失恋ショコラティエ  5話 さえこさんの誕生日 あらすじ ネタバレ

失恋ショコラティエ 5話

 あらすじ

早朝の車中、眠り込んでしまった

紗絵子(石原さとみ)

参照 matome.naver.jp

を起こす爽太(松本潤)

参照 matome.naver.jp

外には美しい朝焼けに輝く朝の海が一望出来る景色が広がる。

海を臨みながら爽太は言う。

「俺、ここから見る朝焼けが好きなんだ。どうしても紗絵子さんに見せたかったんだよ」

「嬉しい!最高のお誕生日プレゼントだよ!」と微笑む紗絵子。

朝焼けの前で二人は見つめ合い…

そして唇を寄せ…

くちづける…という、

いつもながらの爽太の妄想オープニング。

爽太は厨房で仕事をしつつ

紗絵子の誕生日を二人っきりで祝うという

妄想バージョンに浸っていた。

その妄想から

「紗絵子さん、お誕生日だったんだ」と言う

オリヴィエ・トレルイエ(溝端淳平)

参照 matome.naver.jp

の声で現実に引き戻される爽太。

その時、作っていた新作のボンボンショコラも

朝焼けをイメージして作られている。

「冬の朝焼けってさ、空気が澄んでいるから綺麗なんだよね!紗絵子さんと一緒に見られたら最高だな!」と、

まだまだ妄想から醒めきれない爽太であったが、

「くだらない事言ってないで仕事してね!忙しいんだから」と、

薫子(水川あさみ)が、

参照 matome.naver.jp

あまりにも不機嫌なため、

やっと爽太も仕事モードに切り替える事にした。

一方、紗絵子は自宅で夫と朝食を取りながら、

先の予定の事を聞かされていたが、スケジュールは、

どんどんと夫ペースで決められてゆく。

「おまえのは遊びだけど、俺のは仕事だから」と

夫婦同伴のホームパーティの日を、

友達との食事の約束の日にねじ込まれて

「あたしにだって人権があるんだけど」と

ちょっとむくれぎみだった。

専業主婦は視野が狭いとまで言われてしまったが、

その専業主婦は夫の命令に従ってやらされているだけなのに、

そう言い返せば「論点すりかえないの!」と言われるし、

紗絵子はこの夫との生活のリズムに

どうにも未だに馴染めないのだ。

実家へ行って「私も外で働きたいのに」と母親に零しても

「旦那さんの反対を押し切ってまでする価値のある仕事があんたに出来るの?」

と無能の烙印を押されたばかりか、

「それより恵まれたいい結婚をしたんだから、そんな最高の旦那さんがご機嫌よくいられるように振舞うくらいしなさい。それこそあんたの仕事でしょう」と

説教までされる始末。

母に言われて

「専業主婦だって完璧にこなせば立派な仕事」と思い直した紗絵子は、

目の前の主婦の仕事に懸命に励む決意をする。

ショコラ・ヴィでは

「お店が軌道に乗り今月の売り上げがかなりアップした祝賀会として皆で飲みに行こう」

という話になって、

お店選びなどの段取りは薫子が担当する事になった。

その日も、ショコラ・ヴィを訪問した紗絵子だったが、

いつもと違って、日持ちのする商品ばかり選んで、

沢山買いだめするかのように買い上げる。

最後にバースディケーキを注文して帰るのだが、

爽太は「お誕生日おめでとう」の言葉さえも掛けそびれてしまう。

(妄想の中ではちゃんと言えたし、一緒にお祝いして「ケーキだけじゃなくて紗絵子の事も食べて」とお願いまでされるという展開だったが)

