟の婚約者・鏑木智彦(奥野瑛太)に裕一のことを相談する。以前は、音のために曲を
つくっていた裕一だったが、「誰かのために作っていないからうまくいかないのでは?」と言われた音は…。

[ネタバレ]

音(二階堂ふみ)が豊橋に帰ると書置きをして居なくなってしまいました。

吟(松井玲奈)は、婚約者の鏑木(奥野瑛太)を連れて豊橋に帰ってきていました。
そこへ、音まで帰ってきたのですから、驚きです。

音は、鏑木の姿を見るや、吟のお見合いがうまくいったのだと安堵しました。

「それより、どうしたの?」
光子(薬師丸ひろ子)は、突然帰ってきた音を心配します。

音は裕一(窪田正孝)の現状を話します。

音は、どうしたらいいのかわからず相談しに帰ってきたのです。

才能があっても発揮できない。

お金の問題もあり、悠長に待ってもいられない。

それよりも、何よりも、このままでは裕一が裕一ではなくなってしまう。

音の懸念はそこにありました。

「鏑木さんはどう思います?」光子は、あえて裕一にはあったことがない鏑木に尋ねました。

皆、裕一の人となりを知りすぎています。

今の裕一に必要なのは、その親愛ではないと思ったのかもしれません。

鏑木は、自分は軍人だから、音楽の事はわからないがと前置きしたうえで、こんなことを言いました。
「軍人が命を懸けて戦えるのは、誰かのためだからです。祖国、両親、友人、戦友のために戦うのです。裕一さんはどうですか?」音は、その言葉を聞いて、考え込みました。

一方、東京では、慌てに慌てた裕一によって、久志(山崎育三郎)が召喚されていました。

「こんなことで呼び出したの?」「こんな事じゃないよ!一大事だよ!豊橋行ってくる!!」

「ちょっと待て。」

冷静な久志は、ひとまず裕一を落ち着かせ、尋ねます。

「こうなった原因は何だ?」「早稲田の応援歌断ったからだと思う。」

「なぜだ?なぜ書かない?」

「書かないんじゃないよ!書けないの!西洋音楽ならかけるよ。でも、人から依頼されたものが書けない。」

「西洋音楽なら、書けるのか?」裕一は、『反逆の詩』を久志に見せました。

「これ…いつの間に?」「3日で書いた。あの小山田先生にも見せたんだ。」

「何て?」「一言…『…で?』」「ふ~ん…。そこまで悪くないと僕は思うぞ。」

久志には、小山田の『…で?』の意味を、何となくは理解していそうです。

「そんなことどうでもいいんだよ!音だよ!音!」

「応援歌が原因なら、応援歌を書くしかないだろ!」

「だから、書きたくても書けな…」

「彼女を取り戻せるとしてもか?」

久志は、裕一の燃料を正しく理解していました。

さて、豊橋の音はというと、久しぶりに工房を覗き、馬具を見つめていました。

「懐かしい?」「え?」「そんな顔しとったたから。」

「まだ1年しか経っとらんのに、なんで懐かしいんだろうね…。」

「それは、音の心が、ここを離れたからよ。」

そういって笑う光子と音の久しぶりの母娘の会話です。

鏑木はいい人で、やっと吟にもお婿さんが来てくれそうです。

しかし、鏑木は軍人です。一緒に住むことはできません。

更には、梅(森七菜)も東京行きを希望していました。

音は、光子が寂しくないか心配でした。

しかし、光子は、娘たちが元気に愛する人と暮していれば十分だといいます。

なるべく帰るようにしたいと思う音に、光子はいたずらっぽい笑顔で言います。

「帰ってくるなら、孫、連れて帰ってきてね!」

さて、裕一の言葉で、打ちのめされた田中(三浦貴大)は、じっとボールを見つめていました。

翌朝、どうやら泊ったらしい久志と裕一が、朝食に納豆をかき混ぜていました。

音が学年2番だということを初めて聞き、但し、1番とは大きな差があることや、その1番は双浦環(柴咲コウ)の再来だという人もいるということを聞きました。

裕一は、環の名を聞いて、あんな人にオペラを書きたかったといいます。

書きたかったと過去形で話す裕一を制止する久志。

しかし、裕一は夜なべしても一つの音も降りてこなかったのでした。

「やっぱ無理だよ。」「無理じゃない!」

 

