親バカ青春白書 1話 ムロツヨシの親バカぶりがすごい 新垣結衣と永野芽衣が親子?あらすじ ネタバレ

親バカ青春白書

ドラマ『親バカ青春白書』1話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

あらすじ

最愛の妻・幸子(新垣結衣)

 参照 ntv.co.jp

を亡くし、

男手一つで娘を育て上げた

小比賀太郎(通称:ガタロー)(ムロツヨシ)は、

 参照 ntv.co.jp

一発屋の売れない小説家にして

愛娘・さくら(永野芽郁)のことが

 参照 ntv.co.jp

大好きすぎる筋金入りの親バカ。

女子校育ちで純真無垢なさくらが

共学大学に通うことを心配するあまり、

なんと娘と同じ大学を受験し、

同級生として同じ学部に入学することに!

小説家の仕事が切られることを恐れるガタローは、

さくらに好意を寄せる

図々しい担当編集者・尾崎(谷口翔太)

 参照 ntv.co.jp

には大学生になったことを隠したまま、

周囲から浮きまくりのキャンパスライフをスタートさせる。

ガイダンスの日、

さくらに悪い虫がつかないよう

男子学生に目を光らせていたガタローは、

担当教授・大村(野間口徹)から

 参照 ntv.co.jp

不審に思われ早速呼び出しを食らう。

一方、さくらは入学式で知り合った広島出身のあけすけな性格の

同級生・寛子(今田美桜)と共に学食へ。

 参照 ntv.co.jp

同じ学部のイケメン同級生・畠山(中川大志)と、

 参照 ntv.co.jp

バイトを掛け持ちしまくる倹約家の美咲(小野花梨)

 参照 ntv.co.jp

と相席するが、

横柄な態度で絡んできた先輩に

毅然と接する畠山を見たさくらは、

恋の雷に打たれフリーズ!

そうとは知らないガタローは同級生の

自称YouTuber・根来(戸塚純貴)

