トリック1 エピソード4話 村人が消える・・・あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「トリック」第4話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

第4話 村人が全員消えた

[あらすじ・ネタバレ]

巨大な建造物を一瞬で消す。

それはあらゆるマジシャンにとって、究極の夢であった。

ロベール・クレマンがエッフェル塔を消してみせたのは、70年代初頭のことである。

エッフェル塔前
に観客席が作られ、誰もが固唾をのんで見守る中、クレマンが合図を送る。

2本の鉄柱の間に一枚の暗幕が、するすると引き上げられていった。

一瞬の後、幕は引き下げられる。

エッフェル塔
は忽然と姿を消していた。

以来、マジシャンたちは、様々な消失現象に挑んだ。

飛行機が、自由の女神が、レインボーブリッヂが。

そこには心理学という名の、巧妙なトリックが潜んでいる。

だが本当にそれがすべてだろうか。

ある日、村中の人々が姿を消した、コンロはつけっぱなしになっており、突然消えたとしか考えられない。

そんな事件が起こった。

定食屋でバイトを
していた奈緒子(仲間由紀恵)は、客として現れた矢部謙三(生瀬勝久)に手品をふっかけられる。

トリックを見破った奈緒子は、矢部謙三に反撃してみせるのだった。

そんなとき、上田次郎(阿部寛)の下へ警視庁公安課長・伊藤公安(中丸新将)
が訪れる。

伊藤が訪れた理由…それは、マスコミにはまだ発表していない、不可思議な事件に直面している、ということだった。

その事件とは、村から人が蒸発したように消えてしまったというのだ。

事件が起きたのは、宝女子村という小さな村。

三日前、定年で辞めた人間の代わりに新しく、前田(加賀健治)という男が駐在所の警官として赴任した。

ところがその日、村に到着したばかりの前田からおかしな電話があった。

前田は村に誰もおらず、人っ子一人見当たらないというのだ。

もう一度探してみろといって電話を切ったが、その後、再び電話があった。

そして前田は最後に「この村は呪われている」と言って、署に戻ってきた。

署にたどり着いた前田は、ショックで口もきけない状態だった。

何か言い知れぬ力が、彼にも働いたのではあるまいかと、村中に連絡してみたものの、誰にもつながらなくなっていた。

そこで捜索隊を村へ派遣する。

しかし、誰一人として戻っては来なかった。

物理学者としての立場から、何か可能性が考えられないか、助言を求める伊藤公安。

そんな伊藤に上田次郎が見せたのは、
フレミング左手の法則。

宝女子村のある地底には、溶岩流が流れていて磁場が発生する可能性がある。

もし巨大な電流が流れたとした場合、当然、親指の方向へ向かって力が生じる。

つまり、村人は
空へ舞い上がってしまったと……しかしその場合、人間だけ消えた理由が納得いかないと付き人の警官が指摘する。

伊藤は、上田次郎に前田という男と会わせる。

すると前田は「村に戻ってはいけない。
行けばみんな消される」と、うわごとのように繰り返すだけだった。

上田次郎は、またしても奈緒子の家を訪れる。

そして本物の霊能力者の話をし始める。

名前はミラクル三井(篠井英介)。

前田という男は、
ミラクル三井が宝女子村の人たちを消してしまったと言っている。

駐在所に赴任したばかりの前田は、村人が誰一人いないことに気づいて、あちこち探し回った。

そしてミラクル三井と出会ったらしい。

ミラクル三井はどんなものでも、一瞬にして消してしまう力があった。

奈緒子はその話を信じている上田次郎を馬鹿にする。

しかしミラクル三井は宝女子村の出身。

そして村人に激しい憎悪を抱いているという。

ミラクル三井は、寺の僧侶として宝女子村に生まれた。

本来なら寺を継ぐはずだった。

だが厳しい修行をつづける内に、突然、不思議な力に目覚めたらしい。

三井が消えろと念じると、どんなものでも
たちどころに消えてしまう。

しかも物だけではなく、痛みや病、借金まで消してしまうとのことだった。

三井はしばらく村で霊能力者として活動した後、東京へ出て行った。

この世には、目に見える姿
とは別の姿がある。

自分はその世界との間で物を行き来させることができる。

それを世間に知らしめようとしたらしい。学者やマスコミの前で、いくつもの消失現象を演じて見せた。

だがあるとき、
それがトリックであることを暴かれ、彼は大衆の面前で大恥をかいた。

失意の三井は姿を消す。

それまで彼のことをもてはやしていた村人までも、手のひらを返したように、恥さらしと彼を迫害してしまったらしい。

つまり、そのときの復讐のために、三井は村の人を消してしまった、という可能性が強かった。

奈緒子は、その話を一笑に付し、上田次郎がひとりで村を調べに行くのが怖いのだ、と指摘する。

アパートに
いられない理由を作られた奈緒子は、渋々上田次郎と宝女子村へ行くことにしたのだった。

一方、里見(野際陽子)の下を訪れる瀬田(遠藤直哉)。

折り入っての願いがあるそうだ。

選挙に向けて、事務所の看板を書いてほしいと言うのだった。

いよいよ村へ足を踏み入れる奈緒子、上田次郎、前田たち。

村に到着するなり村人を捜し回る。

村のあちこちには不審な石像が置かれてあった。

開きっぱなしになっている一軒の家に入ってみる。
テレビや扇風機はつけっぱなしとなっていた。

そこで変な物音を耳にする奈緒子。

村はずれで不思議な石の建造物を発見し、そこを調べる。

すると奈緒子が、一瞬だけ女の子を見かける。

声をかけ追いかけるも、
女の子は姿を消してしまうのだった。

そんなとき突然、前田の叫び声がきこえた。

奈緒子たちが駆けつけると、そこにはミラクル三井が立っていた。

三井は自分を迫害した罰として、村人たちを消したと豪語する。

信じない奈緒子へ、三井は一本のビデオテープを取り出す。

そして再生した。

そのビデオは、かつて三井が起こした消失現象を一本にまとめたものだった。

しかし奈緒子は一目見

てそのトリックを暴く。

三井は15年前にも同じことを言われたと口惜しそうに言った。

その無責任な一言で、一生を台無しにされてしまったと。

目の前で消失現象を起こしてみせると言った三井は、前田を過去ごと消すことにした。

そうして引き起こされた現象は、遠く離れた警察署にまで及んだ現象だった。

以上、ドラマ「トリック」第4話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

トリック1 エピソード3 偉大なる母の死 あらすじ・ネタバレこちら

動画はこちら→

カテゴリー