その日の仕事が終わって、また、えれな(水原希子)の家で、

参照 matome.naver.jp

互いの片思いの報告会をする爽太は、

お互いにどんなキスが好きかと言う話題から発展して、

熱心にキスの練習をする。

それがバカげて歪んだ愛の練習と知りつつも。

爽太の考えた紗絵子の

バースデイケーキのストーリーはなんとも切ないものだったが、

アゲハチョウをモチーフにした、

そのケーキのデザインで、秘密の、爽太のせつない思いを

ちょっとだけ込めて制作する事となった。

紗絵子いわく、買いだめしたチョコは、

紗絵子が悲しくなった時に現実逃避するためにストックした宝物。

紗絵子は、気持ちの乱れそうな事から離れて

《妻のプロ》に徹しようとしている。

でも…それって爽太の存在が紗絵子の心を乱してるという事でもあるけど。

オリヴィエは、夜、帰宅したまつりに

参照 matome.naver.jp

「この前の事はあんまり気にしないで。だからこれまで通り、これからも友達として、同じ店に仲間として頑張って行こう!ねっ」と告げ、

まつりも、少し考えた後、頷きそれに同意する。

えれなは再び、片思いの人のプロモーションビデオの撮影に呼んでもらえる事となり、

すぐさま爽太にそれを報告する。

「絶対に今度こそ連絡先、交換するんだよ」と

言って励ます爽太に

「うん、頑張る」と答えるえれな。

だが、その爽太の方は、

あれっきりお店に来ない紗絵子の事を思い、フッと暗くなる。

「ホントは考えちゃうんだよね。なんで一緒にお祝いするのが俺じゃないんだろうとか色々…」

そう言って沈み込む爽太の手を、えれなは優しく包み込んだ。

「でも大丈夫!誕生日には紗絵子さんがケーキ受け取りに来てくれる。直接顔見て『おめでとう』って言えるんだから幸せだと思わなきゃね」

祝賀会の日程を薫子は、紗絵子の誕生日に決めた。

「バースデイケーキを渡した後なら、ひと段落ついているだろうし、それに爽太君、ひとりでいるの辛いだろうから」

そうオリヴィエに語る薫子に

「うん、そうだね」とオリヴィエも同意した。

その事を爽太に伝えに行った薫子は、爽太が電話でえれなに

「もしこのままうまく(片思いの相手、倉科と)いっちゃったら、もうえれなとはエッチ出来ないね」と言っているのを聞いてしまう。

衝撃を受けた薫子だったが、爽太の前では平静を装い

「祝賀会の日程は22日になったけどいい?」と伝える。

薫子は、知り合った頃はまだ高校生だった年下の爽太に

何の感情も抱いていたわけではなかったが、

フランスで修業をして帰って来た爽太がカッコよくなっているのを見た時から、

あきらかに自分の意識が変わった事を思い返し、

「私はその程度の女なんだから、今みたいな思いをするのも当然なんだ」と

自虐的な思考に囚われていた。

倉科のプロモーションビデオの撮影で、

表情がこわばり笑顔になれず仕事を大失敗してしまったえれなは、

それでも何とか告白をしようとした時に、

マネージャーに呼び止められてこっぴどく叱られる。

その様子を倉科にも見られてしまい

逃げるようにその場を後にしたえれな。

そのままの足でえれなはショコラ・ヴィを訪ねて来る。

ショコラ・ヴィは閉店したばかりだったが、

薫子は「かまいませんよ」とえれなを店に通す。

店の中では、まだ紗絵子のバースデイケーキの打ち合わせを行っており、

えれなは、新作のチョコレートとお茶を出されて爽太に

「ちょっと、待っててね。ごはん行こうよ」と言って待たされていた。

えれなはチョコレートを一粒だけ食べると

店を飛び出して帰ってしまった。

爽太は心配して、その夜もえれなの家を訪ねて、

倉科とはどうだったのかと聞く。

えれな暗い顔をして俯きダメだったと告げる。

「倉科さんにいいところを見せなきゃと、そればかり考えて空回りした」と。

爽太は「空回りしてるのは俺も同じだから、わかるよ」と言うが、

えれなは「爽太君は、そういう気持ち、ちゃんと自分の力に変えてるけど、私の片思いは私を成長させてくれない。爽太君とは違うよ~」

と言ってさらにしょげる。

そんなえれなの髪を爽太は優しく撫でる。

「チョコレート美味しかった。それに凄く綺麗だった」

えれなが新作のボンボンショコラの事を言うので爽太が

「あれは朝陽だよ。凄く好きな場所があって、そこから見える朝陽をイメージして作ったんだ」と話し、

えれなが「その朝陽、見たいな」と言い出す。

それで爽太は夜通し車を飛ばして、

えれなと二人で朝陽を見に出かけるが、目的地へ到着し、

ついつい寝込んでしまった二人は、うみねこの鳴く声に目覚め、

とっくに朝が明けて、朝陽を見逃した。

「せっかく朝陽を見に、ここまで来たのに、ありえねぇ!!」

と残念がる爽太を見て、えれなは笑う。

えれなは、凄く走って、走っても意味ないのに、

何をそんなに焦っているんだろう私達と思ったら、笑えてきたらしい。

朝の海の景色を二人して見て

「あたし好きだよ、この景色」と言うと、

えれなは爽太の顔を見て微笑み、爽太も微笑み返して、

えれなは爽太の片腕にすがり頭を預けてくる。

イイ感じのふたり。

その姿はまるでカップルそのものなのだが…。

車の中に戻り缶スープを飲みながら、

えれなは「爽太君、ありがとう」と言う。

そして「もし今度、倉科さんに会えたら絶対に告白する」と改めて宣言をした。

「そっか、頑張れ」とエールを送る爽太に

「明日は紗絵子さんのお誕生日だね。爽太君も頑張って」と励まし返すえれな。

ショコラ・ヴィに戻り、えれなと行った海の出来事を話した爽太は

