映画「キングダム」のあらすじ・ネタバレ この映画を超える続編決定!

映画「キングダム」のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。戦災孤児の少年・信と漂はいつか天下の大将軍になることを
夢見て日々剣術の鍛錬を積んでいた。

ある日、漂は王都の大臣である昌文君によって召し上げられ王宮へ。

王宮では王の弟・成きょうによるクーデターが勃発。

 

戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋にたどり着く。
「お前に頼みたいことがある」血まみれの手に握られていたのは、ある丘に建つ小屋を示す地図だった。

「いますぐそこに行け! お前が羽ばたけば、俺もそこにいる…。信! 俺を天下に連れて行ってくれ…」

そう言って力尽きる漂。

漂が手にしていた剣とその地図を握りしめ、信は走り出した。

[ネタバレ]

時は春秋戦国時代、中華西方の国「秦」(しん)。

奴隷の少年、信(山﨑賢人)は幼い日に見た大将軍に憧れ、親友の漂(吉沢亮)と共に、いつか武功を上げて大将軍になるという夢をもっています。

二人は密かに剣の練習を重ね、自己流ながらかなりの腕前になっていました。

そんなある日、二人を見かけた大臣の昌文君(高島政宏)が漂を身請けしにやってきました。

自分だけ王宮に行くことを
躊躇した漂は即答しませんでした。

でもその夜、信に「俺は行くぞ」と宣言し、「行き着く場所は同じだ」といつか夢を実現させる約束をするのでした。

漂がいなくなってしばらくたったある晩、
不審な物音で信が目を覚ますとそこには血だらけの漂の姿が。

漂は信に「ここへ行け」と地図を託し、「お前が羽ばたけば俺もそこにいる」と言って絶命しました。

信は、漂の携えていた剣を手に
取ると夜の闇の中へ走り出しました。

その後、漂を追ってやってきた役人たちによって村人は皆殺しにされ、家々は焼き払われてしまいました。

信が地図の村に着くと、そこには漂にそっくりな
少年がいました。

秦の王、嬴政(えいせい)(吉沢亮)です。

弟、成蟜(本郷奏多)の反乱により命を狙われた王の替玉として漂が殺されたことを知ると、信は嬴政に敵意をむき出しにします。

しかしそこに
成蟜の刺客朱凶が現れ、嬴政は絶体絶命の危機に。

信は漂の仇である朱凶を倒し、不思議なフクロウの被り物の子供、河了貂[てん](橋本環奈)の手引きで嬴政とともに反乱軍から逃れるのでした。

漂は自分の意志で王の身代わりになったと聞かされ、信は嬴政についていくことにしました。

身寄りのないてんもまた二人に同行します。

途中で不気味な刺客ムタを倒すも、信は毒矢を受けて倒れてしまいます。

そんな信をおぶって昌文君との合流地点まで運んできたのは、他ならぬ嬴政でした。

その頃王宮では成蟜が、嬴政の首をイライラしながら待っていました。

そんなとき突然、王騎将軍(大沢たかお)が
「昌文君を討ち取った」と首を持ってやってきました。

顔は判別不能であやしいものでしたが、成蟜の側近竭氏は王騎をねぎらい、請われるままに昌文君の領土を王騎に与えるのでした。

嬴政たちは400年前の王家の楼閣で、昌文君たちと合流しました。

信はそこで、嬴政の母は平民の踊り子で、王族出身の母を持つ成蟜から疎まれていたこと、父の死後、嬴政は13歳で即位するも権力を
奪い合う大臣たちの争いの中でどうすることもできなかったことを知りました。

そして昌文君の部下である壁(満島真之介)は、王宮から脱出して逃げる途中、王騎の軍に追いつかれ皆がもうダメだと
あきらめかけたとき、漂がまるで本物の王のように皆を鼓舞して勇気を与えたと、英雄を讃えるように語ったのです。

