やまとなでしこ 第4話 手を握っていた人は欧介さん?あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「やまとなでしこ」第4話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

第4話 「ラブホテル事件」

[あらすじ]

なみ(須藤理彩)、若葉(矢田亜希子)が桜子(松嶋菜々子)の見舞いにやって来ると、桜子はベランダで、携帯電話に入っているメッセージのチェックをしていた。

いつものように平然と、
デートの約束。

二人はあきれるばかりだ。

とはいえ「今回の入院で東十条(東幹久)さんの愛の深さが分かった。だって一晩中、手をにぎってくれていたんですもの」と夢うつつに話す桜子。

しかし、本当に一晩中付き添っていたのは欧介(堤真一)なのだが…。

傷心の欧介に佐久間(西村雅彦)はナースと合コンをセッティング。

とあるレストランで山手線ゲームなどで盛り上がっていると、
桜子が現れ、右へ左へとせわしない。

東十条と夕食を一緒にとる約束をしながら、病院を抜け出した桜子は、デート相手二人を同じレストランに呼び、ダブルブッキングデートをしていたのだった。

桜子を見つけた欧介は、まだ忘れきっていなかった。

突然、大はしゃぎし始め、酒をがぶ飲みする始末。

桜子は同僚の結婚披露宴になみ、若葉らとともに出席した。

「披露宴は成婚率高い合コンよ」と、
桜子は招待客の男性たちのテーブルに近づく。

そこへ欧介が現れる。

この日の新郎は、欧介が数学を勉強していたときの仲間。

「また現れた」とあきれ顔の桜子に、欧介は誤ってケーキを落としてしまう。
高級なドレスにクリームがべったり。それをトイレで桜子が落としていると、「一晩中看病していたのは欧介さんなのに、桜子さんの態度は許せない」と若葉となみが入ってきた。桜子は「えっ!」となり…。

[ネタバレ]

欧介は家へ帰ると配達を引き受けるが、配達先は桜子が住んでいる高級マンションだった。

この時点で欧介はまだ桜子がボロアパートに住んでいる事実を知らない。

マンションへ向かうと、入り口に
花屋が来ており、配達先を見つけられず困惑していた。

花は東十条から桜子への贈り物だった。

ちょうど桜子が通りかかったため、欧介は花屋に彼女が配達先の桜子だと伝える。

桜子の視界に入ってしまった
欧介はバツが悪そうだったが、自分は関わろうとするつもりで目の前にいるのではないと言う。

桜子はずっと看病して付き添っていたことを知らずにいたため、自分が倒れても見捨てたと、欧介のことを
「貧乏な上に最低な人だ」と罵り、消えてくださいと告げた。

粕屋に電話していたなみは2人デート…のはずだが、友達も連れていくとし、若葉も一緒にいた。

粕屋から桜子が倒れて病院へ連れていき、
朝まで看病したのは欧介だと聞き、なみと若葉の予想は的中するが、真実を知った若葉は落ち込み、帰ってしまう。

安アパートに帰った桜子は、ふと眠りにつき、昔からよく見る夢を見ていた。

病院でも
見た、王子様が手を差し伸べて手を握ってくれている夢。

病院では朝まで手を握ってくれていたのは東十条だと思い込んでいる桜子は、あの王子様は東十条さんなのだろうと、思いにふけっていた。

結婚退職した同僚の披露宴にて。

桜子たちにとっては最高の合コン会場であり、男を見定めるべく、どうやったら新郎の友人達とお近づきになれるか、など話していた。

すかさず、桜子は席を立ち、新郎側の
友人の席に空席を見つけ、席を間違えた振りをして座ろうとした。

周囲も美しい桜子を目に、そこにいてくださいと言いあう。

しかし、その座った席は遅れて到着した欧介の席だったのだ。

元々は欧介もマサチューセッツ工科大学にいたため、周囲はエリートばかり。

桜子の思うまま、合コン会場さながらの雰囲気となった。

「たった一人の人に巡り合えたような気がする」欧介がいることを
気に留めないようにしていたが、内心では悪夢だと気が気ではなかった。

トイレに駆け込んだ時、桜子は若葉と操の話を耳にする。

その話で倒れた桜子を病院に運んだのも、朝まで付き添って手を握っていたのも
欧介だったという事実を知る。

そんなことも知らない欧介は披露宴で突如スピーチをさせられていた。

桜子は陰で欧介のスピーチをじっと聞いていた。

自分に付き添ってくれていたのが欧介だという事実を
聞いてから欧介が気になり、気持ちが揺らいでいた。

欧介は桜子を気にしていたが、酒をすすめられ酔っぱらってしまい、気付くと若葉とラブホテルにいたのだった。

何軒もハシゴして気持ち悪くなり、
たどり着いたようだったが、欧介は何も覚えていない様子。

桜子はというと、披露宴にいた男性と帰路についていたが、欧介の姿を見つけるとタクシーを降りた。

自分が倒れた時の件でお礼を言おうと
「この間は…」と口走るが、若葉がその場にいたこと、そこがラブホテルの前だということに驚き、ありがとうと言うどころか、減らず口をたたいてしまった。

一方的にムキになり怒ってしまう桜子。

「これっきり、もう本当にお会いすることもありませんね、さようなら」欧介の前の彼女と同じようなセリフでその場を去って行くのであった。

以上、ドラマ「やまとなでしこ」第4話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

ドラマ「やまとなでしこ」第5話 服を取りに火の中に・・・あらすじ・ネタバレこちら

ドラマ「やまとなでしこ」第3話 大病院の御曹司と結婚?あらすじ・ネタバレこちら

動画はこちら?

カテゴリー