レンタルなんもしない人 第5話 義父母への説得 あらすじ ネタバレ

ドラマ「なんもしない人」第5話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

「レンタルなんもしない人」というサービスを始めた森山将太(増田貴久)。
依頼が早めに終わり自宅に戻ると、家に妻・沙紀(比嘉愛未)の両親が来ていた。
沙紀は将太が会社を辞めたこともレンタル業を始めたことも話していなかった。
心配させたくないから黙っていようという沙紀。何とか必死に話を合わせる将太だったが、
複雑な思いは消えず…。ついに仕事を辞め“なんもしない”ことにしたと告げる。
それを聞いた義父は激怒して…。

[ネタバレ]

「本当に…いいんですか?」「はい」ベッドに寝ころび天井を見つめるレンタルさん。

語りかけてるのは依頼者の女性。

「こっち…向いてください」「はい」「帽子」帽子をとって見つめ合うレンタルさんと依頼者。

「もっと近づいてみてもいいですか?」「どうぞ」依頼者はベッドを購入する際の目安としてレンタルさんを呼んだのだった。

「変な依頼でごめんなさいね」

「むしろ寝てるだけなので」

そういって2人はホームセンター
をあとにするのだった。

”彼氏と同棲スタートする女性から「ベッド選びに同行してほしい」との依頼。

しかしわずか10分で終了。

時間が空いたので、夕方までの依頼なら急遽受け付けます。”とツィートするレンタルさん。

それを見た人から次々と依頼がくる。

”夕方6時に「帰りに牛乳」と念を送ってください。念を送ってもらうだけで大丈夫です。”

「了解です。」”今陣痛が来て病院に向かってます!無事に生まれるように「安産すっぽん」
って言ってもらってもいいですか?”

「安産すっぽん!」と大きな声で言うレンタルさん。

周りから変な目で見られる。”あ、DMで送ってもらえれば大丈夫です”家に着いたレンタルさん。

”エッチしない?”「既婚者なので不貞行為になることはお断りしてます。」

”だったら何もしないじゃなく働け”

 

「ただいま」と家のドアを開けるとそこには義理の父と母が来ていた。

「あれ?今日水曜日だよね?仕事は?」「はい?」その会話を聞いていた妻の沙紀(比嘉愛未)が慌てて出てくる。

「お、おかえり」

「休みか?仕事」「仕事?」義理の父が心配そうに尋ねる。

「あ、依頼のことですか?」「依頼?」と父。

「今日夜になるって言ってなかったっけ?」と沙紀。

「10分で終わったの」とレンタルさん。

「10分で終わる仕事ってあるの?」

義理の父・母はなにがなんだかわからない様子。

「花見の場所とりまで時間があるから1度帰ってきました」

「あら、花見の場所取りまでするの?」

「そんなの新人の仕事だろ」

「新人の人から面倒くさくなっちゃったから代わりに行ってきてほしいと頼まれたんです。」

「何だその新人!」「人には色々事情がありますから」

義理の父は会社内の事と勘違いしている様子。

見かねた沙紀は話題を変えようとケーキを買ってくるのを忘れたとレンタルさんにお願いする。

義理の母は気を使わなくていいというが近くに
美味しいお店ができたの、と無理やりレンタルさんにお願いしようとするがレンタルさんは珍しいね、いつもそんなこと言わないのにと言って火に油をさす。

「そうなのか?」「はい、いつもなにもしなくていいと言ってくれます」

「将太さんがいつも仕事で疲れてるからよね」と

義理の母がフォローするが「疲れてません」ときっぱり。

「疲れるようなことはなんもしてません」

何が何だかわからない義理の父・母。玄関に出たレンタルさんと沙紀。

そこで沙紀はまだ会社を辞めたことを両親に言ってないと報告する。

「わたしたちがよければそれでいい」少し戸惑いながら買い物に出かけるレンタルさん。

一方そんな事情を知らない沙紀の父は、まだ会社を勤めていると思い、沙紀の父が使っていたネクタイをレンタルさんにプレゼントする。

必死に話を合わせ、複雑ながら渋々受け取るレンタルさんだったが、両親が帰る間際、「ネクタイは受け取れないです」と返すレンタルさん。

そこでレンタルさんは会社をやめ、「なんもしない」ことにしたことを沙紀の両親に話した。

そんなレンタルさんに、
沙紀の両親は部屋の中に戻り事情を説明してもらうことに。

「なんもしない」というレンタル業を始めたこと、無償でやっていることを打ち明け、沙紀の両親は理解できず「それは甘えだ」とレンタルさんに怒りを見せる。

何も言わないレンタルさんに沙紀は「3人にしてほしい」と言う。

沙紀は両親に「あのまま会社に行っていた方が、彼がいなくなる気がした」と会社に行っていた頃のレンタルさんのことを話す。

そんな中、沙紀は「急遽本日の花見の場所取りの依頼は受けれなくなりました。」

というレンタルさんのツイートにたくさんのリプライやリツイートが巻き起こっていることに気づく。

そこではレンタルさんの依頼がなくなった者同士で、
花見の場所を譲り合ったり一緒に楽しむ人たちの姿が。

「レンタルさんのおかげで花見を楽しむことができた」というツイートや動画を見て幸せそうに微笑む沙紀とレンタルさん。

そんな2人の姿を見た沙紀の両親は、レンタルさんの「やっていることについてはまだ理解できない」と言うものの、最後は先ほどより安心した様子で帰宅するのだった。

 

以上、ドラマ「なんもしない人」第5話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

カテゴリー