大恋愛~僕を忘れる君と~ 第3話 刻々と進む病状 あらすじ・ネタバレ

大恋愛~僕を忘れる君と~

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と~」の第3話あらすじ・ネタバレ紹介します!

[あらすじ]

自分がやがて若年性アルツハイマーになってしまうことを真司(ムロツヨシ)に告白した尚(戸田恵梨香)。
尚を病気ごと受け入れる覚悟をした真司だったが、その先に待ち受ける困難をまだ予想できないでいた。
真司と一緒に暮らすことになった尚は、自分の貯金で古くて狭い真司のアパートから、新しいマンションへ
引っ越したいと言い出す。

お金には困ったことのない尚の価値観に戸惑いを隠せない真司だったが、ようやく
二人の関係を許すことにした薫(草刈民代)にも引っ越しを勧められ、尚の実家近くで新居を探すことに。

そんな中、尚の主治医が元婚約者の侑市(松岡昌宏)であることを知った真司は、一人で侑市のもとを訪ねるが…。

一方尚は、病気になった以上、これまでのようには診察を続けられないと薫に申し出る。
侑市と話した真司は、思いつめた様子で預金通帳の少ない残高を見つめ…。

[ネタバレ]

間宮真司(ムロツヨシ)の自宅にて、眠っている産婦人科医・北澤尚(戸田恵梨香)の安堵の表情を見つめる間宮。

その穏やかな時間から、今後2人に待ち受けている苦難を想像することは難しかった。

『ね、私たちこれから一緒に暮らすんだよね?ここお家賃いくら?』翌朝、尚から尋ねられ、6万円だと答えた間宮。

『15万円くらいのところに引っ越さない?』2人で暮らすのは嬉しいが、
幸せを感じられる家に引っ越したいという尚は、5000万円ほどある貯金をおろしてこようとする。

間宮はその貯金額に驚くとともに、尚との生活レベルの差を改めて感じるのだった。

その後、間宮と尚は尚の母・北澤薫(草刈民代)のもとを訪れ、100万円と返却した。

尚の病気を含め、受け入れてくれるという間宮の言葉を聞いた薫も、ようやく2人の仲を許すことにしたようだ。

生活環境が激変することは病気にも悪いことから、薫は2人に実家の近くのマンションへ引っ越してくるよう、進めるのだった。

尚の主治医が尚の元婚約者の精神科医・井原侑市(松岡昌宏)
であることを薫から聞いた間宮が、病院を訪れた。

侑市とすれ違った間宮。

2人は無言のまま、しばし見つめ合うのだった。

その頃、クリニックでは、病気の自分が今後患者を診ていくことはできないことを薫に打ち明けていた。
薫は受付をやらせようとするが、まだ病気のことをスタッフに公表したくない尚は、クリニック内に他に何かできる仕事がないか考えてみると言うのだった。

帰宅した間宮は憂鬱そうな顔で預金通帳とにらめっこ。

直後、バイト先へ向かった間宮は、上司の木村明男(宮澤たけし<サンドウィッチマン>)に『これに金がかかるもんで』と小指を差し出し、これからどんどんシフトを入れてくれと頼むのだった。

