トリック1 エピソード9 父を殺した犯人と母の謎 あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「トリック」第9話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

第9話 父を殺した真犯人

[あらすじ・ネタバレ]

沖縄にはユタと呼ばれる女性たちがいる。

自らの中に霊魂を憑依させ、彼らの言葉を伝える、いわゆるシャーマンである。

シャーマンは、世界各地に存在する。

彼女たちが病気を治し、災いを
防いだ事例は、いくつも報告されている。

科学は、いまだそれを解明できていない。

120年に一度、島の東の海より神の遣わし物・シニカミは現れる。

あるいは災いの始まり。

死者が蘇ろうと
している。

我々に裁きを下すために。

あの女を呼び戻せ。

島を捨てたあの女を……シャーマンはそう伝えた。

奈緒子(仲間由紀恵)はまたしても上田次郎(阿部寛)の下へ呼び出されていた。

上田次郎の知り合いに
文化人類学をフィールドワークしている者がいるそうだ。

南の島を調べたとき、何人かの霊能力者に会ったという。

その男によると、霊能力者はみんなインチキで、おそらく植物から採取した
薬物のようなものを使って、人々を惑わしているんだろうという話だ。

その周囲の島には、いろいろと変わった植物が生えているらしい。

幻覚を見せる薬。

時には、飲むと恋に落ちてしまう
薬なんていうのもあるらしい。

一種の媚薬のことである。

奈緒子が出されたジュースを飲み干したときに、そのことを話す上田次郎だった。

そんなこんなで自宅へ帰る奈緒子。

そんな彼女の下へ、
一本の電話が入る。

電話の相手は、懐かしい、だけどありえない人の声だった。

翌朝、奈緒子の下へ一通の手紙が届いていた。

差出人は「あなたの未来を知る者」手紙は、予知能力を持つ者からだった。

予言した内容をニュースで知ることになる奈緒子。

手紙の内容はさらにつづく。

奈緒子は今日、素敵な男性と出会うことになるらしい。

彼はあなたにびっくりするような未来をもたらしてくれる、というのだ。

手紙に残された痕跡を辿りつつ、とある場所へ向かう奈緒子。

そこで待ち構えていたのは謎の男二人組。

彼らは奈緒子が来るのを待っていたという。

ある部屋へ通される奈緒子。彼らの名前は、
黒津次男(鴻上尚史)とその弟の三男(正名僕蔵)。

三男は自分たちのことを「予知能力ブラザーズ」と言った。

手紙のトリックを暴いた奈緒子は、その仕組みを説明してきかせた。

奈緒子の語ったトリックをきいて、
次男と三男は拍手をする。

そうまでしないと、奈緒子がわざわざ来てくれないと思ったのだ。

何かの勧誘だと思った奈緒子は、その場から立ち去ろうとする。

それを引き留める次男。そして
「黒門島」について話し始めた。

黒門島は南の方にある小さな島だそうだ。

次男と三男はその島からやってきたらしい。

奈緒子の母・里見(野際陽子)は、黒門島の生まれだという。

里見は結婚してから
ずっと長野に住んでいる。

奈緒子は黒門島の話を一度もきいたことがない。

それに対して次男は、何故、母親が自分の生まれた島について娘に話さないことを、不審と思わないのかと尋ねる。

三男は、里見が黒門島で何をしたか知ってるか、ときいた。

さらに奈緒子と里見に、それ相応の償いをしてもらう必要があるとつづける。

里見が島で何をしたのか、直接話をきいてこいと
ふたりは締めくくった。

自分たちはいつでもここにいる。

話はそれからだ、と。そして最後にこう言った。

「君のお父さんを殺したのは誰か、知りたくはないか」

奈緒子は、昨夜の電話の
いたずらも、次男たちがやったのかときくと、彼らは怯えた様子でこう言った「シニカミだ」と。

奈緒子は家に戻った後、母に電話をしてきいてみる。

何かを隠している様子の里見。

気持ちが
高ぶってしまった奈緒子は、一方的に電話を切ってしまった。

その後すぐ、上田次郎に連絡し、黒門島について調べてほしいと依頼する。

警察に向かった奈緒子。

石原達也(前原一輝)の協力で父の死に
ついての情報を得ることができた。

その夜、再びありえない相手からの電話を受ける奈緒子。

自分を信じてくれないことを嘆く電話の主。

奈緒子の自宅を訪ねてきた上田次郎。

黒門島のことを
調べてきたという。

フィールドワークしている友人によると、黒門島ではいま、おかしな現象が起こっているらしい。

島が死にかけている、とのことだ。

つい最近、科学者たちが島の調査に
入ったものの、理由はまったくわからなかった。

島の人たちの話では、十何年か前にひとりの巫女が島から抜け出して、島の霊たちを怒らせたせいじゃないかという話だった。

奈緒子はここ
最近あった不可思議な現象について、上田次郎に語って聞かせる。

そしてその現場で、その現象について検証することになった。

そこで不審な点に気がつく奈緒子。

再び次男と三男の下へ
向かった奈緒子。

そこで聞かされる里見の過去。

その後、島の植物は枯れ、鳥や動物たちもいなくなった。

岸壁は海に沈み始めたという。

しかし問題はそんなことではない。

もうすぐもっと
恐ろしいことが起こると呟いた。

そして里見の代わりに、奈緒子へ島に戻るよう説得する次男と三男。

奈緒子はそれを遮ってその場から立ち去ることにした。

その後、実家に戻ることにした
奈緒子は、母・里見と出会う。

奈緒子は胸の内を里見に話す。

里見も、自分の過去のことを語り始める。

そのとき、奈緒子は閃いた。

父の死の真相を掴んだのだ。

さらに証拠を求め、家の蔵を
調べようとする。

一度は里見に止められたものの、深夜遅くに蔵へ向かう。

そこで、父が作った奈緒子のための秘密の箱をみつける。

箱の中身を見た奈緒子は、自らを深く傷つけることになる。
傷心の彼女が向かった先は、上田次郎の研究所だった。

以上、ドラマ「トリック」第9話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

トリック1 エピソード10 最終話 よくわからない展開 あらすじ・ネタバレこちら

トリック1 エピソード8 イントネーションの違いがあだに・・・あらすじ・ネタバレこちら

動画はこちら→

カテゴリー