5→9~私に恋したお坊さん~ 2話 お寺修行か昇進か あらすじ ネタバレ

5→9~私に恋したお坊さん~  2話

ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~ 」第2話のあらすじ・ネタバレまとめました!

5→9~私に恋したお坊さん~  2話あらすじ・ネタバレ

桜庭潤子(石原さとみ)は、

参照 idol88.net

29歳の誕生日の当日、クレーム対応後、

突然雨に降られるという不運に見舞われ

すっかり凹んでしまった潤子は、

星川高嶺(山下智久)に連れられ、

参照 idol88.net

高嶺の実家である寺へやってくる。

弱っていた潤子は優しく扱われ、

高嶺の車の中でついうとうとしてしまい、

高嶺は何を思ったか、潤子を寺の離れの一室に、

鍵を掛けて閉じ込めてしまう。

 

そこは、「説教部屋」として使われる部屋であり、

大声で助けを呼んでも外へ声は届かないという。

 

結婚する気は全くないこと、

ニューヨークに行くという夢があることを高嶺に再度説明する潤子だが、

高嶺は全く耳を貸さず、

潤子は逃すまいと部屋の外で監視し続けるのだった。

 

潤子は、部屋から出して欲しいと懇願するが、

高嶺は拒否して

「私はあなたから離れない」と、

潤子のそばにいる。

 

そこへ、高嶺の祖母・星川ひばり(加賀まりこ)がやってくる。

参照 idol88.net

ひばりは、彼女が決めた

相手・足利香織(吉本実憂)

参照 idol88.net

との見合いを

高嶺が勝手に切り上げたことを叱る。

 

ひばりは、潤子がいないと思って

「あのようなガサツな女に、寺の嫁は務まらない」

と言って、あくまでも潤子との結婚に反対する。

 

だが、高嶺は

「彼女と接すれば、良い部分が分かるはずだ」と彼女を擁護する。

 

高嶺は、潤子がいることを明かし、

ちょうどパック中だった潤子の顔を見て、

ひばりは潤子を不審者と勘違いし、ひばりは悲鳴を上げる。

 

潤子は混乱に乗じて逃げ出し、

疲れきってやっとの思いで帰宅すると、

そこには潤子の家族とすっかり打ち解けた高嶺がいた。

 

高嶺は、

「服を届けにきました」「結婚を前提にお付き合いを…」などと

誤解するようなことを家族に言うのだった。

 

高嶺が、潤子の家族と一緒に食事を摂っていると、ひばりがやってきた。

 

「一橋寺に嫁ぐには、様々なことを覚えなければなりません。花嫁修業を寺でしませんか?」と

驚きの提案をひばりは行う。

 

潤子の両親や妹が賛成してしまい、潤子の荷物は一橋寺に運び出される。

一方、潤子は

ジェネラルマネージャー・清宮真言(田中圭)から、

参照 idol88.net

思いがけぬ話を提案される。

 

それは特別な正社員昇格試験を受けることだった。

合格すれば、憧れのニューヨーク本部に異動になるという夢のような試験であり、

潤子は「受けます」と即答する。

しかし、その話を聞いた高嶺は

「ニューヨークに行くなんて許しません」と断固反対。

 

夕方5時から9時までレッスンを受け持っている潤子に高嶺は

「1週間、花嫁修業をしてくれれば、もう付きまとわない。花嫁修業をしてくれなければ、一生、付きまとう」と

条件を出し、潤子はその条件を飲んで花嫁修業を行うこととなった。

 

ひばりは、潤子が

「1週間も経たず音を上げる」と考えていた。

 

潤子の知らないところで高嶺は

1週間寺での生活に耐えた暁には

結婚を認める約束をひばりにさせていたのだった…

潤子は、正社員昇格試験の勉強、花嫁修業、勤務と奮闘する。

 

疲れて勉強中に寝ている潤子を、

高嶺は布団に寝かせる。

 

寝顔を見ていた高嶺は、つい潤子にキスをしようとしてしまい、

父・光栄(小野武彦)

参照 idol88.net

に止められる。

 

潤子は、次第に寺の中に馴染み、

雰囲気を明るく変えていく。

高嶺は、1日の”おつとめ”毎に手紙と花を送り、

潤子の頑張りを労う。

ひばりは香織を呼んで、

香織にも花嫁修業を受けさせる。

 

香織は家事もそつなくこなし英語も堪能だった。

 

寺に戻ってくるようにという高嶺と潤子のやりとりを聞いたまさこは

ニューヨーク支店への移動が決まった三嶋にこっそり電話をする。

 

大学の同級生・三嶋聡(古川雄輝)は、

 参照 idol88.net

毛利まさこ(紗栄子)に

 参照 idol88.net

「潤子さんがお坊さんの家に住んでいる」と聞き、

三嶋は嫉妬し、なぜそのようなことをしているのか、と問いただす。

まさこは、潤子に恋心を抱く三嶋に近づこうとしていたのだった。

一方、妹の寧々(恒松祐里)は、

 参照 idol88.net

クラブで男に騙されて連れだされたところ、潤子に助けを求める。

だが、潤子も男に乱暴されそうになりピンチに。

そんな彼女たちを高嶺・蜂屋・ユキは助けに入る。

 

潤子は、花嫁修業の1週間をつとめ上げる。

ひばりは

「ウチの嫁としては相応しくない」と言い、

潤子もまた「私には無理です」と言い、

正社員昇格試験を受けに向かう。

持てる力の全てを出し切って、

試験に手応えはあったが、清宮から結果は「不合格だ」と告げられてしまう。

 

公園のベンチで落ち込む潤子に、

高嶺は会いに来て、ヒールが折れたこともあり、

ジミー・チュウのパンプスをプレゼントする。

 

「どうして優しくするの?」
という潤子に、

高嶺は「あなたのことが好きだからです」と

初めて好きだと言うのだった。

 

高嶺は、潤子に

「檀家の中に、ELA(英会話教室)の重役がいて、あなたを不合格にするように頼みました。あなたから離れないと言ったでしょう」

 

と告白し、潤子は呆気にとられる。

以上、ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~ 」第2話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

5→9~私に恋したお坊さん~ 3話 嫉妬にまみれたキス あらすじ ネタバレ こちら

5→9~私に恋したお坊さん~ 1話 石原さとみと山下智久の出会いのドラマ キャストが豪華 あらすじ ネタバレ こちら

動画はこちら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です