さらに、嬴政には昌文君たちが必要だからと自分がおとりになって敵を引きつけ
走り去ったと聞き、信は漂への思いを募らせるのでした。

数的に圧倒的に不利な嬴政たちは、王家とかつて友好関係にあった山の民に協力をあおぐことにしました。

とはいえ、山の民を迫害し虐殺した
過去があり、すんなりいくとは思えません。

でも今の嬴政たちには他に頼れるものはなく、皆で山の民に会いに行くことにしました。

奥深い山道を進むと、嬴政たちはいつの間にか気味の悪い仮面を
つけた山の民たちに囲まれ捕らえられてしまいました。

嬴政は山の王の前で過去のあやまちを謝罪しますが、長老たちは口をそろえて嬴政の首をはねろと言います。

そんなとき信が、「こいつ困ってるんだ。
力貸してやれよ」と声を張り上げました。

「死んだやつらのみた夢を、現実のものに変えてやれよ」という信の言葉に心動かされた山の王 楊端和(長澤まさみ)は仮面をとり、協力を約束してくれました。

実は楊端和は若く美しい女性であり、強いカリスマ性で周辺の山の民たちを率いていたのです。

楊端和と盟を結んだ嬴政たちは、王座奪還のため咸陽に向かいます。

仮面をつけて山の民に化けた嬴政たちは、
成蟜に和睦を申し入れるフリをした楊端和とともに王宮に入り込みました。

仮面を取った嬴政や楊端和が正面で敵と戦っている間、信や壁たちは抜け道を使って成蟜のいる内部を目指します。

化物のように体の大きな処刑人、ランカイをなんとか倒した信たちは成蟜や竭氏たちのいる玉座の間へとたどり着きました。

そこで信の前に立ちはだかったのは、元将軍だがその残忍さゆえ用心棒に
成り下がった左慈でした。

迫力ある左慈との実力差は大きく、信は倒れ込んでしまいます。

しかし、漂との約束を諦めるわけにいかない信は気力を振りしぼって左慈を討ち果たしました。

左慈を失った成蟜はパニックになり部屋を出ていきました。

一方その頃、嬴政たちは多勢に無勢、苦戦を強いられていましたが、そこに突然王騎の軍が現れました。

味方なのか敵なのか得体の知れない王騎は、
嬴政に目指すべき王のあり方をたずねます。

「中華統一の王だ」迷いなく答える嬴政に満足したように笑みを浮かべる王騎。

その王騎に剣先を向けた反乱軍の魏興(宇梶剛士)たちを、王騎は大きな宝刀の
一振りでなぎ払うのでした。

竭氏を倒して王宮の中から出てきた信たちも合流し、「待たせたな」「待ちわびたぞ」信と嬴政は言葉を交わします。王騎は去り、今度は逃げ出してきた成蟜がフラフラと姿を現しました。

「こいつを殺せ」と嬴政を指差す成蟜に従う者は誰もいません。

嬴政は、殺す値打ちもないとばかり成蟜を殴り倒しました。

そして反乱軍に対して命を保証すると嬴政が宣言すると、「俺たちの勝ちだ!」と信が叫びます。
漂との夢を叶えるため、信は嬴政についていくと決意を新たにしたのでした。

 

 

続編は?

山崎賢人は、前作の撮影が終わったときに“信”の気持ちと同じように僕の中でも『いよいよこれから物語が始まっていくんだ、まだまだこれからだ』と感じていた作品でした。

前作同様、今回も原先生が脚本に関わっていて、期待を裏切らない熱い脚本になっているそう。

本作では、いよいよ“信”が戦場に出ていくストーリーが展開されるようです。

 

新しい内容の発表がありしだい更新していきたいと思います。

 

以上、映画「キングダム」のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

映画『キングダム』の待望の続編は?続編ならどのような内容?考察してみました。こちら

映画「キングダム」続編のキャスト 羌瘣(きょう かい)呂不韋(りょふい)他を予想してみました!こちら

映画『キングダム』の待望の続編は?続編ならどのような内容?考察してみました。こちら

カテゴリー