突然、場面は変わりました。

田中の元には、何と豊橋に帰ったはずの音の姿が。朝一番で戻ってきたのでしょうか。

音は、田中を訪ね、田中のために書いてもらうということを考えたのです。

田中は、応援歌はみんなのものだと固辞しますが、それでも、今の裕一には動機づけとして、

『田中の早稲田への思い』を書いてもらうしかない…と、説得します。

全ての重荷を田中の両肩に乗せて、音は帰っていきました。

その頃、裕一の元には、久志が甲斐甲斐しく世話を焼いています。

「シュークリーム買ってきたぞ~!」何と、久志は裕一が書くまで帰らないといいます。

「その割には、無理に進めないね。」「君が自分で気づかないと変わらないからなぁ。」

「僕は、変わったから書けないんだよ。」「違うぞ。」

その時、玄関で大きな声が聞こえてきました。

「古山裕一先生はおりんしゃあですか!?」

田中です。その声に気づいた裕一が立ち上がり、慌てます。

ふと座っている久志の方へ目をやると…

「あれ?相変わらず…逃げ足のはやい…」

「古山先生!あがらせていただきます!」身を隠すこともかなわず、あたふたと田中と対峙する裕一。

田中は、裕一に話があるとやってきたのです。

しかし、試合は、もう明日です。

それでも、田中は話し始めました。

自分が九州で生まれ、中学までは野球をやり、甲子園を目指していたこと。

そして、その原動力は、ずっとバッテリーを組んでいた友人だったこと。

しかし、その友人が、雨で練習がなくなった日に、公園でキャッチボールをしていた時のことです。

田中がふざけて遠くにフライを投げ、それを捕ろうとした友人は、足に深いケガを負いました。

治療はすぐに行われましたが、麻酔がうまく効かず、あまりの痛みに叫び続ける友人の口には、手ぬぐいが詰められるほどでした。

そんな友人に何かできることはないか尋ねた田中に、友人は答えました。

『ラジオ』を持ってきてほしいと…。痛みを耐えるために早慶戦が聴きたいとお願いしたのです。

そのラジオを聞きながら、手術を耐えることができました。

それでも、友人の足は元には戻りませんでした。

それがきっかけで、学校も辞めることに。

それから、しばらくして田中が、その友人に会い、何かできることはないかというと…。「特になかっちゃけん。強いて言うなら…早稲田ば勝たせてくれ。それが、一番の楽しみやけん…って。」
田中は、その時に気づいたといいます。頑張ってる人のことをラジオで聞いて、頑張れる人がいる。「頑張ることは、つながるんやって。そしたら…俺にできることはなんやって…。野球の技量はなか。
選手が活躍するために、応援することしかないんじゃないかって思った。なのに…全く勝てん…。あいつに申し訳のうて…。」裕一は、ずっと黙って田中の話を聞いていました。

そして、やっと一言聞きました。

「何で僕なんですか?」「俺は…器用な奴は好かん。先生は…不器用やけん。」「何だ…賞とったからじゃないのか…。」「先生…書いてください!」

田中は、その友人のために書いてほしい。

そうお願いしました。

「…明日までだね。」「はい!」「…はい。」裕一は、改めて作曲を引き受けました。音は、そんな裕一と田中の話を、こっそり物陰で聞き、微笑みました。

「ところで…先生?」「ん?」「こん食べ物は何ですか?」「シュークリームだよ。食べてみて!どう?」「うまい!」

田中と裕一は、初めて心と心を通い合わせるのでした。

 

以上、ドラマ「エール」第39話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

 

朝ドラ エール 作品集こちら

朝ドラ エール 音が学ぶ音楽学校の同級生 夏目千鶴子役は誰?そのモデルは?プロフィール・出演作品は?こちら

朝ドラ エール 喫茶店のマスター 梶取保(かとり たもつ)と梶取恵(かとり めぐみ)は誰?モデルは?プロフィール・出演作品は?こちら

朝ドラ エール 早稲田大学の応援団長 田中隆(たなかたかし)役は誰?大物歌手の息子?プロフィール・出演作品は?こちら

朝ドラ エール 廿日市誉(はつかいちほまれ)役と秘書の杉山あかね役が誰?モデルは?プロフィール、出演作品こちら

 

朝ドラマ エール 木枯正人(こがらしまさと)役はだれ?モデルは?プロフィール、出演作品は?こちら

朝ドラ エール 福島三羽ガラス 佐藤久志と村野鉄男役は誰?代表作は?コロンビア三羽烏こちら

カテゴリー