SUIT/スーツ2 第5話 玉井の解雇・・・あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「SUIT/スーツ2」第5話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

過去の勝利は、隠蔽によるものだったのか…甲斐(織田裕二)は、『コースタル・モーターズ』の自動車に乗っていた運転手が事故死した裁判で勝訴したものの、同社の自動車に欠陥が
あったことを示す社内メモが見つかったことで窮地に立たされる。

甲斐自身はメモの存在すら知らなかったが、甲斐に対して強烈な敵がい心を抱く弁護士・富樫(髙嶋政宏)は、事実を隠蔽し、
被害者とその遺族を法廷で侮辱した甲斐を徹底的に追及すると宣言する。

この件を知った上杉(吉田鋼太郎)は、いまこそ団結して事務所を守るべきだと主張し、甲斐のために優秀な弁護士
副島絵美里(清水ミチコ)を連れてくる。

だが、早急且つ、秘密裏に和解を進めるべきだと提案する副島に、反発する甲斐。

チカ(鈴木保奈美)は、そんな甲斐を制して副島を雇うことに。

一方、甲斐の秘書・玉井(中村アン)は、コースタル訴訟の資料の中から問題になっている社内メモを発見する。

そこには玉井のサインもあった。

思いつめた表情でシュレッダーの前に立つ
玉井のもとへやってきた大輔(中島裕翔)は、彼女が持っていたファイルに違和感を抱き……。

そんな折、プロモーターの星川卓郎(田中要次)が、天才テニス少年と噂される高山雄哉(髙橋優斗)
を伴って甲斐を訪ねてくる。

雄哉は、プロ入りに反対する父親と、法的に親子の縁を切りたいのだという。

甲斐は、この案件を大輔に任せることにするが…。

[ネタバレ]

原告が被害者の妻、手嶋麻衣(須藤理彩)のコースタルモーターズ訴訟では、コースタルの神崎(伊藤正之)社長が謝罪と賠償金支払いを受け入れ決着したはずでしたが、代理人弁護士、
富樫文弘(髙嶋政宏)は、甲斐正午(織田裕二)への追及の手を緩めません。

ボンネットの不具合を指摘していた内部文書を隠蔽した上に、被害者とその遺族を法廷内で侮辱した甲斐を徹底的に
叩こうとしています。

上杉一志(吉田鋼太郎)は、優秀な弁護士として副島絵美里(清水ミチコ)を招聘。

早急且つ秘密裏に和解を勧めようとする副島に対して、訴訟取り下げに期待している甲斐は
反発します。

が、幸村チカ(鈴木保奈美)は、甲斐を制して副島を雇い入れます。

とりあえずお詫びが必要と考えた甲斐は、原告と直接会ってはならないというタブーを犯し、手嶋麻衣のいる厚生施設を
訪ねます。

その厚生施設は、コースタル運転中にボンネットの不具合で死亡した麻衣の夫の作った施設です。

隠滅したものとされる問題文書(メモ)を資料室で発見した玉井伽耶子(中村アン)が、
その紙片を持ってシュレッダーの前に立っています。

たまたま居合わせた鈴木大輔(中島裕翔)が、コンセントを引き抜き、シュレッダー電源をOFFにします。

そもそも玉井は、この問題文書に心当たりが
ありませんが、それが出てきた以上、これをシュレッダーに掛ければ、それは間違いなく証拠隠滅という罪になります。

大輔は玉井に、正直に機密文書が出て来たことを甲斐に告げるよう求めますが、
玉井は、記憶が曖昧なこともあって、なかなか甲斐にそれを言い出せません。

裁判での和解を進めるに当たり、副島絵美里は幸村チカを介して、甲斐に「宣誓供述書」へのサインを求めます。

これは、
文書メモを受け取っていない、見ていないという宣誓書です。

それを預かったチカが甲斐の部屋にやって来て、いざ、甲斐がサインをという時、大輔がコーヒーを供述書に零します。

サインをした瞬間、
それ一発で偽証罪が成立してしまうと大輔に諭される甲斐。

甲斐は、玉井をつかまえ、「何故、メモを見付けた」と言わなかったのか責めます。

見付かったと言えば隠蔽ではない証明になるので、直ぐに
ここに出せと言いますが、時、既に遅し。

玉井は、見付け出した機密文書を大輔の知らない所で廃棄していました。

そんなゴタゴタと併行して、プロモーターの星川卓郎(田中要次)が天才テニス少年、
高山雄哉(髙橋優斗)と一緒に甲斐を訪ねて来ます。

雄哉は、プロ入りに反対の父、健吾(高橋努)と法的に親子の縁を切りたいと言っています。

プロ入り契約に際しては、18歳未満(現16歳)故に親の
同意が必要なのです。

甲斐は、この案件を大輔に丸投げします。

大輔には苦い経験があります。11歳時、父親と喧嘩したまま両親か゛亡くなっていて、それが強い後悔になっています。

雄哉に自分を
重ね合わせ、まずは親子関係を修復しようと説得します。

が、父の健吾に雄哉虐待の疑いが浮上。

やはり、裁判ではそれを強調しようという方向性が決まります。

ところが、この一件は全てが星川の
絵図なのでした。

親との縁切りも虐待も星川のデッチ上げの嘘なのでした。

早くプロ契約を結ばせ、その利権などを手にしようという星川の企てでした。

彼の口車に、まんまと雄哉が乗ってしまって
いたということでした。

よって、裁判は取り止めになります。

父の言うことを聞き入れ、プロ入りは2年後を待つことになります。

戻って、コースタルモーターズ訴訟からの甲斐追及(証拠隠滅)案件。

和解に向けて動き出している副島弁護士が提案するこちらサイドの許容条件としては、まず、遺族への和解金5億円の支払い。

そして、甲斐の弁護士資格剥奪です。

チカは、甲斐に解雇通知を発動します。

玉井に対しても、即日解雇を告げます。

荷物を纏める玉井。甲斐がエレベーターボタンを押し、収納ボックスひとつを抱える玉井を黙って見送ります。

エレベータードアは双方の真っ直ぐな視線を遮るのでした。

以上、ドラマ「SUIT/スーツ2」第5話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

カテゴリー