トリック1 エピソード10 最終話 よくわからない展開 あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「トリック」第10話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

最終話 真犯人はお前だ!!

[あらすじ・ネタバレ]

奈緒子(仲間由紀恵)のアパートを訪ねる上田次郎(阿部寛)。

しかし部屋にはもう戻らないという書き置きがあった。

そこへ奈緒子の母・里見(野際陽子)も現れる。

一方その頃、奈緒子は
島に渡る船の中にいた。

黒門島にたどり着いた後、おかしな目眩に見舞われてしまう。

そんな奈緒子に次男(鴻上尚史)は、この島で婚礼の儀式を行うという風に説明する。

奈緒子の能力は
封じ込められていただけだと。

里見は上田次郎に、自分たちは霊能力者だと話す。

しかし上田次郎は、自分の目で見るまでは信じられないという。

そして自分が奈緒子を連れ戻すというと、
里見は激怒してそれを止めるのだった。

そんなことをすればあなたはすべてを敵に回す、と。

島では着々と婚礼の儀式がすすめられていく。

そして現れる婚礼の相手。

島でもっとも大きな
根っこを持つという黒津元男(柴崎蛾王)。

村人が上機嫌で宴をしているところへ現れる里見。

ついに儀式は終盤となり、別室に入って二人きりとなる奈緒子と元男。

だが急に怖くなった奈緒子は、
その場から逃げ出していく。

そしてずっと彼女をつけ回していたストーカー男に助けられる。

崖へ追い詰められた彼女の下へ上田次郎が現れた。

そして騙されている奈緒子を罵る。

奈緒子を連れて
逃げ出した上田次郎は、ひとまず奈緒子を隠れさせることにした。

上田次郎はすべてを証明してみせる。

すこしだけ時間をくれと言い残してその場を離れて行った。

船を探し回る上田次郎。そんな
彼の前へ現れる次男。

事を荒立てるつもりはないと言う。

そして風力発電機の場所へ連れていく。

島が死にかけていると調査にきた学者たちが作ったのだという。

電気を使うことで環境形態が変わり、
草や木はますます死に絶えたらしい。

かつてこの島は、いくつもの守護霊によって守られていたそうだ。

近代化の名のごとく、科学者たちがことごとくそれを壊していった。

近代化の妨げ
になると言って、彼らから言葉を奪った。

学校では方言が禁じられ、それを使った子供たちは廊下に立たされた。

それでも島の人たちは命がけで、こっそりと守り通してきたものがある。

それが「かみぬうり」だ。

上田次郎が奪おうとしている神聖な存在。

この世には穢してはいけないものがある。

どうしても納得できないなら、その目で本物の霊能力を見てもらう以外に
ないと言い放った。

上田次郎を簡単に殺せてしまう、という次男に対して、毅然とした態度で「霊能力で人は殺せない」と答える上田次郎。

そうして連れて行かれた一軒の小屋。

そこに
いたのは奈緒子の母・里見だった。

その頃、隠れていた奈緒子は元男によって見つかってしまう。

だが元男は逃げたければ逃げればいい。

見逃してやるという。

黒津元男は黒津家の本家。

そして次男と三男は分家であり、同じ黒津家であっても違うものだという。

そして分家のやつらは、本家に替わりこの島を乗っ取ろうとしているらしい。

そのためには、元男と奈緒子が
代々受け継いでいる物が必要なのだという。

それが手に入れば奈緒子と元男は殺されてしまう。

そして分家の奴らも知らない秘密の入り江があるとつづける。

そこに船が泊めてあるらしい。

元男はそれをつかって、奈緒子に逃げるよう言った。

里見と対面する上田次郎。

そして里見はこれから霊能力を見せるという。

その後、これ以上逆らうのなら、今度は殺してしまうと言うのだった。

村に戻ろうとしていた元男は、三男たち分家の連中に襲われる。

例の物を寄越せと詰め寄る彼らに、必死で抵抗をしてみせる元男。

そして奈緒子は、上田次郎に書き置きを残して、ひとり
逃げようとした。

だがその直後、上田次郎と合流することができた。

上田次郎は自分が見た里見の霊能力を奈緒子に語ってきかせると、奈緒子はすぐにタネを暴いてみせる。

そして里見が、
どうしてそんな見え透いたことをしたのかを不審に思う。

船のある場所へ向かおうとしている途中、上田次郎の傷が完治していることに気がつく奈緒子。

さらにバカンスへ来ていた矢部謙三(生瀬勝久)と
石原達也(前原一輝)とも合流する。

助けてほしいと願い出る奈緒子。

だが矢部謙三たちは休暇中のため、仕事をするわけにはいかないと答えた。

矢部を海へ突き落とした奈緒子は、上田次郎を連れて
船の下へ急ぐことにした。

すると船の場所で待っていた元男と再会する。

奈緒子がちゃんと逃げたか気になって見に来たのだという。

そして上田次郎を真の男と見込んで預かってほしい物
があると、ある物を手渡す。

それと奈緒子が持っている物が合わされば、シニカミの秘密がわかるらしい。

次男たちはこの島を自分たちの物にしようと、これをほしがっている。

シニカミが
何かを彼らは知っている可能性がある。

あいつらに絶対渡さないでくれと頼む元男。

昔からそれを巡って、本家と分家は仲が悪かったそうだ。

もしものときのために、偽物を用意していた
という。

こうして本物を上田次郎に託した元男を残して、奈緒子たちは島を脱出した。

次男たちが欲している物。それを察した里見は、自分が身代わりになろうとしていたのだった…。

以上、ドラマ「トリック」第10話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

トリック1 エピソード9 父を殺した犯人と母の謎 あらすじ・ネタバレこちら

動画はこちら→

カテゴリー