朝ドラ「エール」第48話 なんとあのかたが歌を・・・?あらすじ・ネタバレ

ドラマ「エール」第48話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

高梨(ノゾエ征爾)の詞に作曲した「船頭可愛いや」はレコードになって売り出されるがまったく売れず、
裕一(窪田正孝)は契約解除の危機を迎える。音(二階堂ふみ)にお願いされて曲を聞いた環(柴咲コウ)は、
とてもいい曲なので世間の人達に広く知ってもらうために、自分に歌わせてもらえないかと提案する。
レコード化に向けて、コロンブスレコードでは廿日市(古田新太)は大賛成だったが、小山田(志村けん)は…

[ネタバレ]

裕一(窪田正孝)が、高梨一太郎(ノゾエ征爾)と作った『船頭可愛いや』は、全く売れません。

裕一は、契約の解除と契約金の返済を迫られていました。

音(二階堂ふみ)も、さすがに困っていましたが、せっかくつかんだチャンスを邪魔したくないと…。

何とかする…という裕一。困ったとき、何とかすると行ってしまうのが、古山家の悪い癖です。

どうしよう…と、裕一・久志(山崎育三郎)・鉄男(中村蒼)、そして歌を歌った下駄屋の娘・藤丸(井上希美)が、頭を突き合わせていました。

自分が下駄屋の娘なのに歌ったからだと落ち込む藤丸を、いつもの調子で慰める久志です。

契約金を返済したら、たちまち古山家はすってんてんです。

おでん屋を手伝おうかなという裕一を、舐めるなとぴしゃりの鉄男です。

さて、音も裕一の現状を聞いて、自主練習にも身が入っていませんでした。

それを見かねた環(柴咲コウ)が声をかけます。

「今度は、何を悩んでいるの?」「ここの半音階と…。」

「あぁ…ここ難しいわよね。」

「あと…我が家の財政状況について…。」

「え?」「主人の契約が打ち切られるかもしれないんです。新しいレコードが全然売れてないらしくて…。」「まぁ…。」「いい曲なのに…どうして売れないんだろう…。」

音は、ふとひらめき、持っていた『船頭可愛いや』のレコードを、環に渡します。そして、お願いしたのです。「環先生…よかったら、聞いていただけませんか?」

環に『船頭可愛いや』を聞いてもらっている間、音は、ドキドキ、ドキドキしていました。

そして、聞き終わると…。「とってもいい。」音は、その言葉に喜んで、裕一に伝えると言いました。
気落ちしている裕一にとって、双浦環に褒められたということは、何よりも嬉しいことだと考えたからです。

しかし、環は、もっと驚くことを言いました。

「ねぇ…この曲…私が歌ってもいいかしら?」

「え?それは…どういう?」「私が、この曲を歌って、もう一度レコードで出すの。」

「え?」さて、そんな知らせを聞いた裕一は、バンブーで保(野間口徹)と恵(仲里依紗)と大慌て。
テーブルのセッティング、背広を着た方がよかったかなど、わたわた、わたわた。

そして、環がやってくると、みんなあまりのオーラにど緊張です。

環と向かい合った裕一は、緊張のあまりに、とてつもなくどもってしまいますが、
何とか、どうして『自分が歌ってレコードを出す』と言ってくれたのかを聞くことができました。

「『船頭可愛いや』がとてもいい曲だからです。西洋音楽を下地にしながら、流行歌としての親しみやすさも兼ね備えている。

これが、評価されないなんて、日本の音楽業界は遅れていると思います。

私が、オペラ歌手として、広く評価してもらえるようになったのも、プッチーニが、私を見つけてくれたから。私は、いい音楽を広めたい。

あなたの音楽を大勢の人に届けたい。

古山さん。私に、歌わせていただけますか?」

「もちろんです!よろしくお願いします!」

裕一は、すぐにコロンブスレコードに電話をかけました。

帰り支度をしてはいましたが、ギリギリセーフで廿日市(古田新太)は、まだ会社にいました。

裕一からの電話を黙って聞いていた廿日市でしたが、まさかの展開に思わず叫びます。

「えぇぇ!?!?あの、双浦環が!!!???」廿日市と裕一は、会社の社長ら役員たちに、頭を下げ下げ、お願いします。しかし、環は青レーベルの歌手、裕一は赤レーベルの作曲家…。

