NiziU(ニジュ)勝村摩耶 プロフィールは?J.Y.Park氏の評価は?最終順位は?

[NiziU]

2020年秋(11月)に日本のSony Music・韓国のJYPエンターテインメントからデビュー予定の
日本人9人で構成するグローバルガールズグループ【NiziU】そのメンバー【勝村摩耶】のプロフィールについて
紹介させていただきます!(^^)!

[勝村摩耶 プロフ]

 

 

生年月日 2002年4月8日(18歳)

出身地 石川県

順位 5位

血液型:O型

趣味:絵を描くこと/スキンケア収集

特技:料理

オーデション会場:東京

[J.Y.Park氏の評価]

地域予選
「勝村さんは踊るときに演技力が素晴らしいです」とのこと。

ダンスレベル評価
J.Y.Park氏とマヤちゃんのやりとりです。
J.Y.Park氏「長所と短所がとても明確です。長所はスピードが速いのがとてもいいです。動作と動作の間のスピードがすごく速くていいです。すべての動作の裏に感情を込めている感じが本当にいいです。
ダンスは感情表現なのですべての動作の裏には感情があるべきなのですが、その点を理解していてよかったです。そして予選の時も感じたことですが、顔が本当に魅力的で、女優っぽい顔です。
それが悪いという意味ではなく、(他の参加者と)違うことがとても魅力的です。でも(ダンスには)問題点も多いです。線が全然キレイではありません。この”DALLA DALLA”の振付の中で(やりながら)
この動きがとても多いです。この動きをしたときはこっちの肘から肘まで肩の位置にないと直線になりません。この動作がとても多いのに一回も直線にならなかった。腕が少しでも落ちると線が
ここで曲がってしまいます。(こうなったら)線が出せないんです。目を閉じて急に(腕を)伸ばしても直線にならないといけません。2つ目は僕は”関節を使って動作を大きく”ということをよく言いますが、
その意味が分かっていない。中間のダンスブレイクの時、膝をつくところをやってみてください」マヤ「(やる)」
J.Y.Park氏「下に下がったとき、もっと(足が)広がらないとダメです。それだけではなく肩も、関節をもっと大きく使わないといけません。結果的に雰囲気もいいし、演技力も全部いいけど、動作が全部小さい。
そこを絶対に直して欲しい。もう夢が目の前に見えてるから、ダンス練習をもっとがんばって欲しいです」

ボーカルレベル評価

最終順位12位でした。

スター性評価
ここでもJ.Y.Park氏とマヤちゃんのやりとりです。
「マヤさんが持っている一番魅力的な姿を見せてくれたと思います」とのこと。その後、「マヤさんが、今までの人生でみにくいアヒルの子のように寂しくて、辛かったことはありますか?」との質問です。
J.Y.Park氏の質問に、マヤちゃんは泣き出してしまいます。マヤ「一番可愛がってくれたおじいちゃんが亡くなったのが去年で、”私これから頑張るから”と言ってた時に亡くなっちゃったので、その夢を
見せられなかったっていうのがあって、そのときはすごい悲しかったんですけど、ここで悲しんでいたらおじいちゃんも多分見てくれなくなると思うので、夢を早く叶えて笑顔で報告できるように頑張っています」
J.Y.Park氏「今日の話の中で一番良かったところは、みにくいアヒルの子が水面に映った自分を見たところでした。ここにいる人たち皆、いつかは自分自身の姿をしっかりと見て、自分は(今の)自分で充分特別な人だ、
多くの人がいるこの世の中で、私も特別な何かの理由を持って生まれてきた人だから、自分のありのままの姿が特別だということを分かるときが来るはずです。自分自身の姿を見て、大丈夫、充分、あなたは充分特別だよ、
そう言ってあげられる日が来るべきだと思います。皆さんがここで26位になっても、脱落したとしても、皆さんが特別ではないということではありません。1位になっても26位になっても同じように特別です。
このオーディションはある特定の目的に合わせてそこに合う人を探すだけで、皆さんが特別かどうかとは全く関係ありません。1人1人が特別じゃなかったら生まれて来なかったはずです」と評価。

