半沢直樹2 第2話 スパイラルにホワイトナイト?あらすじ・ネタバレ

ドラマ「半沢直樹2」第2話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

東京中央銀行に大型買収案件を横取りされた半沢(堺雅人)は、部下の森山(賀来賢人)とともに銀行に逆襲を誓うが、依頼主である電脳雑伎集団・副社長の美幸(南野陽子)たちからは
全く相手にされず追い返されてしまう。

そこで、電脳の買収相手であるスパイラル社長の瀬名(尾上松也)に再度アプローチを試みるが…「銀行の子会社なんか信用できない」と拒絶され、
八方塞がりに。

一方で、半沢たちを裏切り銀行に戻った三木(角田晃広)だったが、希望していた営業ではなく、伊佐山(市川猿之助)や諸田(池田成志)から雑用ばかり言いつけられる
不遇な毎日を過ごしていた。

瀬名は太洋証券の広重(山崎銀之丞)のアドバイスにより、新株発行でこの難局を乗り越えようとしていた。その新株の買取先・ホワイトナイト役に名乗りを
上げたのは、なんと瀬名の憧れとも言うべきIT業界のカリスマ・フォックス社長の郷田(戸次重幸)であった。しかし、そこには巨大銀行の新たな罠がしかけられていて…。

[ネタバレ]

東京中央銀行に大型買収アドバイザー案件を横取りされた半沢直樹(堺雅人)は、部下の森山雅弘(賀来賢人)とともに銀行への逆襲を誓い、まずは、親会社による案件横取りの違法性を
指摘するとともに、改めて、スパイラル買収に関する提案を電脳雑伎集団の平山一正(土田英生)社長と副社長の美幸(南野陽子)に提示するのですが、彼らは全く相手にしてくれません。

一方、買収ターゲット側の東京スパイラル社長の瀬名洋介(尾上松也)へのアプローチも、当初、森山は無視され続けます。一方、半沢たちを裏切り、案件横取り前線で働いた功績により、
三笠洋一郎(古田新太)副頭取の計らいで銀行への異動辞令を受けていた三木重行(角田晃広)だったのですが、異動先は営業ではなく総務です。

で、伊佐山泰二(市川猿之助)や同時に
異動辞令を受けていた上司の諸田祥一(池田成志)から、お茶汲みやコピー取りの雑用ばかりを押し付けられる不遇な日々を送っています。

東京スパイラル社長の瀬名は、「太洋証券」
営業部長の広重多加夫(山崎銀之丞)のアドバイスにより、新株発行でこの難局を乗り越えようとしていました。

その新株を引き受けようというホワイトナイト役に名乗りを上げたのは、
瀬名の憧れのIT業界のカリスマ、PC関連(周辺機器)販売大手フォックス社長の郷田行成(戸次重幸)です。

ホワイトナイト役を演ずるに当たっての資金、1千億円の手筈はすでに整っていると
郷田は言っています。

が、大型投資の失敗などでフォックスの業績は悪化していますから、1千億の資金調達は自力では不可能です。いずれかの銀行融資に頼らなければならないはずです。

そして、フォックスのメインバンクは東京中央銀行です。

ここから金が出ているとすれば、これは大いなる矛盾です。

敵対的買収を仕掛けている側と、それを阻止しようというホワイトナイト
への資金提供ということでは妙な話です。

渡真利忍(及川光博)と苅田光一(丸一太)が、智美(井川遥)が女将の小料理屋で、半沢と森山に新情報を齎(もたら)します。

が、証券部の
資料入手はかなり困難で、「鉄壁の要塞」とのこと。

ここを突破できる人物がいるとすれば、雑用に追われている三木です。

後日、そんな三木と居酒屋で会う半沢と森山。

三木は、半沢と
森山に謝罪したうえで、伊佐山が持っているスパイラル買収計画書を何とか入手しようとしています。

御茶汲みをさせられている三木を見かねて、営業での仕事をと伊佐山に進言してくれた
半沢への恩義と、そして、自分を一人前に扱わない伊佐山に、一矢報いたいという気持ちが三木にはあります。

半沢が最後の詰めに入ります。

渡真利の情報では、昨日の中央銀行役員会で、
1千億円融資が承認されています。

で、この金が郷田社長の率いるフォックスへの融資と分かります。

東京中央銀行に、スパイラル買収案件情報を流していたのは、郷田なのでした。

翌朝、8時前。
太洋証券営業部長の広重が、スパイラルの瀬名に新株発行契約書へのサインを求めてやって来ます。そんな時、半沢が瀬名に電話を入れ、それを受けて、瀬名は郷田に問い合わせです。