そのあたりで渋り始めます。

世間は、赤も青も気にしないと廿日市は、何とかこの企画を通そうとしますが、まさかの事態が…。

何と、小山田(志村けん)が反対しているのです。

それを聞いた、音は激怒した。

「何で、あの人が口挟むの?」

青レーベルの中心である小山田に念のため、お伺いを立てると、まさかの小山田の大反対。

会社は、小山田の機嫌を損ねたくないらしく、それを聞いた廿日市も、すっかりおとなしくなってしまったというのです。

「じゃ~…環先生は、歌わせてもらえんの?…許せん!私、行ってくる!」

いきり立った音を宥める裕一。ずっと黙って聞いていた環が立ち上がりました。

「古山さん。私に任せて。」環が向かったのは…、何と小山田のところです。「どうしたの?突然来るなんて。」

「理由をお聞かせください。」「理由?」

「『船頭可愛いや』の件です。なぜ反対されてらっしゃるのか。」

「そんなことは、説明しなくてもわかるだろう。青レーベルは西洋音楽。赤レーベルは流行歌。それがルールだ。」
「でも、小山田先生も赤レーベルで曲を書かれていますよね?」

「青レーベルの私が赤で書くのと、赤レーベルの新人作曲家が青で書くのとはわけが違う。身の丈があるだろう?」

「赤とか青とか、その区分にそんなにこだわるべきものですか?」「だったら、なぜ、君はあの男にこだわる?コロンブスのお荷物だぞ?」「その古山さんをコロンブスレコードに推薦したのは、小山田先生ですよね?」

その時、向けられた小山田の目を見た環は言いました。

「その目…その目を私、見たことがあります。ドイツにいた頃、先生と同じ目をした芸術家たちをたくさん目にしました。彼らは、皆、自分の立場を脅かす新しい才能に敏感です。」

「ばかばかしい…。」そんな大人な駆け引きが行われている最中、音と裕一は廿日市を何とか口説き落とそうと頑張っていました。廿日市も悩んではいました。

巻き込まれたくないし、小山田にケンカを吹っ掛けて、もし当たらなかったら、自分もクビになるかも…。でも、当たれば…そのでかさは、これまでの比じゃないことが想像に難くなかったからです。

そこへ…。「そりゃ…でかい。」

「その通りです!」環の声が聴こえた廿日市は、思わず叫びました。

「えぇ!?何!?本物!?」

「上の機嫌を取って、今いる場所を守るか、勝負に挑んで、大きな利益を得るか、どちらになさいますか?」

「お前らに、関わったら…面倒ばっかりだよ…。」

裕一、音・そして真横の環。この6つの目に見つめられ、廿日市は根負けしました。双浦環が歌謡曲を歌う。それは、発売前から大きな話題になりました。

「あ~…気持ち悪い…売れてくれよ~…。」
そうして、始まった録音。環の歌声は、圧倒的でした。廿日市の決断は……。当たりました!双浦環版の『船頭可愛いや』は、発売されるやいなや、大ヒット!相乗効果で藤丸版も売れ行きを伸ばし、裕一のメロディーが、街中に流れるようになったのです。

そして…。音楽学校の記念公演の記事が新聞に載り、音も練習に精が出ていました。「楽しみだなぁ!音のヴィオレッタ!」そんな裕一を見て、微笑みつつも、何となく続く体調不良を音は気にしていました。

そんな音に、敏感に気づいたのは、恵です。

心配する恵は、音に声をかけます。「最近、ずっと体調悪そうだけど…大丈夫?」「何か…むかむかするんですよね…。」「月のものは?」

音は、そう言われて気づきました。「あれ?」「もしかして…音さん、赤ちゃんできたんじゃない?」「え?」まさかの展開に、音は驚きを隠せないのでした。

 

以上、ドラマ「エール」第48話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

朝ドラ エール 作品集こちら

朝ドラ エール 音が学ぶ音楽学校の同級生 夏目千鶴子役は誰?そのモデルは?プロフィール・出演作品は?こちら

朝ドラ エール 喫茶店のマスター 梶取保(かとり たもつ)と梶取恵(かとり めぐみ)は誰?モデルは?プロフィール・出演作品は?こちら

朝ドラ エール 廿日市誉(はつかいちほまれ)役と秘書の杉山あかね役が誰?モデルは?プロフィール、出演作品こちら

朝ドラマ エール 木枯正人(こがらしまさと)役はだれ?モデルは?プロフィール、出演作品は?こちら

朝ドラ エール 福島三羽ガラス 佐藤久志と村野鉄男役は誰?代表作は?コロンビア三羽烏こちら

朝ドラ エール 音の将来をきめたオペラ歌手(ふたうらたまき)は誰?歌の先生の御手洗清太郎(みたらいきよたろう)は?こちら

カテゴリー