ラストシンデレラ 7話 イケナイKISS あらすじ ネタバレ

ラストシンデレラ

ドラマ「ラストシンデレラ」第7話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

第7話 「イケナイkiss」

ネタバレ

遠山桜(篠原涼子)は

 参照 girlshour.net

佐伯広斗(三浦春馬)から、

 参照 girlshour.net

出会った時のホテルのベッドでは何もしなかったと打ち明けられ、

「桜さんにまた会いたくて嘘つきました」と謝られ、

今度温泉に行こうという話になる。

桜は立花凛太郎(藤木直人)の家に行き、

 参照 girlshour.net

その事を嬉しそうに報告するが、

凛太郎は忙しい時期から有給を取るのはダメだと言い、

桜から

「エッチってどうやってやるんだっけ?」

と尋ねられて絶句する。

広斗は桜に、温泉旅行代は自分が出すこと、

そして桜の部屋の合鍵がそろそろ欲しいとお願いし、

桜は合鍵を渡す。

凛太郎は大神千代子(菜々緒)を呼び出し、

 参照 girlshour.net

先日桜と街で一緒にいたが

桜とは何もないということを話すと、

千代子が

「私じゃ恋愛の対象になりませんか?チャンスだけでももらえませんか?好きになってくれとは言いません。私のこと知ってもらえるだけでもいいんです」

と言うため、時々会うことになる。

凛太郎と桜は、

美容室内でギクシャクした感じで働いていたが、

凛太郎は

「アイツの事ホントに本気で好きなのか?そっか。じゃあ行って来い。要するに後悔するなって事だよ。本気で好きならいいんだよ。もし後悔することになっても納得できるだろうから」と声を掛け、

ひとまず和解する。

武内美樹(大塚寧々)は、

 参照 girlshour.net

ホスト・将臣(山本裕典)の住むマンションで働くことになり、

美樹はPCでパソコンの動向を見ながら

将臣の部屋の片づけなどをし、

アルバイト代として1万2千円をもらう。

美樹は、桜と長谷川志麻(飯島直子)と

 参照 girlshour.net

一緒にホテルで女子会をし、

自分の稼いだお金で遊べることに喜び、

今まで仕事をしていた二人に引け目を感じていたと打ち明ける。

その帰り道、

志麻は別れた元夫・哲郎(前川泰之)と偶然に会い、

元夫が再婚をして娘がいることを知りショックを受ける。

落ち込んだ志麻は「SOBARエンドウ」に一人でやってくるが、

かつて関係を持った男性から関係を迫られ、

ケンカになりそうなのを

店長・遠藤健一(橋本さとし)がフォローしてくれたため、

店を変えて武内公平(遠藤章造)を呼び出して飲み始める。

 参照 girlshour.net

桜は閉店後の美容室へ行き、

旅行の参考のためにと

柏木智則(NAOTO)からAVを借りて、

 参照 girlshour.net

「こんなの一人で見たら変態じゃん」と言って、

帳簿を付ける凛太郎の目の前で見始める。

桜が

「やっぱりさ、私が年上だからちょっとリードしなきゃダメだよね?」

と尋ねると、

凛太郎は

「バカだな。向こうの方が経験ありそうなんだから、任しときゃいいんだよ」

と言い、

二人はケンカ口調になっていくが、

ふとしたハプニングで二人の唇同士が重なり、

気まずい雰囲気のまま凛太郎は慌てて帰って行く。

その頃武内家では、

運動会用のはっぴ&はちまきを明日までに作成しなければならないことが分かり、

美樹は慌てて生地を買いに出掛ける。

その帰り道に美樹は、

志麻が公平と二人でバーから出てくるところを見てしまい、

ショックを受けた美樹は将臣の勤めるホストクラブに向かう。

マンションに帰った桜は、

合鍵を使って先に部屋にいた広斗と翌日の旅行準備をするが、

公平からの電話により、

美樹が行方不明になっていることを知り、探しに出掛ける。

凛太郎は「SOBARエンドウ」で千代子と食事をしていたが、

美樹を探しに来た桜、広斗、志麻、公平も鉢合わせをし、

桜が志麻に向かって公平との関係を詰問し始めたため、

凛太郎は

「やめとけって。まだ事実かどうか分からないだろ。事実が分かんないうちに追い詰めたら、取り返しのつかないことになる場合があるんだよ」

と言って桜を止め、

そんな桜と凛太郎のやり取りを広斗と千代子は複雑な表情で見守る。

美樹は将臣のマンションに行き、

公平と志麻の浮気の事を話して泣き出し、

そんな美樹に将臣はキスをしようとするが、

美樹は驚いて止める。

そして将臣が

「100万でも200万でもいいから投資しませんか?こんな時だからこそ良い話でもって思って。美樹さんに元気になってもらいたくて。週明けには倍になります」

と言い出すので、

美樹はATMでお金を下ろすと言って将臣のマンションを出る。

桜のマンションの下まで行った美樹は、

凛太郎に連れられて桜の部屋まで行き、

美樹がしばらく桜の所にいることになったため、

広斗は旅行をキャンセルすることにして桜の部屋を出て行く。

マンションの渡り廊下で広斗は

「ありがとうございます。千代子のこと受け入れてくれたんですね」

と凛太郎に声を掛け、

凛太郎が「ただ時々ご飯でもって話になっただけだ」と言うと、

広斗は

「それでも千代子にとっては大きな進歩です。もうずっとあなたに片思いしていましたから」

と話す。

凛太郎が

「君も好きなんだよな?あいつのこと好きなんだよな?」と尋ねると、

広斗は

「だったら何だって言うんですか?自分は身を引くとか?とにかく千代子の事お願いします」

と言って帰って行く。

美樹は桜にこれまでの事を打ち明け、

「騙されてるって分かった時、自分のあまりのバカさ加減に飽きれてさ、このままどこか遠くへ行っちゃおうかなって思ったんだけど、子供たちの事が気になっちゃって・・・私ってホントに何の取り得もないバカで無能な女なんだなって。こんな女、浮気されて当然だよね。子供たち大丈夫かな?私が家あけたことなんてほとんどないから、すぐにおかしいって気づくだろうな。子供たちの事巻き込むことだけは避けたいな。あの子達に悲しい思いさせるのは嫌なんだけどさ」

と言いながら泣き出す。

翌朝、桜は美樹が作ったはっぴ&はちまきを武内家に届け、

公平に

「今はちょっと冷静に話せるような状態じゃないので。取りあえず落ち着くまでうちで預かりますので」

と話す。

美容室で、

凛太郎が千代子の髪のカラーリングの準備をしていると、

「立花君、お久しぶりです」と声を掛ける女性が現れて…

以上、ドラマ「ラストシンデレラ」第7話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

ラストシンデレラ  8話  凛太郎に元カノの存在 あらすじ ネタバレこちら

ラストシンデレラ 6話 実は三角関係?あらすじ ネタバレこちら

動画はこちら→