 参照 ntv.co.jp

と意気投合し、学食に合流する。

2人が親子入学したことを知った同級生たちに衝撃が走る中、

人生2度目の大学生気分を満喫するガタローは

さくらと共にサークル選びへ。

馴れ馴れしく接してくる

サークル勧誘の先輩男子学生からさくらをガードしながら、

共にサークル選びを楽しむガタロー。

一方、さくらはうっすらと自分の家は異常なのかも、

と感じ始めていた。

そんな中、テニスサークルの先輩から

インカレパーティーのチラシを渡されたさくらは、

父親に内緒で参加するよう誘われてある事件に巻き込まれてしまう…。

ネタバレ

小比賀太郎(通称:ガタロー)は

 参照 ntv.co.jp

最愛の妻・幸子を亡くして、

 参照 ntv.co.jp

男手一つで娘・さくらを育ててきた。

 参照 ntv.co.jp

ガタローは仏壇に手を合わせ「お願いします!」と、

幸子の遺影に向かってお祈りする。

今日はさくらが受験した大学の合格発表の日なのだ。

さくらはガタローと一緒に大学の合格発表を見に行くと、

さくらの番号があった。

そしてガタローも「あった!」と叫び、

自分の受験票を取り出す。

なんとガタローもさくらと一緒の大学を受験していたのだ。

ガタローは東大出身なのだが、

女子校育ちのさくらが共学大学に通うことを心配するあまりに

一緒の大学に行くことに決めたのだった。

ガタローはさくらのことが好きで好きでたまらないのだ。

迎えた入学式。

ガタローは当然ながら浮きまくりである。

2人は広島出身で明るい性格の同級生・寛子と出会い、

 参照 ntv.co.jp

さっそく仲良くなる。

その夜、一発屋の売れない小説家のガタローは仕事をしていた。

ガタローの背後にはさくらに好意を寄せる

図々しい担当編集者・尾崎がいた。

 参照 ntv.co.jp

ガタローはデビュー作が大ヒットしてから

20年全く売れていない。

必死に手を動かすガタローの後ろで

尾崎は勝手に本棚を見て大学入試の参考書を見つけ

「さくらさんのですか?」と尋ねる。

それは実はガタローのだったが、

ガタローは尾崎には大学生になることを黙っておくことにした。

自分が大学生になると尾崎が知ったら、

仕事を回してもらえなくなると思ったからだ。

ガイダンスの日、

ガタローはさくらに悪い虫がつかないよう男子学生に目を光らせていた。

しかし、担当教授・大村に不審に思われ、

 参照 ntv.co.jp

さっそく呼び出しを食らってしまうのだった。

お昼になり、さくらは寛子と共に学食へ行くと、

同じ学部のイケメン・畠山と、

 参照 ntv.co.jp

バイトを掛け持ちしている倹約家・美咲がいたため声をかける。

 参照 ntv.co.jp

横柄な態度で絡んできた不良の先輩にも

ひるまず毅然とした態度を取る畠山に、

さくらは恋に落ちてしまうのだった。

一方、ガタローは同級生の自称YouTuber・根来と仲良くなり、

 参照 ntv.co.jp

一緒に学食に向かう。

ガタローはさくら達と合流し、

2人が親子入学だということを知った同級生たちは驚愕する。

ガタローは同級生たちの反応など意に介していない様子で、

さくらに「サークルどうする?」と尋ねる。

畠山は落語研究会に所属しているとのことだ。

さくらは寛子に誘われテニスサークルに行ってみるのだが、

さくらになれなれしい態度を取る先輩男子学生に

ガタローは即文句をつける。

そんなガタローの様子に、

さくらはテニスサークルは無理そうだと諦める。

ガタローが少しその場を離れた隙に、

さくらはテニスサークルの先輩から

インカレパーティーのチラシを渡され、

父親に内緒で参加するよう誘われるのだった。

そして次は、さくらはガタローと共に落語研究会へと行く。

落語研究会は畠山を含め4人だけなのだそうだ。

男だけだと知ったガタローはだめだと判断したが、

畠山は

「今年5人以上集まらないと廃部になっちゃうんです。」

と必死に頭を下げる。

ガタローは女子が増えればさくらの入部も許可することにし、

ガタローは落語研究会に入ってくれそうな女子を探すことに。

さくらはとりあえず仮入部となった。

その後、ガタローがいない時に、

根来が

さくら、寛子、美咲、畠山に皆で土曜日にスカイツリーに行こう!

と誘ってくるのだった。

土曜になり、皆でスカイツリーに行く。

(さくらはガタローにはこのことは内緒にしていた。)

さっそく展望台に行くのだが、

美咲は「お金がいるの!?」と驚き、

下で待つことに。

畠山はさくらに

「ありがとう。落研来てくれて。実はさ、実は、俺、好きなんだ。さくら、さくら、俺…」と告げ、

さくらは告白されるのではと胸をときめかせる。

しかし畠山は

「俺、ガタローさんが好きなんだ!」と叫ぶ。

さくらはショックを受け、寛子に話を聞いてもらう。

そして寛子とさくらは皆と別れた後、

テニスサークルの先輩から誘われたインカレパーティーに行くことに。

会場に着き、

かなりイケイケな雰囲気に圧倒されるが、

2人は意を決して中へと入る。

さくらと寛子は席へ通されるが、

2人はさっそく悪い男に目をつけられてしまう…。

一方その頃、

ガタローは夜になっても帰らないさくらを心配して、

電話をかけるが繋がらない。

すると、畠山からガタローに電話がかかってきて

「さくらさん帰ってますか?」と聞かれる。

そしてガタローはさくらがインカレに行ったことを知るのだった。

ガタローと畠山はGPSを頼りに

2人でさくらの元へ行くことに。

さくらと寛子は飲み物に変な薬を混入されており、

男達に奥の部屋に連れていかれていた。

その現場をガタローと畠山が目撃し、

畠山が「ガタローさん、行きましょう!」と言うのだが、

ガタローは「普通に行ってもだめだ。」と冷静に告げる。

寛子は必死に「あんたら卑怯じゃ!」と広島弁で食らいつくが、

男達はあざ笑って2人をソファーに押し倒す。

するとフロアの方が騒がしくなった。

男達が何事かとフロアに行くと、

ガタローが畠山にナイフを向けて騒いでいたのだ。

そしてガタローは畠山を刺したようにみせかけ、

回りは騒然となる。

さくらと寛子を襲った男達は

「おいおいまじかよ」と言い、逃げ出す。

男達が逃げだした後、

ガタローは皆にこれは演技だとネタバラシするのだった。

その後、さくらと寛子はガタローに謝るが、

ガタローは怒ることはせず、

「一緒にスカイツリー行きたかった」と言う。

さくらはうすうすうちは普通じゃないと気付き初めていたので、

「うちって普通じゃないのかな。」と告げる。

するとガタローは

「よそはよそ。うちはうち。お父さんはさくらのことが大大大好きだ。そのおかげでさくらを守れた。だったら俺は全然普通じゃなくて良い。普通なんてくそくらえだ!本当、無事でよかったな。」

と微笑む。

数日後、

落研にはさくらではなくガタローが入部することになった。

さくらは別のサークルを探すのだという。

ガタローは落研で大活躍しており、

さくらも「お父さん、大学生活満喫してるな。」

と嬉しそうに微笑むのだった。

以上、ドラマ『親バカ青春白書』1話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

カテゴリー