ショーケース
「マヤさんの一番大きい長所は、実際の実力よりもっとうまく見せられる能力です。実際には70~80点くらいだけど90~100点のように思わせる能力があります。良いことです。表情の演技、体の演技で、実力をカバーします。
歌う時、踊る時に演技力がいかに大事なのかをマヤさんが見せてくれています。僕が今日一番褒めてあげたいのは歌です。歌が本当に上手でした。呼吸もすごく安定している状態で、ブレずに豊かな声が出ています。
今回の参加者の中で、一番豊かで厚みのある声です。たくさん歌の練習をしたんだなと思いました。音程もすごく良かったです。ボーカル評価の時はここまでとは思わなかったけど、踊りながら歌うことで真価が現れたようです。
よかったです」と絶賛でした。

個人レベルテスト
以下、パフォーマンス終了後のJ.Y.Park氏とマヤちゃんのやりとりです。
J.Y.Park氏「(僕が)マヤさんによく言っていたことがありますよね?」マヤ「動作が小さい…?」J.Y.Park氏「いや、良い話のほう(笑)」マヤ「表現力がすごく良いといつもおっしゃってくださいました」
J.Y.Park氏「演技力。今日も演技力のおかげで足りないところが全部見えません。それは本当にマヤさんの長所だと思います。そして何よりもダンスが本当に上手でした。ダンスのラインが素晴らしいです。動きが正確でスピードも速いです。
東京合宿のときよりもかなり良くなったと思います。体のコントロールもすごく良くなりました」マヤ「合宿のときにおっしゃってくださったことを直そうといつも頭の片隅に置いて練習をしていました」
J.Y.Park氏「運動をしたり体の管理をしているわけではないですよね?」マヤ「プランク(←体幹トレーニング)を2分間やったり、あとは腹筋運動をやっています」
J.Y.Park氏「皆さん、ダンスが上手でも重心が揺れたら動作が全て乱れます。なので、ダンスがうまくなるためには、今マヤさんが言ったコア運動、プランクなどがとても大切です。僕も1日に1時間ぐらいしていますが、
運動をして筋肉をつけることで重心がブレなくなります。自分がどれだけ手足の動作を正確にしようとしても重心がブレたらダンスのラインが全て乱れます。今とても印象的だったのが動作が本当に正確できれいで速かったのでマヤさんに聞いてみたのです。
なぜなら体の状態が良くなっていたから。ダンスが上手くなったように見えました。毎日誠実に歌手になるために準備している人に見えます。A+をあげたいです」

チーム評価
「今まだトレーニングの期間中で、デビューも決まってない練習生たちのステージだというのを忘れて見ていました。メンバー1人1人全員がスターのように見えましたし、3人で踊るとき腕の角度、動作の速さ、姿勢のすべてが3人で1人のように見えました。
僕が良いステージになりそうだと感じたのが、最初にマヤさんとリオさんが2人でジャケットを着るスピードがほぼ同じでした。そのあと襟を立てる動作のスピードも同じでした。そして2人がお互いを見るときの表情がウソではありませんでした。
本当にお互いを大切に想う気持ちがその一瞬の目つきと表情に全て現れていました。僕が現段階で期待できるレベル、それよりはるかに良いパフォーマンスでした。期待以上でした」と絶賛です。

[各順位・結果]

【「虹かけ」人気投票順位】

2020年4月24日~6月10日の期間、公式サイトにて投票が行われました。
結果は毎日発表されていました。
最終結果はTOP3のみ発表されました。

1位:ミイヒ
2位:アヤカ
3位:リマ

で該当なし。

【(東京合宿)ミッション順位】
『ダンスレベルテスト』

12位:勝村摩耶

『ボーカルレベルテスト』

12位:勝村摩耶

【最終順位】
『韓国合宿進出』

10位:勝村摩耶(マヤ)

【(韓国合宿)ミッション順位】
『個人レベルテスト』

6位:勝村摩耶(マヤ)

【チームミッション】
『チーム順位』

1位:マコチーム(マコ・マヤ・リオ)

【チームバトル】
『チーム順位』

1位:マコチーム(マコ・マヤ・リオ)

【個人順位】

4位:マヤ

【ファイナル決選】

1st対決:チームミッション曲対決
勝者:マヤチーム
敗者:マコチーム
2nd対決:J.Y.Park自作曲対決
勝者:マコチーム
敗者:マヤチーム

【最終順位】

5位:リオ

以上、勝村摩耶(マヤ)さんについての紹介でした!

新ユニット【NiziU】のファンクラブの開設方法、入会金 、ツイッター、インスタは?こちら

カテゴリー