ドラマ「愛してると言ってくれ」9話 こじらせる元カノ あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「愛してると言ってくれ」9話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

第9話「疑惑」

[あらすじ・ネタバレ]

薫(余貴美子)に光(麻生祐未)が同じ画廊で働くことになったと紹介されると、晃次(豊川悦司)は「紘子(常盤貴子)に誤解させるようなことをしたくない」と一緒に働くことを断る。

スーツを着て同級生たちに光に仕事を紹介してもらえるよう頼みに行く晃次。

同級生たちは難しいと微妙な反応をする。

紘子は稽古が終わると「今日は焼肉デート」と嬉しそうに出かける。

晃次は光の家を訪ねるが、光は仕事に行っており若いシッターさんが居た。

シッターが買い物に行きたいから、と学 (三觜要介)の子守を頼まれる晃次。

その頃、紘子は焼肉屋を目の前に待ちぼうけとなっていた…。

学がお腹空いたと言い、コンビニに連れていく晃次。

するとコンビニの前でシッターが友達と電話をしていた。

晃次は光に「あんなシッターは信用できない、学のために夜の仕事は辞めたほうが良い、俺が責任を持って光の仕事を探すよ」と話す。

晃次が家に帰ると、キャンバスに「やきにく、おなかすいた」と書いてあった。

翌朝、紘子が起きると晃次は既に出かけていて、

「昨日はごめん、急用ができてうっかりしてた、埋め合わせはする!」と返事があった。

晃次は画廊の同僚に、ツテで光に仕事を探してくれと頭を下げる。

紘子は同僚に遭遇すると、同僚が光の履歴書を持っていることに気付く。

同僚「榊くんさ、このところ必死でこの人の仕事探してるんだよね」

気になった紘子は手紙にあった住所を見て、光の家を訪ねる。

光は「心配しないで、榊くんはあなたに心配かけたくなくて私の仕事を探してるのよ、あと学のためにも」と言う。

晃次も自分が子供のときに父親だけになっちゃったから、学を自分に重ねているとフォローする。

紘子は帰り際、光は晃次のどこを好きだったのか尋ねる。

光「色々好きだったけど、1番好きだったのは声だったなあ」

晃次の声を聞いたことがない紘子は動揺したのであった。

紘子は家に帰ると、晃次は紘子が出した晃次の写真や卒業アルバムを片付けていた。

晃次「人のものを勝手に出すな、どこ行っていた?」

紘子「あなたの大事な光さんの所よ、どうして私の目の届く所に置いておくの?ドラえもんのシールもあの人の家に行って貰ったんでしょ?どうして隠したの?」

晃次「隠していたわけじゃない、ちゃんと話をしよう」

紘子「もう手話見るの疲れた…」分かったという表情で紘子の頭をポンポンとする晃次。

紘子は晃次の後ろ姿を見て、どうしてあたしには声を聞かしてくれないの…とつぶやく。

翌朝、公演のために紘子は仙台へと旅立つ。

元気が無さそうな紘子を健一(岡田浩暉)が思い出の公園へ連れて行ってくれる。

紘子は、あの頃は良かった、なんで大人になって人を好きになっちゃったんだろと話す。

健一「人好きになるの楽しいことじゃないか、鬼ごっことかより楽しいことかもしれないだろ」

紘子「昔の彼女にあった」

健一「あの婚約したっていう?今も付き合ってんのかよ?」

紘子「まさかそんなことできる人じゃない、でも仕事探してあげてる」

健一「そんなことくらい良いだろう、欲張りだな、信じればいいだろ、一緒に暮らして、好きって言ってくれたんだろ?」

「大人は甘えたり泣けない分大変なんだからさ。」

紘子は宿泊先で荷物に晃次からの手紙が入っているのに気づく。

手紙には同窓会の日の出来事や、光が声が好きだったと嘘を言ったことなどが書いてあった。

同じ画廊以外に仕事を見つけようとしていた紘子にいらない不安を与えたくなかった、

嫌われたくなかったまるで警察の取調べみたいにつまらない手紙だね

君の手紙は僕に語りかけてくるようだった

君と出会ってから君のために君に見せたくて絵を描いてる気がする

明日も君と一緒にいたくて生きている気がする

文才が無くてすみません、俺の正直な気持ちです

 

手紙を胸にあて、涙する紘子。

舞台本番の日。

紘子が緊張してガチガチになっていると、紘子宛てに電話がかかってくる。

電話口からオルゴールの音が流れてきた。

晃次が子供に電話するよう頼んだのだ。

子供「お兄ちゃんがね、頑張ってだって」

紘子「ぼく、ありがとう、お兄ちゃんにありがとうって伝えてくれる?」

勇気が出た紘子は、堂々と舞台に立ち、大成功となった。

紘子は健一に早く帰りたいから、舞台備品を運ぶトラックの荷台に乗せてくれと頼む。

その頃、大雨が降るなか、光がびしょ濡れになって晃次の家にやってくる。

晃次は玄関でタオルを渡し、ここは俺だけの家じゃないと中に入れない。

光はごめん、どうかしてたと言い、帰って行く。

しかし、やはり晃次は気になってしまい光を探しに外へ出る。

すると線路に飛び出そうとする光を間一髪で助け出す。

光は学が連れていかれた、
このまま戻ってこなかったらどうしようと泣きわめき、晃次に抱きつく。

晃次はためらいながらも抱き返すのであった。

以上、ドラマ「愛してると言ってくれ」9話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

ドラマ「愛してると言ってくれ」8話 同棲中の隠し事 あらすじ・ネタバレこちら

ドラマ「愛してると言ってくれ」10話 すれ違う2人 こうじを信じられないひろこ あらすじ・ネタバレこちら

動画はこちら→

愛してると言ってくれ 動画をみるならこちら 他と比較してみましたこちら

カテゴリー