夜、尚が間宮の自宅へ帰ってきた。

すると、台所、風呂がピカピカに磨かれている。

なんとか尚にここを気に入ってもらい、ここで暮らしていけないかという間宮の真意があったのだが、尚は『ピカピカ!…でも狭い!』と声を上げるのだった。

薫がとってくれた特上寿司を食べながら、尚は今度代官山にある、家賃は20万円の物件を見に行こうと切り出した。

『最近小説書いてるでしょ?私気づいてたんだ』印税の大金が入ってくるまでは、自分が貯金で支えるという尚。

『だから、頑張って!』尚はそう笑顔で間宮のことを励ますのだった。

ベッドに入った2人。『ね?何か質問して?』自分の記憶がしっかりしているか、間宮に質問をしてほしいという尚。

『好きな小説の名前は?』
『砂にまみれたアンジェリカ』

『これは忘れないか…』

その後、間宮は薫の旧姓と、自分の捨てられた神社の名前を尋ねた。

この3つの質問が答えられなくなったら、別れようという尚。

『別れないよ』と間宮は優しく告げる。

『私の頭の中に鍵かけて、記憶の砂がこぼれ落ちないようにして』そう尚に言われ、間宮は尚と額を合わせ、『かけた』と一言。

尚は安心して、眠り始めた。クリニック。

清水陽子という患者の診察を終えた尚は、直後受付へ行き、
沢田柚子香(黒川智花)に『11時からの清水さん、まだいらっしゃらないの?』と尋ねる。

このことにより柚子香が尚の異変を確信したことで、尚は自分がMCIであることを明かす。

柚子香は職を失い困っていた尚にかつて救ってもらったことから、
今度は自分が尚のことを支えると言ってくれるのだった。

休日。

外で小説を書いてくれると尚に言って、外出した間宮。

出て行く間宮に、今夜19時の物件見学を忘れないよう、尚が念を押す。

しかし、間宮が向かったのはバイト先。

間宮は尚に隠して、働きづめの毎日を送っていた。

その夜の19時。

物件前で尚のことを待つ間宮と不動産会社の社員。

しかし、尚は現れない。間宮から尚に電話がかかってきた。

『今どこ?』『スーパー』内覧のことをすっかり忘れてしまっている
尚のことを傷つけないよう、間宮は『そっかそっか!じゃあ俺も帰るわ』と電話を切るのだった。

間宮が帰宅すると、玄関のドアの外側に、尚の鍵がさしっぱなしになっていた。

『ただいま!』明るく振る舞う間宮だったが、尚は今日の内覧の約束を
忘れてしまったことを思い出し、落ち込んでいる。

『押してみて』間宮は尚に自分の顔にあるホクロを押すよう、指示。

尚がホクロを押すと、間宮が奇声をあげ、尚の顔にも笑顔が戻るのだった。

翌朝。侑市の病院を間宮が再び訪れ、侑市のことを呼び出した。

自己紹介を済ませた間宮は、『北澤尚さんの病気で伺いたいことがあって…北澤尚さんと生きていこうと思ってます!』と切り出す。

この頃、鍵をさしたまま忘れたり、約束を忘れるなど尚に心配な様子が出てきたため、尚の病状を自分も把握しておきたいという間宮。

すると、侑市は『正式なご主人ですか?ご家族でなければ、お話しすることはできません』と断り、その場を後にする。

『教えてくれてもいいじゃないですか?!』去ろうとする侑市に食ってかかった間宮。しかし間宮は『正式に結婚されたらどうですか?』と言われ、言葉を失うのだった。

ビール祭りを訪れた尚と間宮。

様々なビールを飲み比べ、イベントのダンスに参加する2人。

 

尚は間宮と踊りながら、笑顔と一緒に涙を浮かべている。

隣でその様子をみていた間宮は、こう思う。(幸せすぎて怖いんだ。涙をこぼす彼女の気持ちが俺にはわかった。
…でも気づかないふりをした)その後も2人には笑顔が絶えず、最高の時間を過ごす。

その頃、侑市は母・井原千賀子(夏樹陽子)にセッティングしてもらい、1日に続けて3人の女性とお見合いをしていた。

しかし、どの女性も一癖ある女性ばかり…それらの女性を目の当たりにし、
侑市の脳裏には尚と過ごした日々が思い出されるのだった。

帰宅した侑市は千賀子に『悪いけど、誰でもいいや』と一言。

いくら侑市の遺伝子が優秀でも、母親の遺伝子も生まれてくる子供には影響するため、誰でもいいではダメだと千賀子は言い、『また探しましょう』と気軽に言うのだった。

翌朝。朝食をとりながら、『あれ聞いて』という尚。

間宮は好きな小説、薫の旧姓、自分が捨てられた神社の名前を尋ねる。

尚が全てクリアし、2人は笑顔でハイタッチを交わす。

尚が病院を診察に訪れると、ロビーである1人の老女に話しかけられる。

『助けてください!私、追われてるんです!捕まって、殺されて…』どうやらその女性はアルツハイマーらしい。息子と看護師に連れて行かれる女性をみて、尚はショックを隠せない。

『さっき会った人みたいになるんですよね…私』

その日の診察で、尚は侑市にそう切り出した。

『10年もかけて、じわじわ右肩下がりにあの人みたいになるなんて許せない…』

尚はそう明かし、そうなるくらいだったら幸せな今、死んでしまいたいと最近思うと涙ながらに語り始める。

医師ならば、そういうことを口にするべきではないという侑市に、尚は『先生にはわかりません。これまでかけて生きてきた、学んできたことが抜け落ちていく感じ…』と続ける。

侑市は他の人よりはわかっているつもりだと尚に優しく言い聞かせ、尚もやっと落ち着きを取り戻した。

侑市が最近製薬会社と協力して進めている新薬の説明を、侑市は尚に説明した。

『そういった選択肢も含めて、一緒に考えてきましょう。希望を捨てたら、病気に負けてしまいますよ?あなたらしく、ポジティブで居てください。…出逢った頃みたいに』

侑市はそう言い、不安なことがあれば、
いつでも自分の携帯を鳴らしてくれと笑顔で伝えるのだった。

クリニックに帰ってきた尚は、医師としての仕事ができない代わりに、これまでのクリニックのデータをまとめ、論文にしてみると薫に告げた。

前向きな尚の様子に気づいた薫が、『井原先生と何かあった?』と尋ね、
尚は『前から思ってたことを言っただけよ』と微笑むのだった。

今日も間宮の帰りは遅いようだ。

本当は朝から晩まで仕事を入れているわけだが、尚は夜、間宮がどこか外で小説を書いているのだと信じきっている。

その日、ついに間宮の身体が限界を迎えたのか、突然の腹部の激痛に見舞われてしまう。

部下の小川翔太(杉野遥亮)と病院に向かった結果、間宮はたまった疲労による尿管結石だと診断され、今夜1日入院することになる。

『死にそうだたったら、女に連絡してやれ!』木村に指示され、小川が尚に連絡。

尚が病院に駆けつけた。

『間宮さんいつもの3倍シフト入れて、頑張ってましたよ』

小川にそう言われ、尚は真実を知るのだった。

『俺が倒れちゃしょうがないよな』間宮が意識を取り戻した。

『小説書いてたんじゃなかったのね…』小説を書いたふりをして仕事を増やすも、大した金にもならなかったと間宮は明かし、このままヒモになっていくのは嫌だったと語る。

『6万円のアパートでいい。あそこで暮らそう?』間宮に無理をさせていたことを反省した尚は、そう切り出した。

『俺、こっそり君の主治医に会いに行ったんだ』侑市に会った結果、コンプレックスを刺激され、張り合ってしまったこともあるという間宮。

そんなに間宮のことを頑張らせていたとは思わなかった尚は、目に涙をため、うつむいている。

『でも、好きなんだ。好きになっちゃったら、どんな尚ちゃんだって好きなんだから』そういう間宮に、感激した尚が抱きついた。『好き…侑市さん』そう呟く尚。間宮は固まった。

以上、ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と~」の第3話あらすじ・ネタバレの紹介でした!

大恋愛~僕を忘れる君と~ 第4話 なおが幸せであるためのしんじの決意 あらすじ・ネタバレこちら

大恋愛~僕を忘れる君と~ 第2話 あらすじこちら