アンサングシンデレラ 3話 治療よりも優先したいもの あらすじ ネタバレ

アンサングシンデレラ

ドラマ「アンサングシンデレラ」の第3話あらすじ・ネタバレの紹介をさせて頂きます!

あらすじ

葵みどり(石原さとみ)は

 参照 fujitv.co.jp

相原くるみ(西野七瀬)と

 参照 fujitv.co.jp

救急センターの調剤室で仕事中。

すると、処置室にいた瀬野章吾(田中圭)から、

 参照 fujitv.co.jp

搬送された小学校教師、

新田奏佑(浅利陽介)の処置を手伝うよう呼ばれる。

意識を取り戻し、医師から入院を告げられたが

拒否する新田をみどりがなだめる。

調剤室に戻る途中、

病院薬剤師の忙しさに辟易するくるみに、

みどりは産休育休を取っていた先輩が戻ってくると告げる。

しかし、その先輩はドラッグストアに転職することになってしまった。

このままでは忙しくなりすぎて、

みんな辞めてしまうと嘆く刈谷奈緒子(桜井ユキ)を

 参照 fujitv.co.jp

販田聡子(真矢ミキ)が諫める。

 参照 fujitv.co.jp

みどりとくるみが、新田に服用している薬について聞くと、

新田は大量の薬を出した。

なかには日付の古い薬がある。

また、くるみは半分に割られて処方された錠剤に気付くが、

みどりが制した。

みどりたちが新田の病室を出ると、

ひとりの児童がいる。

新田の教え子らしいが、声をかけると帰ってしまった。

錠剤を割る処方は、その薬剤で行ってはいけないもの。

みどりから話を聞いた刈谷たちも憤る。

みどりはドラッグストアに電話して、

新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるが、

白けた対応に腹が立つだけ。

それならばと、みどりは直接ドラッグストアに赴く。

躊躇しながら店内に入り、

薬剤師を探すみどりに声をかけた店員は

『娘娘亭』で顔見知りの小野塚綾(成田凌)だった。

 参照 fujitv.co.jp

小野塚が薬剤師だということを隠していた事、

新田の薬について電話で応対していたのも小野塚であった事に憤るみどり。

しかし、小野塚も病院薬剤師を嫌っている様子だった…。

ネタバレ

みどりは

 参照 fujitv.co.jp

瀬野から、

 参照 fujitv.co.jp

救急搬送された小学校教師・新田奏佑の処置を手伝うよう呼ばれる。

新田は腎機能障害を患っていて透析を受けている患者だ。

意識を取り戻した新田は入院を拒否するが、

みどりがなんとか宥める。

調剤室に戻ると、

産休育休を取っていた先輩が挨拶に来ていたので

てっきり復帰してくれるものかと思っていたが、

先輩はドラッグストアに転職してしまうのだという。

このままでは忙しくなりすぎて、

皆辞めていってしまうと刈谷は

 参照 fujitv.co.jp

販田に告げる。

 参照 fujitv.co.jp

その後、みどりとくるみが

 参照 fujitv.co.jp

新田に服用している薬を訪ねると、新田は大量の薬を見せる。

その中で、半分に割られて処方された錠剤に気付き、

その薬を処方したのはナカノ薬局だということが分かった。

この薬剤で錠剤を割る処方は、行ってはいけないものなのだ。

みどりとくるみが病室から出ると、児童が一人いた。

新田の教え子だそうだ。

みどりが「一緒に新田先生のところに行く?」と声をかけるが、

「ゲロゲロ先生と話ちゃいけないって言われてるから。」と言って

去っていってしまう。

調剤室に戻ると、

みどりは皆に割ってはいけない錠剤が半分に割られていたことを話し、

皆も「ありえない」と怒る。

みどりはさっそくナカノ薬局に電話し、

薬を出した薬剤師に問い合わせるのだが、

まるで誠意を感じない対応に腹が立った。

みどりは直接ナカノ薬局に行くと、そこには小野塚がいた。

 参照 fujitv.co.jp

小野塚はナカノ薬局の薬剤師だったのだ。

おまけに新田先生に薬を処方したのも、

先ほどみどりの電話対応したのも小野塚だった。

小野塚が薬剤師だということを隠していたことや、

新田の薬の処方の仕方について憤るみどりだが、

小野塚はこちらは悪くないという態度を崩さない。

そんな小野塚にみどりは

「小野塚さんなんのために薬剤師になったんですか?」

と問いかけるのだった。

小野塚は、みどりは患者のことを知ることが大事と言っておきながら

新田のことを何も知らないと言う。

新田は駅前の病院で透析を受けた後、

ナカノ薬局に来るのは23時過ぎ、

そして栄養ドリンク6本とカップ麺を買っていくのだそうだ。

腎機能障害の患者が栄養ドリンクをそんなに飲むのは身体に悪いのだが…。

そのことをみどりが告げると、

小野塚に

「あんたの理想を振りかざしてんじゃねーよ!」

と言われてしまうのだった。

翌朝、みどりは新田に遠回しにナカノ薬局から他の薬局に変えるよう勧めるのだが、

夜遅くまでやっているナカノ薬局じゃないとだめなんですと

新田ははっきり断る。

週3回、透析4時間受けるために

仕事を早帰りさせてもらっているため、

別日に他の薬局に行く時間なんて取れないためだ。

そしてみどりは新田に

「もう放っておいてください。」と言われてしまう。

