未満警察 ミッドナイトランナー 第4話 中島健人に恋?あらすじ・ネタバレ

ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」第4話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

ある日の夜、寮の部屋では、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)がスマホで恋愛映画を見ていた。

エンドロールが流れ始め、感動の余韻にひたる一ノ瀬。

一方、男子校出身で恋愛に
疎い本間はラブストーリーの内容が理解できず、これには一ノ瀬も半ば呆れ気味に。

翌日、警察学校の教室では、教官の片野坂譲(伊勢谷友介)の座学が行われていた。

「警察官たるもの己の
限界を知ることも重要だ」と説く片野坂の言葉を真剣に聞く本間。

そんな本間の横顔を、同期のさやか(竹内愛紗)がどこか思いつめたような表情で見つめていた。そんな中、午後からの体力
トレーニングの授業中、今度は訓練についていけず大怪我をしそうになるさやか。

同じく同期の田畑(小平大智)は、少し様子のおかしいさやかのことが気になり…。

その夜、自身のSNSアカウントに
「死にたい」と投稿するさやか。

すると、〝指友指助〟というハンドルネームのカウンセラーを名乗る男からリプライ(返信)があり、さやかはその男にDM(ダイレクトメール)を送る。

翌朝、
さやかは寮から姿を消していた。同期の仲間たちが心配する中、本間はさやかから届いたメールを一ノ瀬に見せる。

そこには助けを求めるS0Sのようなメッセージが書かれていた。

その文面を見て、
あることに気づいた一ノ瀬は、さやかに電話をするように指示。

すぐさま本間はさやかに電話をかけるが、さやかがその電話をとった直後、彼女の目の前に指友指助

(忍成修吾)が現れ…。

[ネタバレ]

一ノ瀬と本間は部屋で恋愛映画を見ていた。

エンディングを迎え、一ノ瀬はいたく感動するが、本間はラブストーリーの内容がいまいち理解できなかった。

本間は「男子校出身だから恋愛事は疎いんだ。」
と言い訳をし、一ノ瀬は呆れてしまうのだった。

翌日、片野坂の座学が行われていた。

片野坂の「警察官たるもの己の限界を知ることも重要だ」との言葉を、本間は真剣に聞く。そんな本間を同期の野原
さやかが思いつめたような表情で見つめていた。

その後、さやかは体力トレーニングの授業についていくことが出来ず、連帯責任で全員もう一度トレーニングをやらされるはめになっていた。

そしてさやかは
ついに大怪我しそうになってしまう。

その夜、さやかは自身のSNSアカウントに「死にたい」と投稿する。すると『指友指助』というハンドルネームのカウンセラーを名乗る男からリプライがあった。

さやかはその男にDMを送ることに。そして2人は会う約束をするのだった。

翌朝、さやかは寮から姿を消しており、同期は皆心配する。

そんな中、本間はどこか上の空だった。

実は今朝、本間のLINEにさやかから
『死にたい。助けて。』と連絡があったのだ。

本間は一之瀬にそのLINEを見せる。

一ノ瀬は「うわ、やばいこれ。愛の告白だよ!これは匂わせ。」と告げ、さやかからの文章は縦読みで「すきでした。」と
読めることを本間に説明する。

本間はさやかに電話をするが、さやかは出ない。

やっとさやかが電話に出たかと思ったが、さやかの目の前に待ち合わせしていた指友指助が現れたため、すぐに電話は切られて
しまうのだった。

本間はさやかの電話から聞こえてきた店員のメニューを読み上げる声から、喫茶店を特定する。その頃、自殺と見せかけた首吊りの他殺遺体が発見され、柳田達が駆けつけていた。

同様の遺体が見つかるのはこれで四人目だった。

そしてこれは指友指助の犯行だと、柳田は特定していた。

さやかは指友指助から「あなたを救いたい。皆、僕と話した後は死にたいなんて言わなくなります。」
と告げられていた。

その現場を、喫茶店に駆けつけた本間が隠れて写真を撮る。

そして同期達に写真に送るが、皆その男のことは知らないと言う。

柳田達は、指友指助は被害者と接触するたびに携帯を変えて
いることが分かった。

そして柳田は現在指友が使っている携帯に電話を掛けるのだが、電話に出たのは本間だったので驚く。指友は喫茶店に携帯を忘れて、さやかと共に喫茶店を出たため、本間が携帯に出たのだ。

