ギルティ この恋は罪ですか? 4話 小池徹平の隠し子?!の真実とは?あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「ギルティ この恋は罪ですか?」4話のあらすじ、ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

爽(新川優愛)が出勤する途中、自宅の前に瑠衣(中村ゆりか)が現れる。

爽は無視しようとするが、瑠衣から一真(小池徹平)には子供がいると告げられる。

爽が動揺しながら会社へ行くと、寺嶋(神尾楓珠)が爽を心配し手作りの弁当を持ってきてくれていた。一方、一真は爽と出会った頃のことを思い出す。

[ネタバレ]

爽(新川優愛)は、瑠衣(中村ゆりか)から、一真(小池徹平)に子供がいると聞いたものの、信じることはできない。

元気のない爽に寺嶋睦月(神尾楓珠)が心配して声を掛けてくる。

しかも手作り弁当まで用意していた。

爽は、瑠衣がマンションの前にいたことで、瑠衣が家に上がり込んでいたのだろうと推測し気分が悪くなる。

爽は若菜(筧美和子)と会い、一真に
子供がいたと話すと、若菜は過去の出来事を話し始めた。

それは、爽の結婚式。

優希(大西礼芳)からその話を聞いていたという若菜。

それは6年前の話。その間、若菜が秘密にしていたことにショックを受ける。

「ごめん」という若菜に「さすがにこれは言って欲しかったわ」と言い、爽は背を向ける。

その頃、秋山(町田啓太)はスマホを見つめ……。

画面には「荻原爽」の文字。しかし、なにもできない。

爽は早退をして家に帰る。

一真との思い出がよみがえり、そして、子供がいたという真実に心をコントロールできず、部屋中のものを壊してしまう。

ひとしきり荒らしたあとに部屋を片付け、爽は部屋を出る。

夜、一真が帰宅するとテーブルの上に手紙があった。

「カズくんへ」と書いてあるその手紙を手にし、一真は過去を振り返る。

一真をカズくんと呼ぶ人間は2人いる。

ひとりは母親。そして、もうひとりは爽だ。

17年前。一真は父親からの暴力に耐えていた。

母親は父親に逆らうことができない。

そんな二人を一真は軽蔑している。

13年前。父の親会社に就職。

仕事はやりがいもあり、一真は納得した道を歩き始めたかのようだったが……。

12年前。父親から促された母親が縁談の話をする。

相手は一真の上司の娘。

自力で入社したと思っていたが、実は裏で父親が手を回していたのだ。

11年前。結婚をした一真。

子供もできたが、子供は可愛いと思えず浮気を繰り返していた。

一真の浮気を父親が探偵をつけて調べた。

それを告げるのは母親だ。

母親を責める一真。

母親は泣き崩れる。

一真に母親から電話。

「カズくん、ごめんなさい。お母さん、死ぬから」という母親に
「死ねば」と一真。

そして、一真は離婚した。

7年前。爽と出会った。

爽は強くてキレイで完璧だった。

一真は過去を内緒にして爽と生きる覚悟をしたのだが……。子供だけはもう欲しくなかった。

何にも支配されない夫婦関係だから心地よかったのに、爽は子供を欲しがる。

それが、一真には苦痛になり、瑠衣に逃げた。

爽の手紙には「今はしばらく離れて暮らそう」と書いてあった。

一真は、夫婦間に何があっても爽が仕事に向かう後ろ姿を一番キレイだと思った。

それは、口が裂けても言えない、ことだった。

爽は母のかすみ(戸田菜穂)を見舞う。

かすみは、病院を出ると言い出し、爽に対して「あんたのせいでお父さんがいなくなった」と言い出す。

かすみに結婚したことも言えずにいる爽は、一真との破綻を話すことなどできるわけもなく……。

そんなとき、秋山(町田啓太)からメッセージが。

<元気か?>タイミングのよい秋山のスタンプにほっこりと癒される爽。

瑠衣は、初めて会ったときから一真のことを好きだったと打ち明ける。

一真は爽が出ていったと、瑠衣に話す。

瑠衣は泣いてあやまる。

一真が帰宅すると、瑠衣はすかさず何者かにメッセージを送る。

瑠衣<そのまま続けて、居場所がいなくなるまで追い込んで>相手<了解>

爽は〆切を過ぎていると注意され、すぐに対応しようとしたが、ファイルが見つからない。

USBも見つからない。

そこに結(結城モエ)が「前に書いたものがある」と言い、その記事が採用された。

その帰り、また秋山からメッセージが。

秋山は本当にいつもタイミングがすごいな、と爽は思う。

そして、爽から<いま暇?>と。そして二人は飲むことに。

秋山「で?仕事で何かあったのか?」

爽「偶然が重なっちゃって」

秋山「それ、偶然か?」秋山は爽が実家にいることをわかっていた。

「結婚してる奴が平日に飲みになんか誘わない」と。

さらに「この間、泣いてたけど旦那と何かあったのか?」と訊いてくる。そこに病院から電話。かすみが自殺未遂をはかったという連絡だった。爽に付き添い秋山も一緒に病院に向かう。
タクシーの中、秋山は爽の手をそっと握る。病院につくとかすみは寝ていた。爽がプレゼントしたカーディガンで首をつっていたのだという。

爽は「本当に死ぬ気だったのかな。わざわざ私があげたカーディガン。お母さんらしいよね」そこに、一真から「さーちゃんが必要です」とメッセージ。爽は思わずスマホを水の中に投げてしまう。
「どいつもこいつもバカばっか」爽は、秋山に全部を告白。

一真の浮気、子供がいたこと、若菜が内緒していたこと、仕事でミスして、母親が自殺未遂。爽は

「私が悪いことした?昔の男に会ってるから?」と自虐的。

秋山は水の中に入り、爽のスマホを探しだした。

秋山「これなきゃ、どうやって連絡とるんだよ」

爽「こんなのなくたって」“こんなのなくたって、秋山はいつも、私が辛い時に……”

といつも秋山がそばにいたことを思い出す。

「もう、疲れた、疲れたよ。ごめん、秋山、ごめん」

秋山はコートのポケットに手を入れて、爽をそっと抱きしめた。

「泣いてていいから。俺だけ見てろってもう言えないけどな」

「言わないで」“ごめんなさい。またこの人の前で泣いてしまった。

せめて、この腕を秋山の背中にまわさないことが精一杯”

爽は手を回さず、秋山はコートのポケットから手を出さない。二人だけのハグ。

一方、編集部。爽のファイルを消し、USBを捨てたのは結の犯行だった。

爽、気持ちが悪くなる。そして、お腹を見つめるのだった……。

 

以上、ドラマ「ギルティ この恋は罪ですか?」4話のあらすじ、ネタバレの紹介でした!

ギルティ この恋は罪ですか? 新川優愛 ネックレス 腕時計 スカートはどこのブランド?こちら

ギルティ〜この恋は罪ですか?小池徹平、町田啓太、神尾 楓珠のジャケット、コートはどこのブランド?こちら

ギルティ この恋は罪ですか?第3話 るいの衝撃の告白 あらすじ ねたばれこちら

動画はこちら→

カテゴリー