やまとなでしこ 第9話 桜子の父現る うその涙 あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「やまとなでしこ」第9話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

第9話 「彼女が泣いた夜」

[あらすじ]

桜子(松嶋菜々子)と東十条(東幹久)は結婚式に向け着々と準備を整えていた。

桜子の悩みは「早くお父さんに会いたい」という東十条家からの申し出。

桜子の父親・勝(小野武彦)は故郷で
貧しい漁師をしていた。

桜子は、父親は外国航路の船長で、日本になかなか帰ってこないと言い繕っていた。

しかし、結婚式も間近。

もうそんな言い逃れはできそうにない。

フライトを
終えた若葉(矢田亜希子)らが空港を歩いていると、汚い旅行鞄の男がうろうろしていた。

「あの~。神野桜子は…」と尋ねられた若葉は、桜子の父親とわかり、ちょうど迎えに来てくれていた
欧介(堤真一)の車に乗せ、桜子のアパートへ。

しかし桜子は不在。

桜子が帰るまで魚春にやっかいになることになった勝は、さすが漁師。

包丁さばきも鮮やかで、売り声も元気がいい。

すっかり富士子(市毛良枝)とも打ち解け、夕食で酒が一杯はいると上機嫌。

翌朝、勝は「みすぼらしい父親を人前に出したくない娘の気持ちは分かる」と弱気。

そこへ、まばゆいばかりの
光の中を歩いてくる桜子。

父親ながらみとれてしまう。

しかし桜子の父親に対する態度は冷たい。

欧介は若葉に「もう一度数学をやらないか」と恩師に言われたことなど話す。

2人の気持ちは徐々に
進展しつつあるようにみえるが、数学のこととなると他が見えなくなる欧介に、一抹の不安を感じる若葉。

欧介は激しくやりあう桜子父娘を見つけた。

桜子は勝を外国航路の船長に仕立てるため、
マナー・教養マニュアルを作り、勝に覚えろと迫っていた。

「何で俺がウソをつかなくちゃならないんだ」と怒鳴る勝に、桜子は感情的に「父親もTPOで取替えがきくと良い」と言ってしまう。

それを聞いた欧介は、桜子の頬を打った。

[ネタバレ]

馬主との合コンにて。

「今後はたった1人の人に巡り会えた気がする」と普段のように桜子がいつものセリフを言おうとするが、そこへ東十条がやってくる。

馬主の男性と東十条は知り合いで、東十条を
誘ったが婚約者がいると断られたと言うことだった。

東十条はその状況を見て目を疑い、君が合コンの女王だったのかと唖然とする。

場が気まずい雰囲気になるが、そこは操が機転を利かせ、
桜子には無理矢理付き合ってもらい、桜子は合コンのことは知らなかったとフォローする。

合コンの女王は私ですと「今夜はたった1人の人に巡り合えた気がする!」と言いスープをこぼすと、その場は
なんとかおさまり、事なきを得たのだった。

若葉から電話があり、父親が魚春で待っていることを告げられる桜子。

取込み中だった桜子は取り合えずお酒を飲ますなとだけいい電話を切ってしまう。

桜子に会えずじまいだったが、欧介のおかげで魚春で楽しく一夜を過ごした勝。

外へ出ると桜子が迎えに来ていた。「お久しぶりですお父様!」

「お父様なんかじゃないよ!父ちゃんて言えよ父ちゃんと」

にこやかなムードの桜子と勝に欧介は一安心する。

一方、佐久間邸では桜子の父のことで話は持ちきりだった。

欧介は若葉と付き合っていて、これからデートだと皆に言う。

粕屋は例の件があっても、
なみのことを諦めないと意気込んでいた。

粕屋はなみを呼び出し会おうとするが、「粕屋さんとは恋愛関係にならないと思います」とはっきり言われてしまい落ち込む。

久しぶりの再会を果たした桜子と
父の勝。

桜子はしきりにお父様と呼び、次の日に東十条の家へ挨拶に行くための高級ブランド服とお父様マニュアルというノートを用意し勝に渡す。

「明日はこれを着てくださいお父様。明日までに
これを丸暗記してくださいお父様」

「なに?豪華客船の船長で1年の大半は海外。趣味はオペラ?」

桜子は父の素性を隠し、嘘を付き通そうとしていた。

勝はなんでこんな大嘘を付かなければいけないのか
と怒りだし帰ろうとすると、そこへ欧介が通りかかる。

欧介に気付いた勝は欧介に助け舟を求める。

桜子と勝は言い合いになっていたのだ。

「父親も洋服みたいにTPOに合わせて取り換えられればいいのに」

そういう桜子に対し、欧介はとっさに手をあげてしまう。

驚いた桜子もまた欧介の頬を叩いた。

手をあげたことを謝る欧介。

なぜそんなに取り繕うのか、このままで良いじゃないかと桜子を説得するが、
桜子は怒り、東十条家への挨拶も1人でなんとかするとその場を去ってしまう。

欧介は勝を佐久間の家に連れて行った。

ちょうどそのころ、粕屋は花房になみのことで話があるから、佐久間の家に来いと
伝えていたため、粕屋と花房もそこにいた。

花房はまた、なみを連れてきていた。

険悪なムードの中、勝は恋愛のいざこざを取り持とうと話を聞き、なんとかその場は争いごとにはならず、騒がしい飲み会
となって収まる。

次の日桜子は、父の体調が良くないと言い場をやり過ごそうとしていた。

その時、勝が現れ、桜子の渡した高級ブランドの服を着ていた。

勝は桜子に言われた通りマニュアルの内容をしっかり
暗記していたのだった。

なんとかマニュアル通りに事が運び、勝は次の航海へ行かねばと帰ろうとする。

「桜子、お前は死ぬまで俺の娘だ!海の上からお前の幸せを祈ってるぞ。ふっつかな娘ですが、
どうかよろしくお願いします」別れを言う勝の言葉を桜子はじっと聞き、思いつめた表情を浮かべる。

桜子は小さい頃、熱が出た時自分を抱きかかえながら病院を探し駆け回る勝の姿を思い出していた。

はっと立ち上がり東十条家を出る桜子。

勝の後を追っていた。

勝がバスに乗ろうとした時、桜子が走ってくる。

何も言わずに勝を見つめる。「父ちゃんはなぁ、もう2度とノコノコお前の前に顔出したり
しないから。あの大金持ちと結婚して幸せになれ。桜子。おめでとう」

何も言わず勝を見つめる桜子。

勝の目には涙が浮かんでいた。「元気でな。じゃあな」

「父ちゃんごめん、嘘つかして、ごめん」
桜子もまた目に涙を浮かべる。

勝は富山へ帰って行った。「たった1つの大切なものなんて、私にはわからない。今の私には東十条さんとの結婚以外大切なものなんてないの…もう後ろは振り返らない。
私は上手くやったのよ」と強がりを並べる桜子。

「きっとあなたの辛いこと全部忘れられる日が来るから」欧介が言う。

「子供の頃からずっと思ってた。いつか王子様が迎えに来て貧乏な私を助けて
くれるって…それはあなたじゃないわ」

「わかってます」「10秒だけこのままで…」桜子はそういうと欧介の肩にもたれかかった。

たくさんの涙が彼女の頬を伝い流れていった。

以上、ドラマ「やまとなでしこ」第9話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

ドラマ「やまとなでしこ」第10話 思いがけず飛び出した結婚式 あらすじ・ネタバレこちら

ドラマ「やまとなでしこ」第8話 やさしい嘘 たった一つのものって?あらすじ・ネタバレこちら

動画はこちら?

カテゴリー