そして柳田は本間に「この携帯の持ち主を追え!そいつは女性を四人も殺している!」と告げ、本間ははじかれた様に喫茶店を出て、2人を探す。

指友はさやかを車に乗せ発進したところだった。
本間は同期に指友のアカウントを調べてくれと連絡し、自転車で必死に2人を追う。

ようやく車に追いつくと、そこは団地の駐車場であり、もう指友とさやかの姿は無かった。

本間は指友のスマホをかざしながら一軒一軒回る。

指友の家の前ならWi-Fiが自動で繋がると思ったのだ。

そして本間は自宅を特定し、呼び鈴を鳴らす。

しかし誰も出てこない。

鍵はかかっていなかったため、本間は恐る恐る中に入る。

クローゼットを本間があけると、
今までの被害者四人の写真や「死ぬまでにやりたい5つのこと」と書かれた紙が張り出されていた。

すると人の足音が聞こえてきたため、クローゼットの中に咄嗟に隠れる。

クローゼットが開けられ絶対絶命かと思いきや、
そこにいたのは、及川と片野坂だった。

柳田から連絡を受け、ここへ来たのだという。

さやかは指友の玄関前まで行ったものの、やはりよく知らない男性の家にいきなり上がるのは躊躇したため、2人はまた車へと戻っていたのだ。

車の中で、さやかは指友から「死ぬまでにやりたい5つのことを書いてください。」と紙を渡され、書かされていた。

指友はさやかが書いたものを見ながら「なるほど、それでは今日はこの中の一つをやってみましょう。」と告げ、
一番始めに書いたやりたいことに星マークを付け、車を発進させるのだった。

本間は及川に連れられ警察学校へと戻るのだが、その際に片野坂に「野原のことは絶対助けてください!よろしくお願いします!」と叫んでいた。

警察学校へと戻った本間は、同期に迎えられる。

その時、田畑が「僕、野原さんのことが好きなんだ。一目惚れだったんだ。野原さんはご飯を食べる姿がすごく綺麗だったんだ。あんな人初めて見たんだ。野原さんの食べてるとこ、
また見れるかな。そのために僕らが出来ることってなにもないのかな。」と告げる。

一ノ瀬は「教官の授業を思い出そう。限界が来ても自分達が今できることをやればいい。」と告げる。

その言葉を聞いて、本間はあることを思いだし、指友のアカウントを確認する。

そして本間は「やばい。このままじゃ野原は助からない。犯人の正体は…」と告げる。

その頃、柳田達は指友の居場所を突き止め、指友を確保し、
拉致されていた女の子を保護する。

しかしこの指友は、さやかと一緒にいた男ではなく、この女の子もさやかでは無かった。

さやかと指友は、小学校に忍び込んでいた。

さやかは小さい頃描いた絵を見たいと紙に書いていたのだ。
自分が描いた絵を見ながら「私、最初から死にたいだなんて思っていなかったことが今分かりました。」と話す。

すると指友の表情が変わり、さやかにナイフを向ける。

指友は「生きたいって思ったの?死にたくないなら
生きたいって口にだして言ってごらん。」と告げ、さやかは恐怖におののきながら「生き、たい」と蚊の鳴くような声が告げるが、指友は「だめ~!俺がもうその気になっちゃったから。」と嫌な笑みを浮かべる。

その頃、片野坂は柳田に電話をし「指友を名乗る人物は一人ではなく複数いる。」と告げ、柳田も「俺もちょうどそう思っていたところだ。」と告げる。

その時、本間から片野坂に電話が入り、「指友は三人います。
SNSを確認したら書き方に3パターンありました。

殺人衝動のあるシリアルキラーが三人共同でこのアカウントを使用しているんです。」と告げる。

さやかはガムテープで縛られ、指友にロープで首を絞められていた。

そこへ本間が駆けつけ、指友と揉み合いになるが、本間が指友をねじ伏せる。

その後に同期も駆けつける。

さやかの目隠ししているガムテープを田畑が外そうとするのだが、さやかが「本間くん?本間くんだよね、助けに来てくれたの。」と告げる。

田畑は後ろに下がり、本間が外してあげる。

そしてさやかは本間に抱き着き、泣きじゃくるのだった。

翌日、残りの一人の指友も逮捕され、これにて事件は解決となった。

さやかは同期に頭を下げて「短い間でしたけど本当に
お世話になりました。

己の限界を知って初めて自分が出来ることとできないことに気が付いた。私は警察官に向いてない。諦めるしかない。でも人の役には立ちたいの。カウンセラーになりたい。限界に気付いたから新しい道が見えてきた。」

と晴れやかな笑顔で告げる。

そんなさやかを同期は激励する。

本間は「なあ野原、あ、や、あの、誤解だったら申し訳ないんだけど。あの。俺ここを卒業するまでは…」と告げるが、さやかは「うん、それ誤解。読み直してみて、
過去形だから。」とさっぱりと告げる。

本間がさやかからの縦読みLINEを読み返すと、確かに過去形の『好きでした。』になっていた。

さやかが警察学校の門を出て涙を流していると、本間から『がんばれよ』と一文字ずつ区切ったLINEが入って、
「縦読み下手すぎ」と泣きながら笑うのだった。

以上、ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」第4話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

未満警察 ミッドナイトランナー 第3話 最後のハグにざわつき あらすじ・ネタバレこちら

動画はこちら→

カテゴリー