東京タラレバ娘 5話 倫子彼氏ができる・・・あらすじ ネタバレ

東京タラレバ娘 5話

ドラマ「東京タラレバ娘」のあらすじ、ネタバレを紹介します!

第5話「崖っぷちからの奇跡の出会い」

倫子たち3人は、

参照 ntv.co.jp

良く当たるという占い師のところにきました。

すると、全て当てられて、

このままではダメだと3人とも言われてしまいました。

倫子の家に集まった3人は、

「どげんとせんといかん!」と叫びました。

小雪と

 参照 ntv.co.jp

香は、

 参照 ntv.co.jp

もう会わないと決意しますが、

倫子は仕事もなくて、

 参照 ntv.co.jp

何も決意できませんでした。

二人が帰った後、タラレバが出てきます。

 参照 ntv.co.jp

「仕事しないと生きていけないたら。結婚してない、男ない、仕事ない、お金ない、この10年何やってたら?30過ぎた女が何も持っていないって、倫子さん、かわいそー!」と

言われてしまいました。

 

倫子は、スーパーに買い物に行きました。

そこで、イケメンでオシャレで、背が高い男、

バーテンダー・奥田優一(速水もこみち)に、

 参照 matome.naver.jp

「これ、いっしょに食べませんか?」と

キャベツ片手に言われました。

「運命の出会いがきたー?」と思って、

ついて行ってみると、奥田が働いているバーでした。

お客として呼ばれたんです。

映画と酒が好きで

このお店を始めたと言って、話も合いました。

今度友達連れてくるねと言うと、

「できれば、一人で来てくれたほうが良いんだけど」と

ポロッと奥田がつぶやいてしまいます。

 

あせった奥田はあわてて

倫子を送っていきました。

 

翌日、「呑んべえ」で3人が奥田のことで盛り上がっていました。

「もし独り者だったら、行けるかも?」と

結婚をはやし立てられました。

そこにKEYがやってきて、

 参照 ntv.co.jp

「また、タラレバ話か」とぼそり言いました。

さらに「結婚や夢じゃなくて、現実だろ。」と

つぶやきました。

結婚したこともないくせにと

倫子たちが言うと、

「あるよ。結婚したこと」と言いました。

驚いた3人は、結婚について聞きますが

それ以上は何も言いませんでした。

倫子が家に帰って、KEYの結婚のことを考えてると、

早坂から

 参照 ntv.co.jp

電話がかかってきて翌日、

会社によばれました。

 

倫子がおろされた『恋するシーズン』の脚本家が倒れたので、

コンペが開かれるから、参加してみないかと言うことでした。

 

「書かせてください」と喜んで引き受けた倫子でした。

締め切りは明後日でした。

 

すぐ家に帰って、PCにしがみつく倫子でした。

二日後の朝、原稿ができあがって早坂に送った後、

その場で寝てしまいました。

香は元彼の鮫島涼(平岡祐太)

 参照 ntv.co.jp

のメールを未読スルーしていましたが、

いきなり涼がやってきて

「よかった。生きてる」と言って帰っていきました。

小雪も、丸井

 参照 ntv.co.jp

とは連絡を取っていませんでしたが、

料理をしながら丸井の写真を見て、心が揺れていました。

倫子は目を覚まして

カフェレストランに行きました。

テーブルに座ると横にKEYがいました。

コンペの話を聞いていたKEYは倫子に

「ピンチヒッターが空振りしたら?チャンスはピンチじゃないの?」と

言われてしまいました。

そこに、早坂から電話がかかってきて、

別な脚本家に決まったと報告されました。

 

席に戻ると、「空振りしちゃった。あんたの言うことはすべて正論。知ってる?正論って人を傷つけることもあるんだよ。ま、こっちが悪かったんだけどさ」と

KEYに、チョット涙ぐみながら、サンドウィッチを食べながら言いました。

 