「寒くて風邪をひきそうだった」と話したつもりだったが、

オリヴィエに「爽太とえれなは両想いだね」と羨ましがられる。

オリヴィエは「爽太とえれなの様子は順調に交際しているカップルそのもので羨ましい」

と言うのだ。

まつりと順調というわけではないオリヴィエも

表面的にはそんな素振りは見せないで笑顔でいる。

それを見て爽太はふと、

みんな、表から見ている様子と心の内は違うのかな?と思ってみたりする。

もしかしたら、紗絵子さんも…

んなわけないか、でもいいや、もうすぐ顔を見て

「おめでとう」が言えるからと、

懸命に紗絵子さんのバースディケーキを仕上げる爽太。

その日の夜遅く、家の灯りをすべて落して紗絵子が眠っていると、

夫が帰ってきて「紗絵子、紗絵子!」と大声を上げた。

夫は家の電気を全部、消している事を怒っていた。

けれど紗絵子に悪気はなく

「いつ帰ってくるかわからないんだから電気代がもったいないじゃん」というと、

夫はますます不機嫌になり

「電気代とか、おまえが言うのチャンチャラおかしいわ。どうせ俺が払ってるんだろうが!」

と声を荒げるので、紗絵子もつい

「わかったよ!明日からは電気つけまくったまま寝る事にするよ。それでいいんでしょ!おやすみなさい」と

ちょっと棘のある言い方をしてしまった。

夫は「なんだあ!その態度」と逆上して、

ベッドへ戻ろうとしていた紗絵子の手を掴んで無理に引っ張った拍子に、

紗絵子はコケて激しくテーブルの角に

目の上をぶつけて倒れてしまう。

翌日の誕生日当日、ショコラ・ヴィでは爽太が、

紗絵子がケーキを取りにくるのを待っていたが、なかなか姿を見せず、

一人の男性が来店して差し出された紙が

紗絵子のバースデイケーキの予約の紙だと気付き、

顔を上げて男性を見る爽太。

男性は紗絵子の夫の吉岡幸彦

参照 twitter.com

であると気付いた爽太は呆然とするが…

夫は「その節はたいへんお世話になりました…」と、

折り目正しく挨拶をし続けている。

「今日は妻が急用で来られなくなりまして」と

吉岡が事情を説明したので、

爽太はやっと我に返り

「ケーキですよね。少々お待ちください」と

仕上げたケーキの包装にかかる。

ケーキを受け取り「では…」と吉岡が立ち去りかけると、

爽太は「あの…」と引き留めて、

ゆっくりと顔を上げたり、また目を伏せたりして長い長い間をためてから、

やっと微笑みを浮かべ

「紗絵子さんに、奥様に、お誕生日おめでとうございますとお伝え下さい」

というのだった。

爽太はご主人がケーキを取りに来た事で、

仲良くケーキを食べて誕生日を祝う紗絵子と吉岡の幸せそうな姿を想像し、

これが現実と思い知ったような気がしていたが…。

閉店となり、約束通りに祝賀会へ行こうとしていた爽太の携帯に

えれなからの伝言が何度も入っていた。

伝言の様子では、えれなは告白を果たしたが、

どうも失恋して傷心している模様。

すぐに爽太は、えれなに電話をするが

留守電になっていて通じない。

心配した爽太はすぐにえれなのところに駆け付けようとする。

だが隣の部屋では薫子が待っていた。

「爽太君、遅いよ~」と立ち上がった薫子に

「ごめん!先に俺なしでやってて、たぶん、行けないと思う。えれなの所へ行って来る」

と告げる爽太。

それを見咎めた薫子は

「爽太君のお店の打ち上げなのに、それほっぽってセフレに会いに行くわけ?!」と怒る。

爽太は状況を説明しようとしたが薫子の怒りは激しく

「爽太君が選ぶのって、尻軽な雌犬女ばっかだよね!でもそれにホイホイのっかってる爽太君も同レベルでロクでもないよ!ホントに呆れるわ!」とまでまくしたててしまう。

爽太は「俺の事はいいけど、どうしてそんな風に、えれなの悪口を言うの?えれなは薫子さんの事を美人でテキパキした人だって褒めてたよ。まつりの事も可愛いって言ってたし、いつも人のイイところを見つけて素直に褒めるんだよ。
紗絵子さんだってそう。高校の時から人の悪口はいわない人だったよ。薫子さんはなぜいつも悪口ばっかりなの?俺は女の悪口言う女は大嫌いだよ」と言う。

それに対してまた薫子は強気で言い返してしまい、

更に傷付き、気まずいままで爽太を送り出すのであった。

夜の道を、えれなのためにひた走る爽太。

その頃、紗絵子はお誕生日だというのに、痛々しい包帯姿で、

しかも、また夫が仕事で出ると言い出して気持ちも通わず、

寂しい誕生日を孤独にひとり過ごしていた。

爽太が作ってくれたバースデイケーキを開けて、

爽太の声が聞きたくなった紗絵子は、

爽太に電話するが、夜の町を疾走中の爽太は電話に気付かない。

爽太が去った後、お店で固まったようになっていた薫子の携帯に

オリヴィエから電話が入る。

「爽太と喧嘩でもしたの?」とオリヴィエに聞かれ、

薫子は「別に…ただ爽太君、私の事、嫌いなんだって。私も自分の事、好きじゃない」と

言って泣き出してしまう。

それぞれの想いが交差する悲しいバースデイとなるのであった。

以上、ドラマ「失恋ショコラティエ」第5話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

失恋ショコラティエ  6話  俺はとっくに失恋していた あらすじ ネタバレこちら

失恋ショコラティエ 4話 デートで分かる気持ち あらすじ ネタバレこちら

失恋ショコラティエ 石原さとみの衣装が可愛い コート トップスはどこのブランド?まとめこちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー