アンサングシンデレラ 4話 薬剤師は医者の奴隷ではない あらすじ ネタバレ

アンサングシンデレラ

ドラマ「アンサングシンデレラ」の第4話あらすじ・ネタバレの紹介です!

あらすじ

葵みどり(石原さとみ)が

 参照 fujitv.co.jp

『娘娘亭』で食事をしていると、

辰川秀三(迫田孝也)の

 参照 fujitv.co.jp

娘、樹里(久保田紗友)が帰って来た。

みどりは具合が悪そうな樹里を気にするが、

辰川は客に挨拶もしない樹里を叱り、

最近は自分と口も聞かないと嘆く。

それでも、樹里を心配するみどり。

一緒にいた小野塚綾(成田凌)は

 参照 fujitv.co.jp

お節介と評した。

翌日、みどりは相原くるみ(西野七瀬)に

 参照 fujitv.co.jp

樹里の話をする。

だが、くるみは樹里よりも

みどりが小野塚と食事をしていたことが羨ましい。

話しながら廊下を歩いていると、

年配の患者、龍一(菅原大吉)がうずくまっていた。

介助しようとするみどりに、

龍一は自分は医者だ、

薬剤師より自分の体のことはよく分かっていると無碍に言い放つ。

そこに妻の志帆(宮田早苗)が来て、

龍一を病室に戻した。

調剤室に戻ると、販田聡子(真矢ミキ)も

 参照 fujitv.co.jp

手伝うほどの忙しさ。

一方、羽倉龍之介(井之脇海)は

 参照 fujitv.co.jp

電話で疑義照会しているが医者に押し切られてしまう。

医者の言うことは絶対と諦めている羽倉に、

みどりは納得出来ない。

そこに志帆が羽倉を訪ねて来る。

志帆は羽倉の母親、龍一は父親で病院を経営する医師だった。

みどりはくるみと龍一に服薬中の薬などを聞きに行く。

龍一の態度は薬剤師が診察するのかと高飛車。

そんな時、みどりに瀬野章吾(田中圭)から

 参照 fujitv.co.jp

救急センターに来いと連絡が。

樹里が搬送されたのだ。

付き添いの小野塚は、樹里が自分の店で倒れていたと言う。

駆けつけた辰川は医師から樹里が摂食障害だと告げられる。

樹里の環境変化を気にかけるみどりに、

辰川は祖父の太一(伊武雅刀)が末期がんで入院していることを教えた。

しかし、家族の絆は壊れかけていた…。

ネタバレ

樹里は辰川には

 参照 fujitv.co.jp

心を閉ざしているが、

太一が樹里の病室を訪れると、

樹里は満面の笑みを浮かべるのだった。

みどりは

 参照 fujitv.co.jp

調剤室に戻り、太一のカルテを見ると、

太一はステージ4の胃がんだが本人には告知していないとのことだ。

その日の夜、みどりは『娘娘亭』に行き、

辰川から話を聞く。

辰川は、太一に告知していない理由について、

辰川の母が抗がん剤治療で苦しんでいるのを見てきたため

太一にはどうしても言えなかったのだという。

樹里は幼い頃からおじいちゃんっ子だったため、

太一の癌のこと、

そして太一に告知していないことへの整理が

ついていないのではないかと推測できた。

辰川はみどりに

「どうか樹里のことをよろしくお願いします。」

と深く頭を下げるのだった。

翌日、みどりは樹里に

白血病で入院しているお洒落な20歳の女性患者・小春を紹介し、

樹里は小春から服を貸してもらう。

そして可愛い格好をして太一の病室を訪れ、

楽しくお喋りするのだった。

調剤室では、羽倉の父・龍一目当てに

羽倉に様々な人間がすり寄っていた。

 参照 fujitv.co.jp

龍一は医学会でかなりの権力者なのだ。

羽倉も以前は医者を目指していたが、断念したのだ。

そして薬剤師を目指すと決意し、

龍一にそのことを告げた時、

「薬剤師なんて医者の奴隷だ!お前は羽倉家の恥だ!出ていけ!」

と言われてしまった。

その時のことを思いだし、羽倉は苦い顔を浮かべる。

そんな中、羽倉が医者の言われた通りに処方した薬に問題が生じ、

羽倉は患者に謝罪していた。

その現場を見ていた龍一は羽倉を

「哀れなものだな。」と嘲笑するのだった。

その直後、龍一はまた倒れてしまい、

羽倉も慌てて駆け寄るのだが、

龍一はなんとか態勢を立て直し自分の病室へと戻って行った。

その後、志帆はみどりと羽倉に

「明日退院します。」と告げるが、

みどりは先ほど倒れたことや、

龍一が以前病室が分からなかったり

靴下が左右違っていたりしたことを指摘する。

志帆は、

「夫は実は軽い認知症なんです。事故もアクセルとブレーキを踏み間違えたんです。」

と告げる。

検査はまだ受けていないのだという。

そして志帆は羽倉に

「俺が病院を継ぐから検査を受けてって言ってくれない?」

と頼むのだった。

みどりは志帆から龍一が複数の薬を服用していることを聞き、

あることに思い当たる。

そして龍一が服用している薬の記録をまとめた

志帆お手製のお薬手帳を借りるのだった。

その夜、羽倉は龍一の病室を訪ねる。

龍一は「暇なんだな。薬剤師は。」とそっけなく告げる。

羽倉は龍一に

「羽倉さん、昨日の朝食を覚えていますか。軽い物忘れ、認知症の症状が出ていますよね。精密検査を受けるべきです。」

と告げるが、

龍一は

「お前に何が分かる!俺は40年脳を見てきたんだ。お前ごときに何が分かる!」

と告げる。

羽倉は

「分からないよ。俺は医者の奴隷の薬剤師だから。医者になれなくて薬剤師に逃げて、羽倉家の恥だと言われた俺には全然分からないよ!」と叫び、

龍一は

「やはりお前は羽倉家の恥だな!二度と顔を出すな!」

と告げるのだった。

羽倉が調剤室に戻ると、

みどりは志帆お手製のお薬手帳を見ながら、

調べものをしていた。

薬を複数服用している人から

物忘れの症状が出たという論文を読んだことがあり、

みどりは龍一が認知症ではないかもしれないと思っているのだ。

そして羽倉にも手伝ってというが、

最初は「あんなやつ放っときましょう」と断る。

しかしみどりが説得し、羽倉も手伝うのだった。

翌朝になっても調べものは続いていた。

そんな中、もう龍一が退院しようとしていた。

みどりは必死に龍一を止めるが、

龍一は聞く耳を持たず、去っていこうとする。

すると羽倉も駆けつけ、龍一に

「あなたの病気は治るかもしれません!」と叫ぶ。

龍一は精密検査を受け、

正式に認知症ではないことが分かった。

みどりが気付いた通り、

薬の服用のし過ぎが原因だったのだ。

その頃、樹里は小春と一緒に樹里の病室で昼食を取っていた。

樹里はご飯を食べられるようになっていた。

小春はみどりのことを

「患者のことも家族のことも退院した後のことも全部面倒を見てくれるのよ。あの人は
そういう薬剤師なの。何かあったら葵さんに相談するといいよ。葵さんは頼りになるから。」

と微笑みながら話す。

数日後、龍一の症状はすっかりよくなっていた。

しかし龍一は相変わらず薬剤師を馬鹿にした態度だった。

そんな龍一にみどりは

「薬剤師は医者の奴隷だ、私はそうは思いません。医者だからと言って一人で勝手に判断しないでください。今回の多剤服用も薬剤師がダブルチェックをしていたら防げたことです。そのことを忘れないでください。」

と告げる。

そして龍一とみどりの元に羽倉が来て、

「僕みたいな中途半端な奴を馬鹿にすることは構わない。でもここにいる人たちは誰よりも薬のことを知ってる。だから認めろよ、あんたを救ったのは薬剤師だ。」

と告げる。

龍一は羽倉に

「龍之介、お前、もう一度医者を目指してみないか。引退が近づいて、俺の椅子に座るのはやっぱりお前だと気付いたんだ。今からでも遅くない!」

と問いかける。

羽倉は

「昔、あなたは俺のヒーローだった。あなたに憧れて医者を目指した。でも今はわかる。薬剤師だって患者を救うことができる。僕はここに残って薬剤師を続ける。」

と力強く答えるのだった。

そんな羽倉に龍一は

「龍之介、両手だせ。ちがう、ぐーだよ。」

と優しく言う。

それは幼い頃に親子でよく交わしたサインだった。

羽倉は「父さん…」と涙ぐむ。

龍一はみどりに

「葵さん、うちの半人前をこれからもどうかよろしくお願いします。」

と深く頭をさげ、みどりも

「はい!」と力強く承諾するのだった。

その後、太一の容態が急変し、

手術室へと運ばれた。

樹里はまた食べ物を戻してしまっていた。

みどりは樹里を介抱しながら

「辛いよね、家族が苦しんでるのを見るのは。樹里ちゃんが一番苦しいのは、おじいちゃんに病気のことを隠していることだよね。大好きなおじいちゃんに嘘をつかなきゃいけないことだよね。」

と声をかける。

樹里は

「おじいちゃんは治らないのに、皆嘘ついて治療を受けさせている。家族がバラバラになっちゃう気がして、もうどうしていいかわからない。助けて、葵さん。」

と嗚咽する。

みどりは「大丈夫だよ、私がついているから。」と、

必死に樹里を抱きしめるのだった。

以上、ドラマ「アンサングシンデレラ」の第4話あらすじ・ネタバレの紹介でした!

アンサングシンデレラ 3話 治療よりも優先したいもの あらすじ ネタバレこちら

動画はこちら→

カテゴリー