その後、癒されたいと思った倫子は、奥田のいるバー

「サンセット」に向かいました。

奥田は、「もしかして、つかれてる?じゃ、いいのあるんで」といって、

クリームブリュレとブランデーをだしてくれました。

 

「アメリを思い出しますよね」というと、

「その通り、アメリをイメージしてつくりました!」と盛り上がって、

心が癒されました。

 

その後、奥田とホルモン焼き屋へ

夕食を食べに行きました。

「人生一度きり」

「やりたいことやればいいじゃん」と、

同じような感性で盛り上がりました。

奥田に結婚してるかどうか聞くと、

「してませんよ。結婚します?なんちゃって」と

最高の笑顔で言われました。

 

倫子が「呑んべえ」に行って

その話を小雪と香にすると、

次の約束をしなかったことを二人に怒られます。

そこに、奥田から電話がかかってきました。

 

「大事な事、言い忘れていました。よかったら、明日の昼間、デートしませんか?」といいます。

それを聞いていた二人は、大絶賛でした。

「うちらのしかばねを超えていけ」と送り出されました。

翌日、デートの場所に行くと、

奥田が待っていました。

倫子は、<決めた!わたし、この人好きになる!>と

心の中で叫びました。

二人は、水族館に行きました。

奥田は、映画の話をズッとしていました。

すると突然奥田は、
「倫子さん。俺にチャンスをください。好きです。俺と付き合ってもらえませんか?」
と告白されました。

もちろん、倫子は「私なんかで良ければ」と

OKをだしました。

すぐにLINEで二人に連絡しました。

帰り道、倫子の周りの人やものが

すべてばら色に見えました。

小雪の所に、丸井からLINEが入ります。

「レモン買ってくる」と言って外に出て、

丸井と話をしました。

小雪は、「やめたほうがいいですよね。こういうの。」と言いますが、

丸井は「うんと前からうまく行ってないのはホントで。ごめん。ガキみたいに小雪さんのこと、好きだから。傷つけるかもと思いながら、僕は小雪さんと一緒にいたいとおもちゃった。でも、もう苦しめたくないから、合わないほうが良いよね」というと、

いきなり小雪はキスをしました。

「ばか。うそつき。だいっきらい」と言って抱き合いました。

それを見ていた香は深くため息をついて涼のLINEを見ました。

倫子が帰ってくると、

途中の公園でKEYが座っていました。

「で、やめるの?脚本家の仕事」と言うと、

「そうだね。やめちゃうかも。やめるも何も、仕事のオファーが来なかったらもうおしまいだし」

「会社辞めてまで、やりたかった仕事なのに?」

「早坂さん、応援したいって。逃げるんだ」

「しかたないじゃん。がんばったって、どうにかなるわけじゃないし。」

「やっぱ、にげてんじゃん」

「なんなの?年上の女、傷つけて楽しい?」

「傷つけよ。それでしぬわけじゃないんだし」

「だって、もうつかれちゃった。わたし、見つけたから。真剣につきあいたいっていうひと。向こうも好きだっていうし。にげたっていいじゃん。どこにも逃げ道無かったら、生きていけないじゃん。」

そういうと、倫子は歩いて行ってしまいました。

KEYは昔のことを思い出しました。

KEYの先生は病気で入院していました。

病院の屋上で、結婚するのが夢だったと言います。

KEYは、「先生のその夢、おれにかなえさせてよ。おれが、あなたの逃げ道になる」と

言って、結婚したんです。

家に帰った倫子は、ため息をつきながら、

昨日まで書いていた原稿をゴミ箱に捨てて、

奥田にLINEをしました。

「会いたい!」すると、「待ってます」と返ってきて、

倫子は出かけて行きました。

楽な方に逃げてしました。

奥田の店につくと、<私の幸せは、ここにある>と思いました。

以上、ドラマ「東京タラレバ娘」のあらすじ、ネタバレの紹介でした!

東京タラレバ娘 6話 keyの過去が知られる あらすじ ネタバレこちら

東京タラレバ娘 4話 あんたとは恋愛できない あらすじ ネタバレこちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー