ごくせん 第3シーズン 2話 仲間のための喧嘩 あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「ごくせん3」第2話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

第2話「お前らは今日から仲間だ!!」

[あらすじ・ネタバレ]

職員室では、先日ぶつかって一目ぼれした男性・夏目誠一(小泉孝太郎)が、校医として赤銅学園にやってくる。

久美子は、運命の人だと喜ぶ。

そこに、3Dが騒いでいると知らされ
駆けつけると教室は、乱闘騒ぎになっていた。

久美子は、「てめーらいいかげんにしやがれ!」と啖呵を切り、クラスをなだめる。

3Dでは、トップの座を争う大和と廉の関係が一向に良くならず
本物のかけがえのない仲間を作れと説くが、生徒たちは無反応。

言葉を交わす機会が増えれば自分の思いが通じると考えた久美子は、缶蹴りをして遊ぼうと持ちかけるが、生徒たちは全く乗ってこなかった。

そんなある日、熊井(脇知弘)の知らせで学校近くの神社に駆けつけた久美子は、大和と廉が、生徒たちの輪の中で殴り合いのケンカをしているのを見つける。

だがその時は、素手で勝負をつけようとする2人を止めることなく見守った。

途中、猿渡から、住民が白金神社で乱闘が起きそうだと通報が入り、警察にも連絡が入ったと聞くと
久美子がみんなを逃がしたため、ケンカは中止となる。

その後、大和と廉に会った久美子は、ケンカでしか1番になれないから1番を競うという大和に「自分のためだけにケンカするなんて意味ねーんだよ」と言い、
また、敵か味方しかいないという廉には「緒方は、敵じゃない。おまえもわかってるんだろ?」と、懸命に仲直りするよう説得した。

翌日、再び殴り合いをしていた大和と廉が、武器を手にするのを見た久美子は、すぐに間に入って止めさせた。

互いの仲間たちが駆けつける中、素手ゴロでケンカが出来ない2人を叱る久美子。

そして、ケンカは、仲間や本当に大切なものを守るためにやるもので、自分のためだけにやっても意味がないと説得。

大和と廉は、久美子の言葉が胸に刺さるが、まだ素直にはなれなかった。

久美子は、熊井ラーメンに寄る。

どうしたら生徒に気持ちが通じるのかなと零してると、「何らしくないこといってるんだよ」と
突っ込まれる。

熊の傍には、若い女性が働いており熊の奥さんだという。

以前、熊が体を張って守った亜美という女性で二人の間には、子供も生まれるのだという。

熊は、「こうして、自分の人生を歩いているのは、ヤンクミのおかげだ。ヤンクミの生徒でよかったと思っている。自信もってぶつかれよ」と励ます。

久美子も、教え子がこうして頑張ってるのに
私が泣き言言ってる場合じゃないと再び元気を取り戻した。

『自分のためだけにケンカするなんて意味ねーんだよ』と久美子にいわれたことを思い出だす大和。

しかし、ぶつかったカラーギャングの一人に手を出したことから
本城(石黒英雄)、神谷(三浦翔平)も仲間のカラーギャングたちに絡まれてしまう。

ギャングたちにぼこぼこにされる大和たち。

そこに廉らが通りかかり
『緒方は敵じゃない。おまえだってわかってるんだろ』という久美子の言葉を思い出し廉たちは、大和を助けにいく。

そこに偶然久美子が通りかかり、その様子を影から見守る。

大和や廉たちは、無事逃げることができた。

「借りができたな」関係ねーよそんなの」という大和と廉だった。

そして、翌朝。廉たちが歩いていると、今度は、廉たちがカラーギャングたちに襲われてしまう。

それを教室で聞いた大和たちが、走り出していく。

久美子も事情を聞きカラーギャングたちのアジトに向かう。

久美子は、最初は、丁重に、生徒を返してほしいと頼むが聞き入れてもらえず、いつもの強行手段に出る。

倒されたギャングたちは、帰っていき廉や大和たちは、目を丸くして久美子を見つめていた。

「なんでおまえあんなに強ぇんだよ」

「そりゃ、大事なもん守りたいからだよバカだなおまえら。
こんなにボコボコにされたけどたいしたもんだよ。よくやったな」

「ほめてるんじゃねーよこいつらには、昨日助けてもらったから」と大和。

「別に助けたってほどのことじゃないけど一緒に逃げただけだよかっこ悪いぜ」と廉。

「それでいいんだよ。気づいたら走っていた。気づいたら一緒にいた。それでいい。それが仲間なんだよ」廉と大和がみつめあう。

久美子は、学校に帰るぞとみんなを促すが後ろを見ると誰もおらず…。

「あいつら~(怒)」と久美子が探しに行くとみんなは、校庭にいた。

「おまえらこんなとこでなにやってるんだよ」というと「付き合ってやろうと思ってさ。缶蹴り。」「けど1回だけな」と並ぶ生徒たち。

「おまえら~やってくれるじゃねーか!」

久美子は、満面の笑みでみんなの頭を1人1人くしゃくしゃになでまわしていく。

「みんなも呼んできて3年D組の缶蹴り大会だ!」と喜ぶ久美子。

「変な先公」「ちょっとおもしろいな」とみんなが久美子の背中を暖かい目で見つめていた。

そんな生徒たちに「おーいおまえら早く来いよ!」と誘う久美子だった。

以上、ドラマ「ごくせん3」第2話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

ごくせん 第3シリーズ 3話 いつからでもやり直せる あらすじ・ネタバレこちら

ごくせん 第3シリーズ 1話 今回の生徒は何か違う・・・ヤンクミの試練 あらすじ・ネタバレこちら

動画はこちら→

カテゴリー