半沢は、ホワイトナイトとしての融資資金の出所は東京中央銀行であることを瀬名に告げます。

そのうえで、それを秘して、郷田に「融資元を訪ねて欲しい」と言います。

で、瀬名の問いに、
郷田は「融資は白水銀行からです」と答えて、郷田の嘘がハッキリします。本当は、東京中央銀行なのですが、それは言ってはいけない約束になっています。

ともあれ、郷田がホワイトナイトを
装う悪の一味であることがハッキリします。

半沢と森山は、急ぎ、スパイラルに駆け付けます。

半沢は、広重が推し進めようとしている詐欺まがい契約を寸前で阻止します。

それから、広重の
電脳との関わりを指摘します。

が、彼は電脳の人間とは会ったことも無いと言って、関与を完全否定。

しかし、浜村瞳(今田美桜)から森山に、電脳の平山一正、美幸と広重が親し気に
会っている場面の画像が転送されていました。

副社長と広重は抱擁もしています。

それを広重に提示し、こちらの嘘もバレます。

一方、確かな証拠を入手しようと、三木は伊佐山の引き出しの
中の書類を狙っています。

電脳雑伎集団によるスパイラル買収計画が机の引き出しに収納されるのを見ています。で、伊佐山が部屋を出たのを確認後、マスターキーで部屋に忍び込み、
この計画書をスマホ撮影。

半沢に転送します。ホワイトナイトを装うフォックスの郷田と、そのアドバイザー会社、太洋証券の広重は、ホワイトナイトとして買い占めた新株をそのまま
東京中央銀行と電脳側に持ち込む算段でした。

それで、完璧にスパイラル株の過半数を電脳が得ることになります。それが、伊佐山が描いた絵図でした。広重が、そのことを白状します。

詐欺契約の成功を確信している郷田が、副頭取の三笠洋一郎(古田新太)、伊佐山、「電脳」社長と副社長が待つ部屋に入ります。

そこに電話が入ります。伊佐山が広重からの電話を受け、
全てが半沢にバレたことを告げられます。

早速、伊佐山に呼び出しを喰らう東京セントラル証券社長の岡光秀(益岡徹)と半沢。副頭取の三笠洋一郎(古田新太)も同席。

「今回の件はどういうことなのか、説明せよ」と伊佐山。半沢の邪魔立てを叱責します。

伊佐山は、銀行が案件を横取りしたのではなく、電脳がアドバイザーとして銀行を選んだだけのことだと主張。

であれば、アドバイザー先の電脳の利益追求に知恵を貸すことに違法性は無いということになります。

親会社の銀行に逆らう子会社の行動にこそ、違法性があると、伊佐山が半沢を責め立てます。

が、半沢は、東京セントラル証券が東京スパイラルとアドバイザー契約を締結していると言って、徹底抗戦を宣告。

日頃、顧客第一主義を標榜している中野渡謙(北大路欣也)頭取の言葉を持ち出し、
スパイラル最優先での戦いを宣告します。

銀行を後にしようとしているところに、大和田曉(香川照之)からの電話が入ります。岡社長と半沢は、中野渡頭取の部屋に呼ばれます。

頭取の背後に
大和田が立っています。

「御社は本行と敵対するわけですか?」と大和田が半沢に問います。

半沢は、その言葉に怯(ひる)むことなく、中野渡頭取に対しても、「全身全霊をかけて戦う」と宣言。
電脳と銀行を徹底的に叩く覚悟であると告げます。

「お覚悟を!」と言う半沢に、頭取は、「顧客第一主義、それが我々の使命だ。頑張ってくれたまえ」とエールを送ります。

親会社と子会社の
関係ではあっても、両者は「ライバル」として平等に、自らの顧客の利益最優先で戦うことになります。

伊佐山は、体勢を立て直し、スパイラル株の公開買い付けを進めると、三笠副頭取に
今後の方針を伝えます。

三笠副頭取は手にしていたペンを折り、「完膚無きまでに叩き潰せ」と、伊佐山に命じます。

半沢は、「目には目を!」ということで、電脳に対して、逆買収を
仕掛けようと考えるのでした。

以上、ドラマ「半沢直樹2」第2話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

動画はこちら?

カテゴリー