家政婦のナギサさん 第1話 家におじさんが・・・あらすじ・ネタバレ

[私の家政婦のナギサさん]

ドラマ「私の家政婦のナギサさん」第1話のあらすじ・ネタバレを紹介させていただきます!

[あらすじ]

製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。

そんなメイの28歳の誕生日の夜、
彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた!

その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)だ。

ひょんなことからナギサさんを
家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。

一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社の
MR・田所(瀬戸康史)が出現!突如現れ、自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所にメイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。

しかも田所はライバル
だというのに爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに…。

[ネタバレ]

相原メイ(多部未華子)は、天保山製薬のMR(医薬情報担当者/営業)。

仕事はデキるが家事力ゼロ。

そんなメイの子供の頃に夢は「お母さんになること」だったが、専業主婦に否定的な
母親・美登利(草刈民代)に真っ向から否定される。

「お母さんになりたい」なんてそんなくだらないことはもう言わないで。

以来メイは、「男に負けない仕事のできる女性になって」と
母が叶えられなかった夢を押し付けられてきた。

今日は、メイの28歳の誕生日。

朝起きると恒例の母からの誕生日コールがある。

優秀社員賞、今年もとれるといいわね。メイはやれば
できる子だから…。

28歳か、結婚は?でもまだ仕事を頑張らないとね…。

ゴミ屋敷のような部屋でイヤリングを探すメイは、一方的に言いたいことだけ言う母の電話を話半分に聞いている。

MRは医薬情報担当者として営業する仕事。

実際に薬を売るのは卸(おろし)。

MRは毎朝卸さんと情報交換する。

会社に戻るとミーティング。

メイが所属する北横浜チームは全体の納入実績が
7%落ちているが、個人で成績をアップしたのはメイひとりだけ。

ライバル会社・アーノルド製薬が業績を伸ばしているのが業績が落ちたひとつの要因だ。

メイは慌ただしく営業回りをした後、
新支店長(富田靖子)が主催してくれたメイの誕生会に出席。

メイの誕生会には、新しい支店長が遅れて参加する。

28というろうそくが立つケーキは支店長の手作りだった。

チームリーダーの
松平(平山祐介)が副支店長に昇格し、メイが新しいチームリーダーに任命される。

表面上は祝福する男性社員たち。

「こ・と・わ・れ」と囁く薫(高橋メアリージュン)。

新支店長はこれから
何年も続く負けられない戦いが始まるからこそ、チームリーダーをメイにお願いしたいという。

チームリーダーに昇格したことにウキウキしながらメイが帰宅すると、なぜか電気は付けっ放し、
鍵も開いている。

おそるおそる部屋に入ると、そこに立っていたのは、メイのブラジャーを持って立っているエプロン姿のおじさん。

イヤーーーーーーーーーーー!!! と悲鳴を上げるメイ。

妹の唯(趣里)が出てきて、おじさんは唯が雇った家政夫だった。

家事力ゼロで散らかり放題の部屋に住むメイを心配した唯からの誕生日プレゼント。

ナギサさん(大森南朋)は予約のとれない
伝説の家政夫。掃除や洗濯を完璧にこなしていた。

とりあえず唯が前払いした4日間トライアルコースを試すことになる。

「もう結構です」と断るメイだが…。

メイは営業先の新院長が好きだ
という「北斗の拳」を読む。

会社に行っても「おじさんが下着を洗うなんて~~無理無理」と苛立つメイだが、新支店長にもハッパをかけられ、営業に出かける。

作戦通り、「北斗の拳」の
話で盛り上がり、新薬の営業で好感触を得たメイ。

アーノルド製薬の田所(瀬戸康史)とすれ違う。

