半沢直樹2 第1話 ようやく戻ってきた銀行マン あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「半沢直樹2」第1話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

 

[あらすじ]

東京中央銀行のバンカーとして活躍していた半沢直樹(堺雅人)。

しかし、大和田常務(香川照之)の不正を暴き糾弾したことが原因となり、中野渡頭取(北大路欣也)から、子会社で
ある東京セントラル証券へとまさかの出向を命じられてしまう。

こうして出向先の東京セントラル証券・営業企画部長となった半沢。

扱う金融商品企画はどれも銀行時代とは比べものに
ならないほど小さなものだった…

それに加えて、親会社の銀行からは不良案件を押し付けられる始末。

さらに、銀行からの出向組に対するプロパー社員たちの不公平感は根強いものがあり、
反骨心と確執が渦巻いていた。

一方、大和田は、敵対していたはずの中野頭取派に華麗に転身、保身のために組織を利用し新たな地位を築いていた。

さらに、大和田の忠実な部下である
証券営業部長・伊佐山泰二(市川猿之助)もまた、“半沢潰し”を目論んでいた。

そんなある日、東京セントラル証券に大型買収案件が舞い込む。

プロパー社員・森山雅弘(賀来賢人)が
担当する大手IT企業「電脳雑伎集団」が、瀬名洋介(尾上松也)率いるIT業界の雄「東京スパイラル」を買収したいと申し出て来たのだ。

買収における株式取得にかかる費用はおよそ
1500億円以上。

東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。

「銀行を見返せ!」と大規模買収に沸き立つセントラル証券だったが、突如電脳雑伎集団からアドバイザー契約を
一方的に断ち切られてしまう—。

そして、これが新たな銀行との戦いの始まりになるとは、この時の半沢は知る由もなかった。

飛ばされた半沢は銀行に下剋上なるか!? 不屈のバンカー
半沢の新たな戦いが今、始まる!

[ネタバレ]

中野渡から東京セントラル証券へ出向させられた半沢は、森山が担当する大手のIT企業・電脳雑技集団から東京スパイラルを買収したいとの話を受ける。

そのために半沢たちにアドバイザーを
頼みたいと言われ、1500憶円以上の株式取得費用がかかることからも大型案件となる。

早速買収に向けての策が練られるが、勢いのあるスパイラルが相手となると敵対的買収になる可能性も考える半沢。

森山によるとスパイラルは、社長である瀬名と一緒に会社を立ち上げた清田と加納との意見の違いが露見しているとのこと。

そんな中、伊佐山から面倒な案件を押し付けられる半沢たち。

伊佐山は
大和田を目標としていたため、その大和田を失脚させた半沢を敵対視していたのだった。

一方、電脳雑技集団の買収案件の報酬を、成功報酬にするとの指示が社長の岡から出る。

成功できなかった
場合1円にもならないため、半沢は慎重に考えようとしていたが、諸田が手を回していたのだった。

さらに、電脳の担当だった森山が案件のメンバーから外されてしまう。

諸田は銀行からの出向組で
プロパー社員を見下しているため、案件のメンバーは出向組だけで編成したのだった。

2週間後、買収案を持って電脳を訪れたものの、その間一切連絡がなかったためアドバイザー契約を断られてしまう。

諸田に連絡をするように指示した半沢だったが、していなかったのだ。

電脳に断られたことで、早速伊佐山は半沢に責任を取らせようと動く。

一方、半沢は森山がまとめていたスパイラルについての
情報を見て、何かに気づき森山の元へ。

森山と瀬名は中学時代、同じ剣道部に所属していて親友だったが、瀬名の父親の工房が潰れてから音信不通になったと言う。

森山は、瀬名の経営方針を理解して
貰えれば、両者のためになる買収にできると考えていて、買収案も考えていた。

その案を見た半沢は、ひどいが面白いと言い、その案を一緒に詰めていく。

その後、電脳を訪れた半沢は電脳がアドバイザー
契約を他の会社に乗り換えたことを指摘するが、提案すら見て貰えなかった。

不審に思った半沢は渡真利に連絡し、東京中央銀行の証券部が1500憶円の融資を行う案件があると聞かされる。

電脳の情報を
得た銀行が、横取りしたのだと考える半沢。

その頃、伊佐山が電脳を訪れ、提案書を社長の平山と副社長の美幸に見せていた。

それを見た2人は驚きながらも喜び、その場で決済すると言うのだった。

翌日、銀行の役員会議の中で電脳の案件が議題にあげられ、驚く大和田。

三笠の後押しもあり、中野渡も同意し稟議が通るのだった。

電脳がスパイラルの30%株式を取得したとの記者会見が開かれ、
時間外取引で買い付けられたことに気づく半沢。

その直後、瀬名が緊急会見を開き、対抗処置を取ると表明する。

森山は、加納と清田の所持していた株を電脳に売ったのだろうと考える。

2人は副頭取から10%上乗せで買い取るとの条件を出され、話に乗ってしまったのだった。

森山は半沢からの助言もあり、迷いながらも瀬名に連絡を取る。

昔よく行ったお好み焼き屋で待っていると、
嬉しそうな顔でやって来て一緒に食事をするのだった。

そんな中、新たな異動の打診が来たと見せられる半沢。

そこに森山が帰ってきて、会わなければよかったと話す。

食事の後、スパイラルに
立ち寄った森山に、セントラル証券が電脳のアドバイザーである東京中央銀行の子会社であることを指摘した瀬名。

時間外取引のことをなぜ教えてくれなかったのかと責められ、知らなかったという
言葉も信じて貰えなかったのだった。

夜中、三木が諸田のメールを削除しようとしていたところを押さえた半沢と森山。諸田が伊佐山に情報をリークする代わりに、銀行にへの栄転を取り付けたことを
聞き出す半沢たち。

諸田が伊佐山と会っているところに現れた半沢はリークした証拠を突きつけ、問い詰める。

伊佐山の責任も追及しようとする半沢だったが、既に手を回して、メールの受信記録を
サーバーごと削除させていた。

立ち去ろうとする伊佐山に向かいこのままにするつもりはないことを示し「やられたらやり返す、倍返しだ」と言う半沢だった。

 

以上、ドラマ「半沢直樹2」第1話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

半沢直樹続編 気になるキャストは誰?原作はどの作品?いつから放送?
こちら

半沢直樹続編 ロスジェネの逆襲のあらすじ ネタバレ
こちら

カテゴリー