テセウスの船 第4話 変わり果てた未来 あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「テセウスの船」の第4話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、
母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。

生き残った姉は行方知れず。

自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わって
しまったことに心は深く後悔する。最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。

拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。

心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。

音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。しかし、大きな困難が待ち受けるのだった…。

[ネタバレ]

現代に戻されてしまった心は急いで家にもどるが、部屋は全く前と違っていた。しかも由紀と結婚すらしていなかった。由紀が生きているかもしれないと実家に向かうと、玄関先で由紀に話しかけられる。喜ぶ心だったが、由紀は心のことを知らなかった。
週刊誌に音臼小の事件で記事を書いたことで訪ねてきた文吾の家族だと気づいた由紀は、心に取材しようとする。逃げるように帰ってくるのだった。翌日、死刑囚の文吾に面会に行く。心の顔を見て「心さん」と言い笑顔を見せる文吾。
心が未来に戻った後のことを話す文吾。金丸が死んだことを話し、怖くなった文吾はお楽しみ会を中止にするよう動いたが無理だったと言う。当日は、みんなの動きを監視し、水道水以外飲まないようにと注意したと言う。だが、
はっと汁の中に青酸カリが入っていて、家から青酸カリも見つかってしまった。
冤罪を証明すると言う心だったが、もう再審請求するつもりはないと言う。弁護士から、全部ひっくり返るような証拠が出なければ無理だと言われたことを話す。鈴が面会に来たことも話し、顔を見せに行くように頼むのだった。
その後、文吾から聞いて鈴に会いに行く心。鈴は整形し、名前も変えたと言う。旦那のことを聞こうとすると、そこに帰ってくる。旦那は車いすに乗っていて木村みきおと名乗り、車いすを押していた母親は木村さつきだった。
家に上がった際に電話がかかってきて出ると、鈴だった。これ以上関わらないようにすぐに帰るよう促す鈴。するとその部屋で、音臼小の生徒たちが写った写真を見つける。そこには姉の鈴やさつきの姿もあった。
そこにみきおが来て、音臼小の事件のことを話し出す。みきおは音臼小にいた加藤みきおだったのだ。事件の際の青酸カリの後遺症で歩けなくなったみきお。身寄りのないみきおを、さつきが養子にして育ててくれたのだと言う。
介護士をしていた施設にみきおがいて、泣きながらリハビリをするみきおを見て、文吾のせいで苦しんでいることに心を痛めた鈴。ずっと一緒にいて欲しいと言われ、断れず結婚したのだと言う。文吾の冤罪を一緒に晴らそうと言う心だったが、
会うのはもう最後にすると言うのだった。文吾の冤罪を晴らすために、事件のことを調べる心。被害者の集いの存在を知り、由紀に連絡を取る。文吾の冤罪を信じていることを伝え、被害者から何か聞けないかと思っていることを話す。
文吾のことを憎んでいる被害者たちから、何をされるか分からないと言う由紀。結婚していた時の由紀から言われた「心のお父さんだから信じてみたい」と言う言葉を話し、言ってくれた人のためにも父親を信じてみたいと言う心。
すると由紀は、高齢化が進んでいるため今年が最後になるらしいと言い、被害者の集いの案内を心に渡す。鈴に連絡した心は、一緒に被害者の集いに参加しようと話す。だが、絶対にバレてしまうと断る鈴。
その話を、さつきがコッソリ聞いていた。父さんを見捨てるのかと言う心に、もう連絡してこないで欲しいと言う。帰り道、文吾と面会した時のことを思い出す鈴。面会はこれが最後だと言った鈴に「鈴が元気ならそれでいい」と言ってくれた文吾を思い出す。
そして心に「事件に関わるのはこれで最後」だとメールをし、被害者の集いに参加することにするのだった。キッチンで夕食の用意をする鈴を、カメラで見張っていたさつき。誰かに電話をしながら被害者の集いの話をし、そばに置いた写真の中の鈴の顔をペンで塗りつぶす。
被害者の集いに参加するために現れた心。入口で戸惑っていると、由紀がやってくる。事前に来ないと確認していたのに、中からさつきの声が聞こえてくる。中に入れば鈴のこともバレてしまうため、諦めようとする心。
鈴にも電話をして、さつきが参加しているため諦めると伝える。すると鈴は、子供の頃のことを思い出し「行って、心」と言う。無実を晴らしてくれる証言を見つけてきてと言う鈴。迷う心だったが、鈴が傷ついて一番悲しむのは父だからと諦める。
すると由紀が中に入り、文吾の冤罪の可能性を話す。被害者たちから非難の声を浴び、水までかけられながらも、当時話せなかった情報を持っている人は連絡を欲しいと頼むのだった。
怒られたと言いながらも笑顔で会場から出て来る雪を見て、涙を流して感謝する心。その後、弁護士に証言をしたいと手紙が届いたことを、心に知らせる由紀。その頃鈴に、さつきから話があるとメールが届いていた。「今から出てこられますか?お話があるの」
良い予感がしない藍がため息をついている様子を、監視カメラでさつきが見ている。
ウサギ並みのおバカさんね……とつぶやくさつきの手元には、不気味な絵が…。

以上、ドラマ「テセウスの船」の第4話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

テセウスの船 5話あらすじ・ネタバレはこちら

テセウスの船  第3話 捨てたはずのノートが・・・あらすじ・ネタバレこちら

カテゴリー