卸に確認してクリニックを再び訪ねると、朝とは態度の違う若先生。

アーノルド製薬と
迷っているらしい。

メイが次の営業先に向かおうとすると車のエンジンがかからない。

そこに現れた田所が自分の車からメイの車にバッテリーを充電させて助けてあげる。

なんとその田所が、
やり手と噂のアーノルド製薬のハイスペック営業マンだったのだ。

帰宅するとメイの部屋は別ものみたいにキレイに整頓され、タオルもふかふか。

ナギサさん(大森南朋)が夕飯を作って待っていた。

依頼をキャンセルしたいと言い出すメイだが、お腹はペコペコ。

ナギサさんの作った料理についつられてしまう。

こんなに家事ができるなら、どうして家政夫を選んだのか…。

家事って
つまらなくないですか?というメイの問いにナギサさんはこう答える。

家事は仕事だと思っています。

小さい頃、お母さんになりたかったんです。

ちょっと踏み込み過ぎたかなと思ったメイ。

それにメイにとって「お母さん」は呪いの言葉だった。

ナギサさんが帰った後、ふかふかのベッドに感動するが、すぐ我に返って仕事を始める。

翌日、新入社員の瀬川(眞栄田郷敦)の教育係を
任されるメイ。

目を見て話も聞かずにスマホにメモしていたり、今ドキの若者らしい雰囲気。

卸の担当(ずん飯尾)に怒られるとすぐに「向いてない」と凹み出す。

新人の面倒見てる場合じゃない、
といいながらナギサさんの弁当を食べるメイに薫が驚く。

いつもゼリーばかり食べているメイの弁当には野菜も入っているし、肌艶もいい。

おじさん家政夫が来ていると言えないメイは母親が
作ったとごまかす。

メイは田所に負けられない、とさらに取材や勉強を重ねる。

「メイはやればできる子」「あなたならできる」母と新支店長の言葉がメイにプレッシャーをかける。

夜遅くに
帰宅したメイを待っていたのは、ナギサさんの作った煮込みハンバーグ。

それを食べながら徹夜仕事をするメイ。

一方、ナギサさんは、自分が行くことがメイにとっていいのかどうかを考えていた。

自分がいることがストレスになるなら辞めたほうがいいのではないかと唯に相談する。

唯は家庭環境について打ち明ける。

母親がプレッシャーをかけ続けて来たこと、自分が授かり婚で離脱したため、
その分メイがひとりで背負っていること。

そしてもう1つ、ナギサさんに依頼した理由がある…。

メイは再び営業先のクリニックを訪れるが、若先生は今回はアーノルド製薬に決めたという。

薬の効能には大差がない。決め手となったのは、田所が他社との比較ではなく、そのクリニックの患者に必要な薬はどんな薬か、と患者のことをいちばんに考えた営業をしたことだった。

ショックを受けて缶チューハイを飲み、ふて寝するメイ。

ナギサさんがくると、メイは愚痴り始める。私、負けたんです。

今の私から仕事とったら何も残らない。

なにやってんだろー…
あなたは立派な努力家です。

最初に部屋を片付けたとき、すぐにわかりました。

ほかのものはグチャグチャだけど、MR関係のものだけは手が届くところにあった。

メイさん、あなたは本当に頑張っています。

 

いくら頑張っても結果が出なければ意味がない。

意味がないなんて言わないでください。

失敗は進化の種、いつか必ず実を結ぶ。

頑張ってるとナギサさんに言われて少しほっとしたメイ。
部屋に行こうとするがふらついて歩けないのでナギサさんにおんぶしてもらう。

ナギサさんが帰ろうとすると、「行かないで、お母さん…」と寝言を言うメイ。

ナギサさんの手を握って離さないため、
ナギサさんは朝まで手を握ってあげていた。

朝目覚めるたメイは、おじさんがいたことに驚愕。

なんで?おじさんとずっと手を繋いでいたの?パニックになったメイは、隣りの部屋の住人が
田所(瀬戸康史)であることを知る。

4日間のトライアルが終わったというナギサさんがこの先どうするかを聞こうとすると、メイの母・美登利(草刈民代)がやってくる。

メイはますますパニックになるのだった。

以上、ドラマ「私の家政婦のナギサさん」第1話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

私の家政婦のナギサさん 多部未華子の衣装(ジャケット、ピアス、スカート、パンプス)はどこのブランド?こちら

カテゴリー