やまとなでしこ 第5話 服を取りに火の中に・・・あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「やまとなでしこ」第5話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

第5話 「恋と洋服」

[あらすじ]

若葉(矢田亜希子)とラブホテルから出てきた欧介(堤真一)に出くわした桜子(松嶋菜々子)は「口先だけの最低男」と一喝。

欧介は佐久間(西村雅彦)や粕屋(筧利夫)らから「男と女がラブホテルに入り
何もしないなんて考えられない」など責められ、自己嫌悪に陥っていた。

海外から帰った桜子は空港で、昔の同級生にばったり出会い、同窓会に誘われる。

貧しかった子供時代を思い出しながらも、
「同窓会も成婚率の高い合コン」と桜子は同窓会に出ようと決めていた。

なみ(須藤理彩)が桜子に会合に着ていく服を借りにやって来る。

狭いアパートに服がびっしり。

目を見張るなみに、桜子は
「一度着たものは着ない」とビシッと言ってのける。

欧介が魚春に帰ると富士子とともに若葉が働いていた。

「この間は何もなかった」と若葉から先日のラブホテルでのことを聞きホッとする欧介。

同窓会に出席した桜子。

貧しかった子供時代を知る出席者は、美しく変身した桜子を目ざとく見つけて近づいてきた。

男にビーフシチューをこぼすという、いつもの手を使おうとする桜子だが、逆に
宮脇(浜田学)にワインをこぼされてしまう。

「店にある服をなんでもプレゼントする」と言う宮脇の、これが女を引っ掛ける手だった。

そんなプレーボーイ的な宮脇を見て複雑な心境になる桜子。

桜子が家に帰ると部屋から煙が上がっている。

次第に煙は大きくなり、服を取りに戻ろうとする桜子は近所の人に押さえられてしまう。

そこへ欧介が通りかかった。

桜子の家は豪華マンションだと
思っていたのでびっくりする欧介だが、炎のなか、欧介は桜子のために服を取りに入っていった。

[ネタバレ]

東十条に婚約指輪をプレゼントしてもらった桜子は、婚約したこもあり部屋にいってもいいかと聞かれるが、断る。

高級マンションに住んでるふりをしていて本当はボロいアパートだということはもちろん
言い出せず、話をごまかす。

桜子は現実の安アパートへ帰っていくと、そこには、なみが洋服を借りに待っていた。

高級な洋服がずらりと並ぶが、蛍光灯は壊れており、床も落ちそうになるなど、環境はひどく悪い。

欧介が自身の魚屋へ帰ると、若葉が店の手伝いをしていた。

客にお客さん?と言われご機嫌な様子。

桜子はというと同窓会に向かっていたが、敢えて30分ほど経過するのを待っていた。

同窓会の会場に着くと
桜子の美しさに皆が振り返りあんな美人がいたのかと噂になり、男性たちに囲まれる。

いつものように男性を物色するが、なかなかお眼鏡にかなう男性がいない。

と、そこへ宮脇裕也(浜田学)が現れる。

宮脇が来ると女性たちは、たちまち彼を囲むが桜子は過去に宮脇に貧乏のドブスと言われていたのを思い出し浮かない表情。

しかし、近くの同級生たちが宮脇は人気ブランドの社長だという事を耳にした桜子は
近づこうとシチューを盛り付け始めた。

宮脇も美しく成長した桜子に興味を示し、ワイン片手に近づこうとしていた。

シチューを渡そうとする桜子だったが、いつもの通り相手に間違ってこぼしたフリを
するのかと思いきゃ、宮脇にワインをかけられてしまう。

宮脇は謝りつつも、自分のブランドのサンプルの服があるからといい外へ桜子を連れ出した。

桜子は宮脇のブランドの素敵な服を着せてもらい上機嫌な様子。

今度自分の好きな服をプレゼントすると言い、花を渡す。

宮脇は人気ブランドの社長に上りつめた、れっきとした金持ちだった。

そして翌日、同僚たちにそのことを話す。

「やっぱり人を幸せにしてくれるのはお金よね~」
その頃、若葉は魚屋の手伝いを終え、晩御飯をご馳走になることに。

欧介は若葉に謝ると、欧介が酔っぱらって寝てただけで何もなかったと聞かされほっとする。

欧介は若葉の服が汚れていることに気付く。

欧介はたまたま通りかかった店の前を通った際、ショーウィンドウに映る服を発見する。

それは若葉が着ていたものと同じで、宮脇のブランドのお店だった。

若葉が服を汚してしまったことを受け、プレゼント
しようと試みるが、値段が高く手が出ない。

そんな中、宮脇に招待された桜子がやってくる。

桜子は欧介に気付くとあれやこれやと口を出すと、欧介はその場を立ち去る。

宮脇に洋服をプレゼントされ、試着室にいた
桜子は、そこで従業員が宮脇の噂をするのを耳にする。

宮脇にワインをかけられた桜子だったが、実は宮脇は同じ手口を他の女性にも使い、気に入った女性の服をわざと汚しては店に連れていき確実に落とすという
手法を使っていたのだった。

宮脇は職業柄華やかに見られるのが仕事ばかりで遊ぶ暇はないという。

「たった一人の人にやっと巡り合えた気がする」宮脇は桜子ながらのセリフを吐く。

桜子が買い物に出かけている間、
住んでいるボロアパートが火事になっていた。

帰った桜子は燃えるアパートを見ながら、パーティーにいけなくなると嘆き部屋に洋服を取りに行こうとする。

周囲に止められ桜子が叫んでいると、ちょうど欧介が
通りかかる。

桜子が火の中へ入ろうとするのを辞めるように説得するが、桜子は聞こうとしない。

すると、欧介は自分が服を取りに行くといい火の中に飛び込んでいった。

戻ってきた欧介は煙を吸いむせながら出て
来るが、1着だけ?と桜子は服のことばかり気にする。

欧介が持ってきたのは桜子と欧介が初めて合コンで着ていた服だった。

落ち着くまで佐久間の家に世話になることとなった桜子は真理子から欧介の話や前の彼女の
雪子の話など、欧介の誠実さが伺える話を聞かされる。

宮脇は桜子から事情を聞くとたくさんの高級な洋服を桜子に送る。

若葉やなみたちはパーティーに桜子は何を着てくるのか予想する中、桜子は宮脇にもらった
服ではなく、欧介が火の中に飛び込んで無事だった白のスーツを着て現れたのだった。

以上、ドラマ「やまとなでしこ」第5話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

ドラマ「やまとなでしこ」第6話 顔以外愛せない あらすじ・ネタバレこちら

ドラマ「やまとなでしこ」第4話 手を握っていた人は欧介さん?あらすじ・ネタバレこちら

動画はこちら?

カテゴリー