やまとなでしこ 第1話 出会いは嘘だらけの合コン あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「やまとなでしこ」第1話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

第1話 「ずっと探してた人」

[あらすじ]

海外からのフライトを終えて成田に戻ったスチュワーデスの桜子(松嶋菜々子)は、空港の長い廊下を颯爽と歩きながら、留守番電話をチェック。

容姿端麗、仕事もでき、桜子は新人スチュワーデスの憧れの的。

桜子は仕事が終わったばかりだというのに、合コン会場へ向かうところだった。

「地上に降りた途端に合コンの根回しですから」と半ばあきれながらも、同僚の奥山なみ(須藤理彩)、塩田若葉(矢田亜希子)、
武藤操(今井陽子)はついていく。

合コン場所のレストランで、桜子らは相手の男たちと楽しく会話。

その合間に桜子は、男たちの腕時計、アクセサリーなどを素早くチェックしていく。

と、ひとりの男性が
持っていたベンツのキーを、桜子は目ざとく見つけた。

「貧乏なんて絶対イヤ。できるだけ金持ちの男を見つける」という信念を持つ桜子。

それは子供時代の貧困がトラウマのようになっていたためだった。

楽しく合コンが繰り広げられている店の厨房では、中原欧介(堤真一)が牡蠣を運んでいた。

「よい牡蠣ですよ」。欧介は忙しく働くコックたちと気軽な会話を交わしていた。

その欧介が、学生時代からの悪友の
一人佐久間為久(西村雅彦)に合コンに誘われた。

医者の佐久間は、出張の帰りに、機内でスチュワーデスと話をつけたというのだ。

もう一人の悪友粕屋紳一郎(筧利夫)も大喜び。

佐久間の妻の真理子(森口瑤子)には
「欧介のため」とごまかし、ノリノリの佐久間と粕屋。

肝心の欧介はあまり乗り気でない。

桜子は合コンで狙った男にベンツで送られ帰ってきた。

ベンツが走り去ると別のオープンカーが来て桜子の前に止まった。

大病院の息子東十条司(東幹久)だった。

しかし桜子にとってはただのキープ君。

欧介は、父の死後、家業の魚屋を継いでいるが、以前はボストンで数学を勉強していた。

その頃、愛していた女性に去られてから、
とんと浮いた話はない。

病弱で入院中の欧介の母・富士子(市毛良枝)はその事に心を痛めていた。

富士子の無理やりのすすめもあって、しぶしぶ合コンに出かける欧介。

合コン場所の割烹で、佐久間に
「おまえは今日は外科医になりすませ」と言われ、落ち着かない。

「やっぱりオレは帰る」と席を立ち上がった欧介の前に現れる、桜子。

欧介は桜子を見た途端時間が止まった。

以前愛していた女性に
似ていたのだ。

一方、桜子も欧介の胸に刺さる馬主のピンを目ざとく見つけた。

馬主のピンこそ、大金持ちを象徴するものと桜子は熱く欧介を見つめるのだが…。

[ネタバレ]

桜子は欧介をお持ち帰りするタクシーで手は大丈夫かと気遣っていた。

しかし、突然欧介は車を止める。

「あ、生牡蠣!」合コン前に牡蠣であたったと電話があったことを今思い出したのだ。

「すいません」そういって
欧介は車を降りある場所へ走り去っていく…。

そこは門番がいるような大きなお屋敷。

桜子はそれを見てほほ笑む。

「いいわ、出して」とタクシーを走らせる桜子。

欧介は腹痛と聞いて訪れたその豪邸…原因は牡蠣では
ないことが分かり胸をなでおろす欧介。

馬主のピンを返そうとするが、それがあるとまた競馬に行ってしまうからしばらく預かっていて欲しいと言われそのままポケットに戻す。

馬主のピンは欧介のものではなく客の忘れ
物だったのだ。

桜子は欧介が豪邸に住んでいてしかも馬主だと勘違いし、すでにロックオン状態であった。

翌日、東十条とデート中の桜子。

そこで東十条は桜子にプロポーズをする。

が、「もう少し考えさせて」と断る桜子。

桜子は欧介から電話がないことにイラついていた。

その頃、欧介は佐久間と粕屋に桜子に電話したがいいかと相談していた。

その時ちょうど欧介の電話が鳴り、桜子からであった。

2人はお台場でデートをすることに…

桜子は東十条とのデートから帰り、高級マンションの前で別れる。

東十条がいなくなったのを確認すると、帰って行ったのは高級マンションではなく、ボロいアパートだった。

高級な服が並ぶ中カップ麺をすする。

服にお金を
かけ、合コンに精を出し、その他は質素にしているのだった。

翌日、お台場で待ち合わせ、デートする欧介と桜子。

船に乗り釣りをしようと言う。

欧介は医者ではなく魚屋だと本当のことを離そうとするが、なかなかタイミングが
掴めない。

桜子はクルーザーだと思っていたが釣り用の船であったり、馬主なのに馬のことを話さず魚の事に詳しい欧介を不思議に思ったが、あまり気に留めてない様子。

その時、桜子の携帯が鳴る。東十条からだった。

「昨日の返事を待ちきれなくて」欧介のポケットの馬主のピンを見つめながら桜子は答える。

「お断りします」欧介とのデートの帰り、釣った魚で料理すると欧介が言う。

欧介は今度こそ自分は魚屋だと本当のことを言おうとする。

「お話があります」すると桜子も…「私もです…!さっき婚約者と別れました」と切り出し、欧介への好意を伝えると、欧介も桜子への好意を抱いてることを伝えるが、結局本当の事は言えずにいた。

そのまま会話に流されてる中
「お金より心が大事ですよね」と欧介が言うと立ち止まる桜子は怒りだす。

「貧乏人を幸せにしてくれるのはお金だけ。貧乏なんて大っ嫌い!!…私を幸せにしてください!」

と桜子。思わず頷く欧介。

「欧介さんがお金持ちでよかった」

桜子は欧介にキスをする。

欧介は突然のことに気が動転し、人が変わったかのように、明日大事な手術があるなど自分が医者であるかのような話をしだし、本当のことを言うどころかさらに嘘を塗り重ねてしまったのだった…。

以上、ドラマ「やまとなでしこ」第1話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

ドラマ「やまとなでしこ」第2話 とうとう正体が・・・あらすじ・ネタバレこちら

動画はこちら?

カテゴリー