大恋愛~僕を忘れる君と~ 最終回 あっけないラスト あらすじ・ネタバレ

[大恋愛~僕を忘れる君と~]

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と~」の第10話あらすじ・ネタバレ紹介します!

[あらすじ]

家族に何も告げず、手紙と携帯電話を残し姿を消した尚(戸田恵梨香)。

真司(ムロツヨシ)は
警察に相談するが、事件性が確認できないため動けないと言われてしまう。

薫(草刈民代)と侑市(松岡昌宏)も駆けつけ、
病院にも尚の行方を確認するが情報はなく…。真司は、自分が怒鳴ったから尚が混乱してしまったのではないかと自分を責める。
それから8ヶ月。未だ見つからない尚の消息を案じ、テレビの行方不明者捜索番組で、薫が情報提供を呼びかけることに…。

[ネタバレ]

2019年、12月。

間宮真司(ムロツヨシ)と恵一は、神社にて北澤尚(戸田恵梨香)を待っている。

間宮は尚が宇宙人にさらわれ、アンジェリカ星にいるということにしている。

泣いたらパワーがなくなる、パワーがたまれば母が帰ってくる。

恵一はそう信じ、今日も宇宙にパワーを送った。

帰る間宮の携帯に電話がかかってきた。

『え?!見つかった!?』間宮が声を上げた。

2019年、4月。『お腹すいた…』恵一から起こされた間宮。『お母さんは?』『いない』『いないわけないだろう』
間宮は起きてきて、尚の書き置きを見つけ、大慌てで薫(草刈民代)や精神科医・井原侑市(松岡昌宏)に連絡を取る。

警察に駆け込むが、事件性がないということで捜索はできないらしい。

侑市が近辺の病院に尚が保護されていないか確認するが、
尚の消息は知れなかった。

『お母さん、お仕事行ったのかな?』という恵一。

『そうかもね』きっとすぐに帰ってくると薫は恵一を励ますが、『いつ?』と聞かれ、言葉を失うのだった。

侑市が開発した、軽度認知症のための新薬が認可された。

この薬の承認が何年か早ければ…と思うと、間宮は侑市の成功を手放しで喜べずにいた。

侑市は薫と結婚したことから、母・千賀子(夏樹陽子)との間に溝ができたままになっていた。

ずっとこのままでいいわけがないと父・誠一郎(橋爪淳)から説得され、侑市は薫を連れ、実家を訪ねた。『大変長い間ご無沙汰してしまって申し訳ありませんでした』薫が頭をさげると、千賀子は『で?結婚式はいつにするの?』と言い始め、
自らがデザインしたウェディングドレスを持ってきた。

『あなたのドレスです。これを作って、あなた方が頭を下げに来るの、待ってたの』という千賀子。

薫は胸がいっぱいになり、『ありがとうございます』と礼を言い、娘の行方がわかるまで、
ドレスを着るのは待って欲しいというのだった。

恵一は尚が寝ていた方に寝返りをうつと、尚を求めて手を伸ばす。

それを見るのが辛くて、間宮は恵一を寝かしつけるなり、書斎に逃げる日々を送っていた。
2018年、8月。今日も間宮は尚の消息を求め、病院を回っている。とある病院で、間宮は車椅子に乗った松尾公平(小池徹平)に出会った。『こんにちは』松尾は笑顔で間宮に挨拶をする。

もうすっかり間宮のことなど、記憶にないようだ。

エプロンをつけられ、看護師に食事を食べさせてもらっている松尾をじっとみる間宮。松尾は子供のように終始笑顔で、幸せそうに見えた。そんな松尾の姿を目撃したこともあり、これ以上尚を探さない方がよいのではと思った間宮は、
木村明男(宮澤たけし<サンドウィッチマン>)にそのことを相談した。

『やっとわかったか。何が何でも捜し出したいっていうのは、お前の自己満足だがよ』という木村。

頭では理解しても、納得ができない。『寂しいんですよ!』

心から愛した女性に会えないということがただただ寂しいと、間宮は涙目になって訴える。

普通の人にはそもそもそんな出会いなどないのだから、そんな女性と出会えただけで、間宮は超絶に幸せなのだと木村は言うのだった。

間宮が帰宅すると、今日も手伝いにきてくれていた担当編集者・水野(木南晴夏)が、帰り際に『このままずっと先生のお側に居てもよろしいでしょうか?』と切り出した。

『ずっと、黙ってようと思ってたんですけど、つい言ってしまいました…』
という水野に、『それは応えられないよ。ごめんなさい』と断った間宮。

『そうですよね…突然変なこと言ってしまって、すいません』水野は謝ると、帰って行った。

2019年、12月。テレビの行方不明者捜索番組に薫が出演し、尚の捜索を呼びかけることになった。

そして、冒頭の神社。間宮の元に尚が見つかったという連絡が入った。

尚は無事らしい。『どこにいるんですか?!』間宮は声を上げた。

尚のもとへ車を走らせる間宮は、遠くに砂にまみれたアンジェリカの裏表紙に印刷されていたのと同じような煙突を見つけた。

尚はあそこにいる。間宮は確信し、車を走らせる。

そして、間宮は小さな診療所に到着した。

尚は看護師らしき女性と一緒に、
診療所の表で洗濯物を干していた。

電話が鳴り、看護師が中へ入る。

干されたシーツを尚が取り込み、尚の顔が見えた。

『尚ちゃん』近づき、声をかけた間宮。

『…先生にご用ですか?』尚は間宮のことを忘れてしまっていた。

やがて、診療所の医師、
朝倉が出てきて、間宮に挨拶をする。情報をくれたのは朝倉だった。

尚がここに現れたのは、8ヶ月前。

診療所の前に立って、ずっと煙突を見ていたのだという。

朝倉が声をかけると、自分はアルツハイマー病で、夫や子供に迷惑をかけたくないため、
家を出てきたと尚は語ったという。

その後、5000万円が入った通帳を朝倉に手渡した尚は、死ぬまでここに置いて欲しいと切り出した。

尚の気持ちがよくわかった朝倉は引き受けることにしたと語る。

『これ、奥さんがここに来た時、持ってた荷物です』

自分が何もわからなくなった後、もし家族が探し当ててきたら渡して欲しいと言付かっていたと朝倉は語り、尚のバッグを差し出した。

間宮は尚のバッグを開けてみた。

中から出てきたのは、
『砂にまみれたアンジェリカ』と『脳みそとアップルパイ』、『もう一度第一章から』も出てきた。

最後にビデオカメラが出てくる。

『ここにあったのか…』と間宮はつぶやいた。

電源をオンにすると、中にはたくさんの恵一の画像に混じって、
尚本人を映した映像が残されている。

間宮は少しためらった後に、映像を再生してみる。最初の映像はバスの車内で撮影されたものらしい。『1番最初に来たバスに乗りました』そう語った尚は『あ!すいません!降ります!』と声を上げ、映像は途切れた。

次の映像には間宮が新しく出した短編小説集が映し出された。

『短編小説集、読んだよ。面白かったよ』という尚。

映像の中の尚が、間宮に語りかける。『真司、好きだよ。私、真司に会いたいから…』必死に感情を抑えていた尚はパニックに陥ってしまい、
付き添いの看護師を呼ぶ。

『杉山さん!杉山さん!』映像はそれで全てだった。

間宮は声を上げて泣いた。

そこへ朝倉がやってきて、『尚さんと話してみてはいかがですか?』という。

この時間、尚はいつも海辺にいるらしい。朝倉に促され、海辺に向かった間宮。尚は流木の上に座って、海を見ていた。
『初めまして。ちょっといいですか?』と話しかけた間宮。

尚が黙ったままうなづき、間宮は尚の隣に座った。

持って来た紙袋から、間宮はアップルパイを取り出した。

『アップルパイ持ってきたんですけど、一緒に食べませんか?』

尚はアップルパイを間宮から受け取り、頬張った。初めて尚の顔に笑顔が浮かんだ。

『きれいな海ですね。ここならいい小説が書けそうです』という間宮に、『小説家?』と初めてしゃべった尚。

間宮は『脳みそとアップルパイ』を差し出し、『これ僕書いた小説なんです』という。

尚は『本読めない』と笑った。

『じゃあ僕が読んでもいいですか?』間宮は本を開くと、『彼女はいつも急いでいた…』と朗読を始める。

尚は穏やかな微笑を浮かべながら、じっと聞いている。

間宮は朗読しながら、自分と尚の出会いを思い出す。

間宮真司という名が文章中に登場すると、隣の尚は『間宮真司…』とつぶやく。

尚が小説の続きを読んで欲しいというので、間宮がさらに朗読を続け、やがて小説は初めて2人が結ばれた時のシーンに…尚は声を上げて笑い、『素敵…!私もそんな恋してみたいな』と言った。

