死役所 1話 死に方によって課がちがう役所 あらすじ ネタバレ

ドラマホリック「死役所」  あらすじ

『死役所 第1話 出演者』

・松岡昌宏 / シ村(役:シ役所 総合案内係)

 参照 tv-tokyo.co.jp

 

・黒島結菜 / 三樹ミチル(役:急性アルコール中毒で亡くなった女子大生)

  参照 tv-tokyo.co.jp

 

・清原翔 / ハヤシ(役:シ役所 生活事故死課)

 参照 tv-tokyo.co.jp

 

・松本まりか / ニシ川(役:シ役所 自殺課)

 参照 tv-tokyo.co.jp

 

・でんでん / イシ間(役:シ役所 他殺課)

 参照 tv-tokyo.co.jp

 

・余 貴美子 / シン宮(役:シ役所 死産課)

 参照 tv-tokyo.co.jp

 

・織山尚大(少年忍者/ジャニーズJr.) / 鹿野太一

 参照 tv-tokyo.co.jp

【あらすじ】

20歳の誕生日を迎えたばかりの

女子大生・三樹ミチルが

 参照 tv-tokyo.co.jp

目を覚ますと知らない場所にいた。

役所のようだが雰囲気は暗く、

周りの人物は大怪我を負っているなど

明らかに普通ではなかった。

ここは死者があの世に旅立つための手続きをする場所

『死役所』。

総合案内係として働くシ村に

 参照 tv-tokyo.co.jp

声を掛けられたミチルは生前に起きたことを思い出し

「自分は殺された」と主張、

他殺課に案内してもらえることになる。

「ありがとうございます」

と礼を述べるミチルに対して

シ村は

「いいえ、お客様は仏様です。」

と屈託の無い笑顔で答えるのだった。

他殺課に到着したミチルは担当のイシ間に

 参照 tv-tokyo.co.jp

「どうすればあの女に復讐できるんですか」と訴える。

一方、シ村は自殺をして死役所を訪れていた

中学3年生の鹿野太一に声をかけていた。

 参照 tv-tokyo.co.jp

そして、自殺課のニシ川に連れて行く。

 参照 tv-tokyo.co.jp

しかし、「自殺が多すぎる」とニシ川は不満爆発、

太一のことはシ村が面倒を見ることになる。

成仏するには、成仏許可申請書に

具体的な自殺理由を書く必要があるが、

・同級生からの陰湿ないじめ

・マンションからの飛び降りという具体的な自殺方法

・いじめに無関心だった義理の父

と過去のつらい記憶を思い出し錯乱してしまう。

「自殺したら自分のせいだと気付く、そうすればあいつら殺人犯…」

と太一は言いかけるも

「いじめというのはやっている側は自覚が無い、もう忘れているでしょう」と

シ村は無常な現実を突きつけてしまうのだった。

そして、太一は死役所で思いもよらない”ある人物”と再会する。

ネタバレ

その人物はいじめの主犯格の牛尾祟でした。

「てめーが自殺なんかするから俺が殺されたんだ」

と掴みかかる牛尾でした。

牛尾は太一の義父に車でひき殺されたのでした。

そこにシ村がやってきて条例の一部を説明しました。

 参照 tv-tokyo.co.jp

死亡日から49以内に書類が受理されなければ

”冥土の道”という暗闇を永遠に彷徨うことになりますと。

それを聞いた牛尾は

「おもしれぇ、お前手続きするなよ。永遠にさまよっていろ。」

と吐き捨てました。

反省などしていないのは明確だったのです。

ミチルは自分の死を殺人として申請するも

受理されず不満を露にするのでした。

 参照 tv-tokyo.co.jp

そして、ウロウロしているうちに職員のハヤシと出会い、

 参照 tv-tokyo.co.jp

シ村の態度に文句をつけるのでした。

話題はハヤシが持っていた漫画に移ります。

死者が持っていた物は持ち込まれ

漫画などを読むのがハヤシの楽しみだったのです。

ただし血まみれでミチルはドン引きしてしまいます。

また、ハヤシのことはどこかで見たことがある気がしていました。

シ村と話をする太一は、

 参照 tv-tokyo.co.jp

生きている時は何もしてくれなかったのに

牛尾に復讐したこと疑問に思っていたのです。

「しなかったのではなく出来なかった。お父さんも思い悩んでいたのでは?」

そして、「後悔していたのかもしれませんね。」と答えるシ村でした。

それを聞いた太一は

「会いたい…会って謝りたい」と本音を口にします。

「ずっと待ち続ける」←「居られるのは49日が限度」

「冥土の道に行けば会えるかも」←「冥土の道は広く他者に会えるとも限らない」

「生まれ変われれば」←「生まれ変われるのは天国に行った者だけ」

それだけ死者と生きている者が再会するのは難しいのです。

一方、牛尾は手続きを終えて「成仏の扉」の前にいました。

「天国ってどういうところなのかな?」と考えていると突如、

禍々しい煙に掴まれ牛尾は引きずり込まれてしまうのでした。

脅迫、恐喝、傷害、そして間接的な殺人と地獄へ堕ちる要素は揃っていたのです。

一方、「もし父さんがここに来たら伝えて欲しい。迷惑かけてごめんなさい。」、

「今度生まれ変わったら良い親子に」とシ村に伝言を頼み泣き崩れる太一でした。

「いいですよ、お客様は仏様ですから。」

とシ村は答えるのでした。

いよいよ太一が成仏する時が来ました。

「死と向き合うには現世を受け入れるのです。後悔、懺悔、怒り、悲しみ、絶望、全ての気持ちを受け入れる。」

「そうしないといくら成仏しても生まれ変われませんから」

とシ村は告げるのでした。

そして、太一は成仏承諾書にこれで最後となる自分の名前を書き、

天国へと旅立っていくのでした。

太一と義父の今後を話すニシ川とハヤシは、

 参照 tv-tokyo.co.jp

義父が死役所に来ても牛尾を殺しているので

地獄へ堕ち生まれ変われない可能性が高かったと思っていました。

シ村は

「ニシ川さん、ハヤシさん、お二人よりは生まれ変われる可能性はあると思いますよ」

といつものように無意識の内に毒づくのです。

死役所をウロチョロするミチルは「死刑課」にたどり着き、

職員は誰もいなくファイルが保管しているだけでした。

「ニシ川」「ハヤシ」「イシ間」「シ村」、と職員達のファイルを発見します。

職員達は生前死刑になった者たちだったのです。

「ここはお客様が入る場所ではありませんよ」と

シ村がやってきていつものように笑顔を浮かべていました。(続く)

カテゴリー