死役所 3話 シ村が死刑になった衝撃の事実 あらすじ ネタバレ

死役所 3話

あらすじ

シ村(松岡昌宏)が

 参照 tv-tokyo.co.jp

生前に死刑になったことを知った

三樹ミチル(黒島結菜)は

 参照 tv-tokyo.co.jp

怒りをぶつけてしまいました。

一瞬、シ村の顔から笑顔が消えたが

すぐにいつもの表情に戻り

「仕事がありますから」と去っていってしまいます。

いつもとは異なる鋭い表情に言葉を失うミチルでした。

その後、ミチルは

職員のニシ川(松本まりか)と

 参照 tv-tokyo.co.jp

ハヤシ(清原翔)に

 参照 tv-tokyo.co.jp

「なぜ人を殺したんですが?」と問い詰めるも

明確な答えは得られずに苛立ちは募るばかりでした。

「どうにかしてくれよ!!」

と絶叫する声が聞こえ、

ミチルが駆けつけると若い男が暴れていました。

彼の名前は坂浦眞澄(三浦貴大)と言います。

 参照 tv-tokyo.co.jp

父親と同じく家業の定食屋で殺されて、

「なんで俺も殺されなきゃなんねぇんだ!!」と

自分の死を受け入れていませんでした。

一先ずシ村と

他殺課のイシ間(でんでん)は

 参照 tv-tokyo.co.jp

眞澄を落ち着かせて成仏申請書を書いてもらいます。

そして、真澄は自分が殺された時のことを思い出していき…。

 

ネタバレ

父親が殺されて12年、

ようやく店を受け継いだ真澄は、

 参照 tv-tokyo.co.jp

妻のワカコや父の時代からの常連客に支えられ

何とか店を切り盛りしていました。

そして、もうすぐ子供も産まれる予定だったのです。

だが、これからという時に突如店に入っていた

黒帽子の男に真澄は腹を刺され、

ワカコの目の前で息を引き取ってしまいました。

イシ間は

 参照 tv-tokyo.co.jp

死役所のデータベースで真澄を殺した人物について調べました。

そして、ハラシマという人物であると判明するのです。

その名前を聞いた真澄の表情は一変し、

「ぶっ殺してやる!」と出て行ってしまいます。

真澄を追いかけたミチルは

 参照 tv-tokyo.co.jp

「私も殺されたんです」と打ち明け、話を聞くことにしました。

ハラシマは12年前に真澄の父親を殺した人物だったのです。

過去の事件について調べるシ村とイシ間ですが、

ハラシマは元従業員で店の売り上げを盗もうとしたところを

真澄の父に見つかり殺害したのでした。

その後、裁判で真澄が証言をして実刑判決が下ったのでした。

「真澄がハラシマに復讐したのならわかるが、実際は逆で道理が通らないじゃねぇか?」

とイシ間は言います。

それに対して

「イシ間さんのは道理が通ってましたからね」

とシ村は答えるのでした。

ミチルは真澄に忘れていた店のエプロンを届けました。

これは再起を図る真澄に店の常連からプレゼントされたものでした。

「妻や生まれてくる子供も殺されんじゃ」

と真澄は不安になります。

ミチルは

「きっとそんな奴死刑になるから」

と慰めるも真澄は気が気でなく

「殺される前に殺しておけばよかった」と嘆きます。

「機会があれば殺していましたか?」

とシ村もやって来ます。

「分からねぇ…憎んでいたけども同時に生きて罪を償って欲しいとも思っていた。」、

「なのになんで…」

と真澄は悲痛な思いをさらけ出すのでした。

「殺人犯の気持ちなど考えても分かりません。理由は本人にしか分からないのですから」

と無常にも真理を付くシ村でした。

イシ間は

「気休めしかならねぇかもしれないが、あんたと同じように妻と子供は常連さんたちに助けてもらえるんじゃないか」

と慰めるのでした。

「これからだった…本当に…」

と真澄は悔しさを滲ませながら泣き崩れてしまうのでした。

結局、真澄は納得できなかったが、成仏して行きました。

一方で、ミチルの成仏期限が迫っていて職員達も気にかけていました。

他殺課にデータは無く、

「他人を検索するより自分の事を話したら」

とニシ川は問い詰めます。

 参照 tv-tokyo.co.jp

20歳の誕生日を迎えたミチルはサークルの飲み会に参加していました。

気になる人がいたが

その人にはアヤさんという人物が付いていて、

その人への対抗や周囲から勧められるままに酒を飲んでいました。

そして、気が付いたら死役所にいたといいます。

「殺人じゃなくて急死アルコール中毒による生活事故死」

と呆れる職員達でした。

「そんなの分かっていますよ!まだやりたいことは沢山あったのにこんなくだらない死に方して。誰かのせいにしないとやっていられなかった!」

とミチルは本音をぶつけます。

「お気持ち察しますよ」

といつもの調子のシ村にミチルは

「分かっているなら人なんて殺さない!」と反発します。

さらに

「突然死んだ人の気持ちを考えたことはありますか?」

と職員達も責め立てますが、やはり誰も答えません。

少し落ち着いたミチルは

「皆さん人を殺すような人には見えない。なのになんで…」

とさらに追求しました。

「それを答えたら成仏してくれるのかしら」と言い、

「シ村さんは娘さんを殺して死刑になったの」

とニシ川は衝撃の事実を告げるのでした。

カテゴリー