大河ドラマ「麒麟がくる」4話 本能寺の変をひきおこす3人 あらすじ ネタバレ

 麒麟がくる 4話

大河ドラマ「麒麟がくる」4話のあらすじ・ネタバレなど紹介します!

 第4話「尾張潜入指令」

 あらすじ

今川との戦いで尾張の信秀(高橋克典)は

参照 nhk.or.jp

瀕死の重傷を負う。

その知らせを受けた道三(本木雅弘)は、

参照 nhk.or.jp

妻の治療を終え今度は尾張へ向かうという東庵(堺 正章)に、

参照 nhk.or.jp

天敵・信秀の容態を秘密裏に探るように命じた。

その目付け役に任命される光秀(長谷川博己)。

参照 nhk.or.jp

菊丸(岡村隆史)もお供に加わり、

参照 nhk.or.jp

三人は尾張・古渡城へ潜入。

信秀の情報をうまく聞き出すことに成功するが…。

 ネタバレ

今川軍の猛攻に尾張の信秀(高橋克典)は

参照 nhk.or.jp

戦いを譲らず、両軍痛み分けに終わった。

しかし織田軍は激しい消耗を強いられた。

信秀は城に帰るなり寝込んでしまったのだった。

東庵(堺 正章)は

参照 nhk.or.jp

小見の方(片岡京子)の治療を終え、

明朝には京へ戻ると言う。

道三(本木雅弘)は、

参照 nhk.or.jp

天敵・信秀の容体を診るために尾張に向かうのだろうと見抜く。

道三は、信長の容体を秘密裏に探るように東庵に命じる。

参照 nhk.or.jp

患者の病気の秘匿は医者の習いだと東庵が断ると、

道三は東庵を連れてきた光秀(長谷川博己)に責任があるとばかりに、

東庵の首をはねろと命じる。

困惑する光秀を見かね、東庵は取り引きを持ちかける。

信秀に借りているすごろくの借金を薬代に上乗せしてくれたら、

探ってくるというのだ。

道三は、駒(門脇麦)を人質にとって、

参照 nhk.or.jp

美濃に戻って来なければ駒を殺すことにした。

駒を残して、東庵が美濃を出立。

道中で、薬草を売り歩く兄弟と出会った。

2人は光秀と菊丸(岡村隆史)だ。

参照 nhk.or.jp

駒を無事に京に帰すため、信秀の病状の情報さえ持ち帰れば、

駒を助けられるはずと光秀は考え、事前に東庵とも打ち合わせ済みであった。

三人は尾張・古渡(ふるわたり)城へ潜入。

信秀が側近たちと蹴鞠(けまり)に興じていて、元気そうである。

しかし重臣・平田政秀(上杉祥三)によると、

参照 nhk.or.jp

肩に流れ矢を受けたとのこと。

信秀は東庵を双六(すごろく)に誘った。

向かい合うと、道三に何か言われたのか東庵に尋ねる信秀。

東庵は、信秀の容体を教えるよう命じられたことを打ち明けた。

その代わり、双六の借金を肩代わりしてもらえたと話すと…

信秀は愉快そうに笑って、肩の傷を東庵に見せた。

痛みはわずかだが、毎夜、悪夢を見るのだと言う。

そして、信秀は美濃の様子を教えろと迫ったが、

東庵に薬草を届けに来た者がいると知らせが入る。

それは光秀・菊丸だ。

しかし東庵は通用口になかなかやってこない。

そんな中、ある少年が三河の刈谷(かりや)城まで連れ出して欲しいと懇願してきた。

少年の名は松平竹千代(岩田琉聖)。

参照 nhk.or.jp

のちの徳川家康である。

熱田へ連れて行れるので逃げたいのだという。

この城から出るのは難しいため、干し柿を渡し、

いずれ母にも会えるから待つようにと元気づけた。

やがて東庵が光秀たちに会い、

薬草を買って代金の袋(中にメモ書きがある)を渡した。

しかし信秀は、

「2人の後を追い、怪しい者なら斬れ。」と家臣達に命じた。

光秀らの後を負った家臣達は刀を向けてきた。

斬り合いとなったが、何者かが林の中から信秀の家臣達に向けて石を投げた。

そのすきに急いで菊丸と山の中へ隠れた光秀は、

なんとか美濃に戻る事が出来た。

美濃に戻った光秀は、

駒に東庵はどこに行ったのか、と問い詰められ、尾張に行った事を白状した。

博打で負けたことがあるから秘密にしたのか、と駒は憤る。

光秀は、道三に信秀の病状を話す。

毒が回って傷口が炎症を起こし、熱もある。

どうやら手遅れとなる、と。

(信秀は夜にうなされると語っていたが、炎症を起こしていることを東庵は見抜いていた。)

道三は喜んだ。

人質の駒も解放されることになる。

「もう、京へ戻っても大丈夫だ。」と、光秀が告げると、

駒は京へ帰る事を喜んでいる光秀に腹を立て、「しばらくここに残る」と言う。

翌日。

光秀は再び稲葉山城を訪れた。

種子島で幕府が鉄砲を作らせているという話を聞かされる。

あんな難しい鉄砲を作っているのは一体誰なのか。

館へ戻った光秀は、気になりながらも鉄砲を撃つ練習を続けるのであった…。

 考察

東庵の借金は100貫で現在の価値で約1500万円になります。

双六で負けたとはいえ額が大きすぎますよね。

東庵は恐らく医者の収入よりも

双六での収入が大きかった時期があったため

どっぷりはまってしまったのかもしれません。

一方で間者(内通者)としてはどうだったのでしょう?

現実ならとっくに斬られていても不思議ではありません。

もしくは怪しまれないように双六でごまかしていたのでしょうか。。。

信秀は実際、戦で受けた傷が元で亡くなってしまいますが

そのような状況であれば本来誰も通さないはずです。

それだけ東庵に対する信頼が厚かったという事でしょうか…。

とすれば東庵の信秀に対しての裏切りということになります。

信秀は前回、美濃軍に少数ながら敗走し、

今川に攻められ東庵に裏切られ踏んだり蹴ったりですが、

それを繰り返さないようにみていたのが息子の信長なのかもしれませんね。

以上、大河ドラマ「麒麟がくる」4話のあらすじ・ネタバレなどの紹介でした!

大河ドラマ「麒麟がくる」3話 美濃の国 あらすじ ネタバレこちら

動画は

カテゴリー