『じゃあ』立ち上がった尚に『また会いに来ていいですか?』と切り出した間宮。

小説の続きを聞かせたいという間宮に、
尚は『待ってます』と言い、去っていくのだった。

自宅に戻った間宮は、尚が地球に戻ってきたが、宇宙人のビームを浴び、記憶を失っているため、初めて会ったように喋らなければならないと恵一に話した。

『どうして~?』不思議そうな恵一だったが、やがて元に戻った時には、
たくさん抱っこをしてもらえると聞き、『うん!』と納得する

。間宮は恵一を連れ、尚と出会った海辺にやってきた。

『間宮恵一です』と自己紹介をする恵一。

『初めまして』と尚は言った。

自分が夫で、この子が息子だと今の尚に言っても、尚を追い詰めるだけだと間宮は考えている。

間宮のことが誰だかはわからないながらも、
間宮が来ると、尚の機嫌がいいと語る朝倉。

間宮は尚をしばらくここへ置いてもらい、度々通うことになる。

会うたびに、間宮は小説を読み聞かせ、やがて『脳みそとアップルパイ』を読み終わった。

主人公たちが最終的には結ばれなかった結末に『終わり…?2人は結ばれなかったんですか?』と尋ねる尚。

この話には続きがあって、続きで2人は結ばれると間宮が答えると、尚は『続きも読んでくれますか?』と頼むのだった。

間宮は尚を連れ、東京のよく通った居酒屋へやってきた。

尚は薫のことも、もう覚えていない。

この間会った恵一のことも、尚はすでに忘れてしまっているようだった。

『恵くん、お母さんは?』と尋ねた尚。

遠くに旅に行っていると間宮が言うと、『さみしいね?』という尚。

『さみしくないよ!もうすぐ帰ってくるから!』恵一の言葉を聞き、薫が泣き始めた。

なぜ薫が泣いているのか?不思議がる尚に、間宮は尚と会えて感動しているのだと説明した。

尚は恵一とまるで子供どおしが遊ぶように、声を上げて遊んだ。

再びいつもの海辺。間宮が今度は『もう一度第一章から』を読み聞かせている。

物語は居酒屋でのシーン。尚が間宮に気持ちを伝えるところだ。

間宮が『迷惑かけるけど…』と尚のセリフを読むと、隣で聞いていた尚が
『一生懸命生きるから、よろしくお願いします』とセリフの続きを言う。

間宮はハッとし、顔を上げ尚のことを見つめる。

そこには、かつて間宮がよく知っていた尚がいた。

『やっぱり真司は才能あるね』という尚を抱きしめ、涙を流した間宮。

この日以来、尚が間宮を思い出すことはなかった。

2023年、1月。それから1年後、尚は肺炎であっけなくこの世を去った。

恵一は小学生となり、徹夜で小説を書いている間宮の分の朝食をも用意してくれるほどにしっかりしている。

登校していく恵一に、かつて尚がそうしたように、黒酢はちみつドリンクを『持ってきな!』と放り投げた間宮。

『これ酸っぱいんだよなぁ…』愚痴を言いながらも、恵一は黒酢はちみつドリンクを受け取ると、学校へ向かって走っていく。

間宮は笑顔で恵一の後ろ姿を見送った。

間宮は家に入り、水野から届いた新刊が入った箱を開けた。

中から出てきた本の表紙には『大恋愛~僕を忘れる君と』と書かれている。

間宮は本を仏壇の尚に見せ、『尚ちゃんのことはもう終わり。もう書かないよ。これからは作家として新しい世界に挑戦するから、見ててね!』と話しかけるのだった。

 

以上、ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と~」の第10話あらすじ・ネタバレの紹介でした!

大恋愛~僕を忘れる君と~ 第9話 若年性アルツハイマーと子育て あらすじ ねたばれこちら

カテゴリー