その夜、みどりの元に新田がいなくなってしまったという連絡が入る。

みどりは必死で病院内を探すが見つからない。

朝になり、みどりは小野塚にも連絡を入れ、

ずっと新田と会ってきた小野塚に

新田の行きそうな場所を探して欲しいと頼む。

小野塚は「俺には関係ないので。」と告げ、電話を切る。

しかし小野塚は今日が新田が勤務する

小学校の運動会だということを思い出し、

小学校へと急いで向かう。

すると倒れている新田を見つけ救急車を呼ぶのだった。

小野塚も病院に付き添い、

みどり達がせわしなく救急センターで動き回る様子をみていた。

看護師に待合室で待つよう促され、そこで待つことに。

すると小野塚のもとに瀬野が来て、

新田の容態が安定したことを教えてもらい、帰ろうとする。

瀬野は小野塚に「もしかして君が小野塚くん?」と問いかける。

そして瀬野は、

小野塚が救急隊員に適格に小野塚の病状を伝えたことを褒める。

小野塚は

「俺は手が震えて119もろくに押せないでびびってだめだった。俺はあんた達とは違う。」と告げ、

去って行くのだった。

目を覚ました新田にみどりとくるみが会いに行く。

新田はとある種類の錠剤をずっと飲んでおらず、

その理由をみどりが尋ねる。

すると副作用で吐いてしまうことがあり、

一度子供達の前でも吐いてしまったことがあったのだという。

(ゲロゲロ先生という名前はそこからついていた)

新田は病気になる前に勤務していた学校では

子供達にも好かれていたが、

病気になり今の学校に勤務するようになってから、

たびたび早退する新田に教師たちは白い目を向け、

子供達も新田の言うことを聞かなくなり、

保護者からは「新田先生のクラスははずれ」と

言われてしまうようになったしまったのだ。

そんな中、運動会の練習が始まり、クラスの子供に

「腕をもっと振ると早く走れるようになるよ。」とアドバイスしたら

「じゃあ先生走ってみてよ。」と言われ、

ここで走り切ることが出来れば

理想の教師になれるのだと思った新田は走った。

しかしやはり途中で倒れてしまい、

そして萬津総合病院に救急搬送されたのだった。

みどりとくるみが新田の病室を出ると、

新田の教え子・シンゴが来ていて

「先生、死んじゃわないよね?僕が悪いの。僕が先生を走らせちゃったから。」

と泣きじゃくり、

みどりは必死に励ますのだった。

その後、みどりとくるみは新田に

副作用のきつい薬から別の薬に変えましょうと提案する。

しかし新田は

「もう教師をやめようと思っているんです。」と告げる。

そんな新田にみどりは

シンゴ含め教え子たちが新田に宛てた手紙や動画を渡す。

みどりはシンゴと一緒に小学校に行き、

皆に書いてもらったのだ。

皆、心より新田に元気になって欲しいと願っているのだ。

手紙や動画を見た新田は涙を流す。

みどりは新田に

「これからは一日も欠かさずお薬を飲んでください。クラスの皆が後押ししてくれれば大丈夫ですよね?」

と微笑み、

新田も「泣いてる暇ないな。」と告げ、

改めて病気に立ちむかって頑張る決意をするのだった。

みどりはナカノ薬局に行き、

小野塚にお礼を告げる。

そして勉強会に誘うのだが、小野塚は

「いい加減にしろよ!あんたの理想はもううんざりだ!」と告げる。

小野塚も始めのうちは理想や信念を持っていたが、

薬局で忙しく働いているうちにそんなものは消え失せたのだという。

そんな小野塚にみどりは

「どこにいてもどんな境遇でも必死に利用を追求している人はいます。新田さんもその一人です。新田さんの姿を見て私も頑張ろうと思いました。私は、患者さんのために出来る限りのことをする理想の薬剤師を目指していきます。新田さんのこと、どうかよろしくお願いします。」

と頭を下げ、去っていくのだった。

小野塚はとある出来事を思い出していた。

学生時代に萬津総合病院に研修に来たことがあり、

瀬野が患者の命を救う現場を見ていたのだ。

そして小野塚は瀬野に

「すっげー感動しました!薬剤師が患者を救うところを初めて見ました」と伝え、

瀬野は

「救ったのは医者だよ。でも興味があるなら救急認定薬剤師の資格も目指した方が良いよ。」と

告げたのだった。

2人は面識があったのだ。

ナカノ薬局に、新田がやって来た。

そして帰り際、小野塚は新田に

「新田さん、困ったことがあったらなんでも相談してください」と告げ、

新田も「はい、ありがとうございます!」と

嬉しそうにお礼を告げるのだった。

翌日の夜、みどりが娘娘亭に行くと、

小野塚がいて、何故か相席に通され一緒に食べることに。

みどりが新田の様子を聞くと

「薬はちゃんと飲んでるし、前より学校が楽しいみたい。」と答える。

そこから2人は和解したかのように砕けた雰囲気になり、

楽しい時間を過ごすのだった。

そして、小野塚の鞄の中には、

救急・集中治療領域標準テキストが入っていたのだった…。

以上、ドラマ「アンサングシンデレラ」の第3話あらすじ・ネタバレの紹介でした!

アンサングシンデレラ 4話 薬剤師は医者の奴隷ではない あらすじ ネタバレこちら

動画はこちら→

アンサングシンデレラ 第2話 子供のお薬の飲ませ方と病院での麻薬管理 あらすじ・ネタバレこちら

カテゴリー